« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月 6日 (水)

リーダーの言葉

メルケル首相のような「ハッとするコロナ演説」をする政治家が日本にいない理由 ヤマザキ マリ PRESIDENT Online (2021/01/03)

 政治家はスピーチに演出が重要なことは分かっているはずだ。街頭演説で原稿を読んでいる政治家は見たことが無い。

 街頭演説での言葉は消えていくけど、記者会見での言葉は消えないどころか、アンチのマスコミに叩かれるから「スポークスマンの言葉」になってしまうのかもしれない。 スポークスマン言葉は「詳しくは事務方に聞いてね」ということだ。

 必要なのは「リーダーの言葉」なのだが。

 スピーチの演出も含めて「リーダーの言葉」するためには、個人のリーダーとしての資質はもとより、周囲からリーダーとして認められていることが必要だろう。 欧州の政治家はリーダーシップを発揮しなければリーダとして認められないし民衆は従わない。 医療のためにロックダウンしようものなら外出する自由を主張してデモが起きるような民衆だ。 一方日本人はマスコミに躍らせながらも自粛する民衆だから、平時は強力なリーダーシップは不要かもしれない。

 現在のコロナ禍のような非常時にはリーダーシップの弱さが目立ってしまう。

閑話休題

 地方での会合に出席するときに、「これを読んできてください」と読み原稿を渡されることがあった。スポークスマンとしての振る舞いが期待されているということだ。

 「リーダーの言葉」は自分が責任を負わなければならないが「スポークスマンの言葉」は組織で責任を負う。読み原稿を渡されるということは、つまり、普段「リーダーの言葉」を話していない管理者に「余計なことを喋るな」という事務方の意思表示かもしれない。

 「リーダーの言葉」は自分の言葉で話せばよいわけではなくて、聴衆はその言葉に意思と志があるかを見ているのだと思う。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【最近の書籍・雑誌

2021年1月 4日 (月)

試行錯誤とデバッグ

プログラミング教育を考える(4) プログラミングは試行錯誤か (2020/05/25)

プログラミングにおけるデバッグとプログラミング教育の試行錯誤は異なるという主張。

文科省は単語を一般の人とは異なる概念で使うから、一般人が思いも及ばない広い概念を含んでいる。
定義して使っているのだが、マスコミは定義まで報道しないので混乱する。文科省の定義は、公表している資料で確認しなければならない。

 文科省の言う「情報モラル」や「プログラミング的思考」はIT業界の常識では理解できない。

 プログラミング的思考と問題解決のループは、ベネッセのこの図↓がわかりやすい。

 
(https://benesse.jp/programming/beneprog/wp-content/uploads/2018/07/p-9.jpg)

 文科省のいう「プログラミング的思考」には、この図の問題の発見とコーディングが含まれていない。

 「プログラミング的思考」は考え方だ。コーディングを含めるとコンピュータが無ければ、プログラミング教育ができなくなってしまうし、ともすれば、コーディング技能の習得になる恐れもある。だから、あえて抜いたのではないだろうか。

 文科省の定義した「プログラミング的思考」は、いわゆる問題解決手法と捉えると理解やすい。 E.V.ジュニア さんはPDCAサイクルで捉えたようだ。

 問題解決手法の「対策の実施」、PDCAサイクルの「DO」の部分に相当する。 試行錯誤は問題解決法では、対策を評価し問題が解決されいなければ、新たな課題を設定すること、PDCAサイクルではC→A→Pとサイクルを回すことだろう。

 この部分はコンピュータを使うとは限らないので、試行錯誤=デバッグとすると混乱してしまうのは、E.V.ジュニアさんの指摘どおりだ。

 「なぜ,今学校でプログラミングを学ぶのか」(平井・利根川 技術評論社 2020 2月)の著者はプログラマではないのだろう。少なくともIT業界でのシステム開発手法を知らないのだろう。

 文科省のいう「プログラミング的思考」は、IT業界の人も戸惑うし、文教業界の人も戸惑う。罪深いよなぁ...

 文教業界の人と話すときには注意が必要だ。常識とは異なることが多い。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【ICT×教育】【Yoshiのブログ

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »