フォト
無料ブログはココログ

Yoshiのよしなしごと

「よしなしごと」は、「Yoshiのよしなしごと 」にあります。

新着 

Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ

 

2022年5月21日 (土)

久々の物欲

ワイヤレス・キーボードやワイヤレス・マウスに使われているチップnRF24LE1が気になって調べていたら、プロトコル互換のnRF52840が載ったドングルスイッチサイエンスで見つけた。

ついでにCH551(8051+USB)が載ったドングルを見つけた。カートを見たら、あと200円で送料無料と表示されるので、つい、RaspberryPI-picoもカートに入れてしまった。

ところが、決済する段になってほしかったnRF52840ドングルCH551ドングルが無いことが分かった。(;_;
仕方がないので、CH551ドングルの代わりにCH599が載ったボードを買うことにした。

nRF52840が載ったボードは何種類かあるのだけれど高価だった。あきらめきれずAamazonで探したら、nRF52832乗ったモジュールを見つけた。

最近Amazonで買っているちょっとアヤシイ製品は大陸から発送されるので到着まで1月くらいかかる。ところが、この製品は翌日に配送された。(これが本当のAmazonだよな)

開けてみると、小さっつ! 寄る年波には勝てず細かいはんだ付けができない。このモジュールが載ったボードを買うべきだった。orz
Nrf528321

表と裏 セラミックアンテナが載っている。
Nrf52832front Nrf52832rea

スイッチサイエンスからは翌々日に届いた。
スイッチサイエンスの箱にはメッセージがある。↓

Swsience

CH559搭載ボード↓ 謎ジャンパーがある (?_?
Ch559pico

CH559

Ch559_20220520231801

よくある8051を拡張したMCUと思ったら、USBホストが付いていたり、FATライブラリが付いていたり、結構面白いかも。

RaspberryPi pico
Razpipico

RaspberryPI だけどMdelA/ModelBのようにOSが載るわけではない。
RaspberryPI財団が作った、Cortex M0+のマイコンボードだ。

MCUはRP2040
・dualcore Cortex M0+ @133MHz
・SRAM 264KB Flash 2MB

ファームウェアはC/C++とMicroPythonがあるようだ。
arduinoIDEでもサポートしているらしい。
お手軽だなあ。


最近の投稿】【最近のCPUボード】【最近のプログラミング】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2022年5月18日 (水)

LANケーブルテスター

「ほぼ1人情シス」を初めて1年経った。

無線LANを使っているので、LANケーブルの配線は気にしていなかった。
最近席替えがあって、行き先不明のLANケーブルが結構あるので、調べるために、LANケーブルテスターを買ってみた。

Cabletester
Amazonでも楽天でもよく見かける。サンワのLAN-TST3N(標準価格4.500円)のそっくりさんだろうか?
それにしても、680円は安い。

分解していみようかと思ったのだが、分解された方がいらしゃるようだ。回路図もある。(http://radiopench.blog96.fc2.com/blog-entry-380.html)
記事によると電流制限用の抵抗が無いようだ。MC14017を使っているところがミソかな。

MC14017はCMOSの10進ジョンソン・カウンタだ。4000シリーズのCMOSは使用できる電源の範囲が広いから、9Vの電池(006P)がヘタるまで使えるし、レギュレータを省略できる。
また、MC14017の入出力電流(Iin,Iout)は±10mAだから電流制限用の抵抗が節約できる。

ストレートケーブルは親機と子機のLEDが上から順に1個づつ点灯すればOK。
2つ点灯した場合ショートしている。順に点灯しない場合は配線が間違っている。
Cabletester2

点灯しているLEDの位置が違うのは、クロスケーブルだから。


最近の投稿】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2022年5月16日 (月)

今時のWebサイトを構築してみた

今年は10連休は、出かけることもなく家にこもって、Docker,Django,vue,nginxと戯れていた。

Qiitaに業界の人が書いた記事を見つけて、一見よくまとまっているように見えたので2,3日でできるだろうと始めたら、9日かかってしまった。

知識はLAMPで止まっている。記事は、端折ってあるところが結構あるのだが、それを補う知識が足りずハマってしまった。結構ギャップがあった。

NETには情報があふれている。

エラーメッセージでググるとたいてい同じエラーに遭遇した人がいて、解決策が見つかる。
しかし、解決策が見つかるのと、その解決策が理解できるのとは別の問題だ。

解決策を読んだら、新たな疑問が発生して、その疑問をググったら更に別の疑問が発生して...と発散してしまう。
発散しないようになるまで9日必要だったのだろう。

わかったこと

  • サルでもわかる情報は無い
    情報はあふれているけれど、サルでもわかる情報は無い。端折ってある情報は自分で補うしかない。
     
  • コーディング量は少ない
    動作検証のサイトだが、記述したのはほぼ設定ファイルだった。
    Agileで開発しようとすると、機能相互のコードの依存関係を少なくすること、「有り物」を組み合わせて使うことが必要なのだろう。
     
  • リソースも少ない
    3つのコンテナで構成したのだが、コンテナ・イメージは意外に小さい。
    昔の感覚では、サーバー3台でサイトを構成するとなるとハードもソフトも構築時間もかなり必要だけど、Dockerを使うとリソースは少なくて良い。(AWSが儲かるはずだ)
     

最近の投稿】【よしなしごと】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2022年4月30日 (土)

コロナワクチン予約サイト

ちょっと前のことだけど、3回目コロナワクチン接種の予約をしようとしたら、千葉市のコロナワクチン予約サイトが変わっていた。

1,2回目はサイトから予約できなくて、接種会場(病院)に直接電話して予約しなくてはならなかった。
3回目は予約サイトから簡単に予約できて、前日にお知らせリマインドメールが来る。

このサイトは予約システムRESERVA(https://vaccine.reserva.be/)で構築されているようだ。全国320の市町村が使っているらしい。

いろいろな業種の予約システムを提供していたようだから、コロナワクチン予約サイトを構築するのは簡単だろう。そして、コロナワクチン予約サイトが一旦できたらその後は、契約した市町村からデータをもらえば短期間で予約サイトを立ち上げることができるし、AWS上に構築しているようなので、アクセスが集中したら勝手にスケーリングしてくれる。

集団接種予約サイトはいつアクセスしても繋がらなかった。繋がるようになった時には予約枠はすべて埋まっていたからなあ。

1,2回目のワクチン接種の時に政府がこのようなサイトが立ち上げられないのは、役人のセンスのなさなのか、大手SIerの儲け第一主義のせいなのか?


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと

2022年4月29日 (金)

Type-C 充電器

Type-C充電器を買ってみた。

社用のパソコンを持ち歩いている。
「ほぼ1人情シス」で1日おきに出勤しているので、出勤していない日の緊急事態に備えるためだ。
PCはモバイルノート型だけど、歳のせいか重い。ACアダプターも持ち歩いていたのだが、ACアダプターだけ買ってもらっった。

PCは1日おきに出勤している2つの職場と自宅で使っている。2つの職場にACアダプターを置いているので持ち運ばなくてもよくなった。
パソコンに付属しているACアダプターは昔からあるプラグだけど、後から買った純正のACアダプターのコネクターはType-Cだった。
Type-Cのポートはあまり使わないから電源に使ってもあまり影響は無い。

Dellac

15w=5v/3A、45w=15v/3A、27w=9v/3A、65w=20v/3.25Aに対応している。
65w=20v/3.25AだからUSB-PDのようだ。

自宅では内臓バッテリーで使っていたのだが、休日などに自宅で使う際にバッテリーだけでは不安なので、USB-PD対応の充電器を購入することにした。

スマホの充電に使っているACアダプタ(5V/2A)を繋いでみたら、電力が不足しているというメッセージが表示された。

USB-PD対応で27W以上供給できる物を探した。45WクラスのACアダプタは2000円以下の物もある。安くなったものだ。
探してみると、60wのACアダプターがあった。
仕様をよく見ると出力ポートがType-Aと Type-Cの2つあって、20w+40wと書いてある。Type-A側が20w、Type-C側が40wのようだ。
まあ、内臓バッテリーも元気だし、40Wあれば良いだろうと考えた。

届いた荷物を開けてみると、確かに小さい。常時持ち歩いても良いくらいだ。

Pd2
↑左はiPhone純正充電器

当然だけど問題なく使えた。

取説を見ると、Type-Cだけだと65W(20V/3.25A)まで出力できるらしいが、eMarker付きのケーブルをケーブルを使う必要があるらしい。
3A以上供給するためには充電器が対応するだけでなくケーブルが3A以上供給できることを知らせなくてはならないらしい。

Pd3

100均で60wケーブルを買ってきた。eMarker付で220円だった。

60w

買ってからよく考えたら、60w=20v/3Aだ。20v/3AはeMarkerが無くても供給できる。
外付けSSDケースについてきたType-Cケーブルを使ってもちゃんと充電できた。

なんでも、供給側の設計思想で、ケーブルが明示的に3A流せることを示さないとPDではなくType-Cの規格で5V/3A=15Wにする充電器もあるらしい。
ということで無駄ではないし、大電力を扱うことを前提にした、それなりのケーブルであることを示している。らしい。
確かに、安物のケーブルで20v/3.25Aを流すのは確かに怖い。
通信用ケーブルなら通信できないだけだけど、電源ケーブルは燃える。

Type-C、USB-PD特に電力供給関係の規格は難しい。


最近の投稿】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2022年4月23日 (土)

2021年の投稿

2021年の投稿


最近の投稿】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

 

2022年3月12日 (土)

全館停電 <ネットワークトラブル訓練>

年に1回の全館停電があった。「ほぼ1人情シス」としては気になるところだ。
昔情シスをやっていたときには、だいたい想定外のトラブルが発生するのだ。

問題が発生するのは、シャットダウンのときより起動時だ。

機器の数も多かったし、オートネゴシエーションに失敗するNICもあって、立ち上げる順番を間違えると通信できなくなるので、1人では大変だった。今時は、仮想マシンも増えて機器の数は減っているし、1人で何とかなるだろうと思っていたのだが...

想定内
30分前に出社するとWifiには繋がるがインターネットに繋がらないしNASにもつながらない。
まあ、想定内なので機器を再起動して、始業前に繋がるようになった。

想定外
ところが、想定外はあるものだ。
違う経路のWifiもインターネットに繋がらない。
再起動しても繋がらないので困った。LANケーブルをたどったら、途中のSW-Hubの電源が抜けてる。
誰かが気を利かせて電源ケーブルを抜いてくれたらしい。

仮想サーバもたくさんあるけど、担当ではないのでEXSiサーバとNASを立ち上げようと思ったら、電源SWが見つからない。
マニュアルをダウンロードして確認したらフロントパネルになるじゃないか...
最近の電源ランプが消えていると電源SWがわからない。
普段電源SWなんて押さないし!

困った
昼前になって、一部のPCでネットに繋がらないないという。
同じネットワークにあるPCは使えているので、LANケーブルをたどってもちゃんと繋がっているし、Hubの電源も入っている。
困った。

ふと、Hubのアクセスランプを見たら、光っていないポートがあることに気がついた。
LANケーブルを確認したら、爪がちゃんと刺さってない。
電源を入れるために本体やケーブルを動かしたとき接触不良になったのだろう。

やはり全館停電後の立上げは鬼門だ。
でも、ネットワークトラブル解決のトレーニングになった。


最近の投稿】【よしなしごと】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

 

2022年2月24日 (木)

子供とネットワーク社会での問題解決 2題

子供とネットワーク社会での問題解決 2題

◯セキュリティ村の人

最近は中学生にもなると、ネットワーク犯罪について問題意識を持っているようだ。
彼ら・彼女らはにとってネットは生まれたときからあるし、ほとんどスマホを持っているから、現実社会の他にネット社会で生活している。
ネットワーク犯罪は、ネット社会に距離をおいてい別の世界のことと感じている年寄より、はるかに現実的な問題なのだろう。

そこで、専門家に質問しようということになる。
問題はセキュリティ村の専門家だ。

セキュリティ村の専門家は、子供相手だからなのか、上から目線になってないだろうか。
セキュリティ村の専門家といっても、情報セキュリティやネットワークセキュリティに関わり始めてから、長くても20年、せいぜい10年そこそこだろう。
少なくとも、専門家が中学生のころにはネットワーク犯罪があることすら知らなかったはずだ。

現実社会では、セキュリティ村の専門家と中学生とを比べて少なくとも10年以上の人生経験がある。
しかし、ネットワーク社会ではそれほどの差はないだろう。

中学生は既にネットワーク社会の住人だしかも、時代の先端を生きている。
いくらセキュリティ村の専門家といっても、「教えてやるよ」的な上から目線では対応を誤るのではないだろうか。

◯保護者、教育者

子供のネットに関する問題に直面した人の話を聞くことがあった。
思ったのは、先生や親など大人は解決のセオリーを持っていないことだ。
今の大人は、ネットのに関する問題の解決方法を教えてもらったことがない。

普段から、情報を集めて考えている人でなければ、直ちに有効な解決策を示すことはできないだろう。

大人達が持っているのは、現実社会での問題解決に関する知恵だ。
一方で、ネット社会に関する情報は子供の方が多く持っていることが多い。
しかも、大人はネット上にある子供の社会が見えにくくなっている。

だから、子供は問題を解決してもらう側、大人は問題を解決する側という従来の枠組みでは問題は解決できない。

大人、特に教育者や保護者は、自分に問題解決能力がないことを認めるのは辛いことかもしれないが、
子供と大人(保護者、教育者、専門家)が協力すれば問題は解決できると思う。


最近の投稿】【よしなしごと】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2022年2月23日 (水)

SSD換装 <HP Pavilion 15-cu1013tx>

SSDとメモリを換装した。
今使っているPC(HP Pavilion 15-cu1013tx)は、2年くらい使っている。

買ったときにSSDが128GBでは小さいと思ったのだが、足りなくなったら変えようとケチったら、案の定、すぐに足りなくなった。
大きなアプリはHDDにインストールしながらSSDは空けておいたのだが、最近Windowsが勝手にダウンロードしているらしく、容量不足のメッセージが頻繁に出るようになったので、換装することにした。

crucialのサイトに互換性がある製品の検索ページがあったので、従うことにした。
安い製品を買ってドキドキしながら換装するのはとても楽しいのだが、今回は切羽詰つまっているので安全に行くことにしよう。 (^^;
crucialのデバイスが1つで繋がっていると、SSDのクローンを作るアプリ Acronis True Image for Crucial が使えるし。

SSDはシステムディスクだが、クローンを作って差し替えれば良くて、FirstBootを止めたり、スワップファイルを使わないようにする必要はないらしい。楽ちんだ。

SSDを128GBから500GB、メモリを16GBから32GBに増やすことにして、楽天でポチったら翌日に届いた。

Ssdmemory_20220223182701

楽ちんのはずだったのだが、

〇SSDのクローン

買ったSSDを外付けUSBケースに入れて初期化し、クローンを作ろとしたら、Acronis True Image for Crucial が立ち上がらない。このアプリはCruial製のデバイスが1個以上接続されていなければ起動できない。USB外付けケースでつながってるのに...

USB外付けケースによっては製品名が取得できないらしい。ATA Pass Throughtに対応していないケースを買ったようだ。

クローンを作るだけなら MinitTool ShadowMaker free が使えることが分かり、無事クローンは作れた。

〇換装

後はクローンを内蔵SSDと交換すれば良い。
分解は、ネットを探すと動画もある。はめ込みが多いのでそれなりの道具があった方が良い。

↓裏面 ビスは9本、ゴム足の裏に4本ビスがある。

Pvilion15curear

↓内部 右下が内蔵SSD

Pvilion15cuinner

〇起動

交換したら、起動しない。BIOSでデバイスを確認したら換装したSSDが見えてない。 ?_?)
クローンしたSSDを外付けケースにに入れて、USBから起動したら正常に起動するのだが、内蔵スロットに挿すと起動しない。 ?_?)
調べたら交換前のSSDはSATA3で、今回買ったのはPCIeだ。ソケットが同じなら良いのかと思っていた。 +_+)

でも、crucialのサイトには互換性があると表示されているし、PCのスペック表にはPCIeに対応していると書いてあるので、きっと使えるだろう。

換装前にM2スロットの設定がSATAになっていて、その設定が変わっていないのかと、BIOSの設定項目を探した見つからない。
SATAのHDDを取り外したら、設定が変わるんじゃないだろうか(根拠はないけど)と、HDDを取り外してSSDだけにしたら、無事起動した。 ^o^)

今度はSATAのHDDを認識しなくなったら困るなと思いながらHDDを接続したら、HDDもちゃんと認識した。
ということで、無事換装できた。

〇メモリ

メーカーのサイトではMax16GBとなっているのだが、crucialのサイトによると32GBまで認識するらしい。
それを信じて16GB✕2に交換したら何事もなく認識した。

これで、当分使えるだろう。

★わかったこと

  • M2のSSDにはSATAとPCIeがある。
  • クローンは簡単。FirstBootとかスワップとか気にしなくて良い。
  • MinitTool ShadowMaker freeで認識しない外付けケースがある。
  • デバイスを認識し直すタイミングはよくわからない

最近の投稿】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2022年1月28日 (金)

スマホ用拡大鏡

ダイソーでスマホ用拡大スクリーンを見つけた。

1_20220127234401

スマホスタンドの前に拡大鏡がついている構造で7.7 inの大画面になるらしい。

アキバの雑貨屋で売ってるような雰囲気で、期待はしていなかったのだが、使ってみるとなかなか良い。

3_20220127234301

iPhoneSEのLCDは 4 inだからそれを7.7 inに拡大しても大したことはないだろうと思っていたが、Retinaディスプレイのおかげで拡大しても耐えられる。(↑画像はAquos)
これにBluetoothのキーボードを組み合わせると結構よいかも。(↓これはiPhoneSE)

2_20220127234201
う~ん、スタバではアヤシすぎるか?


最近の投稿】【よしなしごと】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

«Excelの配列式