« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月28日 (月)

ICT部門に求められること 

 以前働いていたICT部門が再編・縮小されるという話を聞いた。

 その部門は、CTは土管から、ITはコンピュータシステムまでカバーする部門だ。ここまで広い分野をカバーできる部門は貴重だ。
しかも、世の中は猫も杓子もDXだし、DXに必要な要素技術は持っている。
なのに、再編・縮小されてしまうようだ。

 

 ところで、4月から転職して「ほぼ一人情シス」をやっている。
昔、UNIXとWindows95のころ小さな事業所で「ほぼ一人情シス」をやっていたことがある。その後、情シス部門に異動した。正直、大きい情シス部門は楽しくない。

 4月に転職する際に情シスと聞いて、面白くなさそうだとためらった。しかし、やってみると「ほぼ一人情シス」は結構楽しい。
今時もうUNIXはない。ユーザ管理はAzureAD、グループウェアはMicrosoft365だ。Azureは知らないことが多すぎてダンジョンみたいな感じで日々新しい発見がある。

 そしてもう一つ発見したことは、情シスに求められているのは管理ではなく問題解決だということ。

  • 課題を解決すること
  • 課題解決をサポートをすること

が求められている。

 今時は、業務の課題を解決するために何年もかけてシステムを作る時間的余裕はない。時代の変化は速いのだ。
さらに、流行りはノーコード、ローコードプログラミングだからコードが書けなくてもよいし、AIやRPAは開発する必要はなく部品感覚で使えるサービスがあるから、問題の整理と課題の抽出ができれば、技術者でなくてもちょっと勉強すれば課題が解決できる環境が整ってきた。

 つまり、今重要視されているのは技術力ではなく問題解決能力。現状維持マインドではなく変革マインドだ。楽しくないと思っていた「ほぼ一人情シス」が結構楽しいのは、前々職で問題解決法や組織風土改革に取り組んでいたことが影響しているのではないかと思う。解決できそうな問題があって、自分で解決できそうな手段がある。そして何より、解決のために行動することができると、結構楽しい。

 ところで、冒頭に書いたICT部門が再編・縮小されるのは、現状時代の流れに対応できてなくて、今後も対応できそうにないと経営層が判断したのかもしれない。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【転職】【Yoshiのブログ

2021年6月25日 (金)

子育てと余裕

毎日新聞の読者投稿欄に↓のような投稿が掲載されていた。

S

 若かった頃の母は余裕がなかっただけで、ちゃんと愛情をかけて育ててもらっていたと、子育てを経験したことで分かったという内容。

 自分が子供だった頃を思い起こしてみると、褒められた記憶がない。かまってもらえなかったというほうが正しいかもしれない。父が大きな交通事故に遭い九死に一生を得たが、生活は楽ではなく父と母は余裕がなかったのだろう。

 娘が産まれた頃を思い出すと、仕事にかまけて家事も育児も妻に任せきりだったと思う。
転勤で何度か引っ越ししたこともあり、妻は知り合いもいない土地で余裕がなかかったのだろう。そして、余裕のなさは長い時間一緒にいる娘達に向けられたのだろう。

 そんな余裕のなかった妻を気遣うことができなかったと30年経って思う。後悔先に立たずだ。

 40年働いて、人を育てるには自分も成長しなければならないことが分かった。子供を育てることで少しは成長したのかと思うけれど、子育て中はずっと未熟なままだだった。

 たいていの親は未熟なまま子育てをしている。人類永遠の問題か?


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【最近の書籍・雑誌

2021年6月19日 (土)

余人をもって代えがたし


 ちょっと前に、「余人をもって代え難し」という言葉をよく聞いたので、考えてみた。

 組織的には「余人をもって代え難い」人材はリスクでしかない。その人がいなくなったらサービスレベルが低下してしまう。逆に、その人がいなくなってもサービスレベルが維持できるなら「余人をもって代えられる」ということだ。

 「余人をもって代え難し」と言われるのは年寄りが多い。
長く同じ組織や業界にいると、昔のいきさつを多く知っていて、部署間や企業間の境界や縄張りが決まったいきさつもわかってくるからだろう。

 ところで、田舎に自分の家の雑木林があった。他所の雑木林との境界はわかりにくいので年寄りに教えてもらっていた。「この畑の角から山中腹のの大きな木を結んだところ」が境界だったりする。 無用な争を避けるために雑木林の境界を知っていていることは重要だ(った)。

 部署間や企業間でも境界を知ることは重要だ。
部署間や企業間でなぜ境界や縄張りを決目る必要があるのか?それは予定調和の中で暮らした方が楽だから。
成長が止まった社会では、境界や縄張りなどの枠組みを壊して傷つくより予定調和で双方が傷つかない方がメリットが大きいのだ。

 そこで境界や縄張りが決まったいきさつを知っている長老が重要になる。経験を積むには年齢が必要だから、「余人をもって代えがたい」人はたいてい年寄りだ。

 件の「余人をもって代えがたい」騒動は、ごく内輪の「余人をもって代えがたい」人を予定調和が通用しない世間に出してしまってたことが原因だ。そして、それに気が付かない人が大真面目に「余人をもって代えがたい」と言っていたのだろう。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【最近の書籍・雑誌

 

 

2021年6月15日 (火)

言語化する

キャリアの棚卸しは毎日やれ! 能力に気付く努力が必要 伊藤羊一 (2020/3/11)

何か行動すると、必ず言語化する。これはどういう意味があるんだと。取材を受けた後、何であの話をしたんだっけ、とか、会社の研修に呼ばれて講演したとき、何であの話はウケたんだろう、とか。それを言語化して気付きがあれば、次に生かせますよね。それは、仕事に対してだけではなく、人生に対しても同じです。

 考えたことを言語化することが重要なのは伊藤羊一氏が指摘するとおりだ。

 転職する前に若い人を相手に研修の講師をしていたときに、雑談で技術者・技能者として生きていくための考え方を話していた。(狙って脱線していたんだけど) 自分のキャリアを考え始めた人にはウケるのだが、10年先も今のままと疑わない人にはウケなかった。ナニイッテルノ?コノオジサンという反応だった。

経験を振り返りながら言語化していると、必ず新たな気付きがあるんです。ある意味、講演や取材など自分の経験を言語化する機会を強制的につくっているようなものです。

 技能者・技能者としての価値保つ方法は、若い人に話すために考えたわけではなく、自分が迷っていたから考えたことだ。 それを、講演や講義など誰かに話そうとすると必然的に言語化しなければならないから、自分の考え方を見直す良い機会だった。

 人前で話す機会が無いならBlogなどに書いてみるのも良いと思う。思いついたことを書いて、後日読み直すと気分の考え方が妥当か客観的に判断することができる。

 整理した考え方を基に自分のキャリアを考えてみたら、転職という選択肢があることが分かったのだが、なかなか決心できなくて最後は伊藤羊一氏と同じように、

最後は“follow your heart and intuition”という、スティーブ・ジョブズが言ったようなことに従うしかなかった。

だった。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【転職】【Yoshiのブログ

2021年6月11日 (金)

部下指導の話 <忘れがちな前提>

他人はそんなすぐにお腹はみせてくんないぞっていう部下指導の話。 note しばたともこ@キャリアコンサルタント

★誰かを指導するときには、

  • 人は誰でも、教えたら苦もなくできるようになるわけではない。
  • 人は誰でも、上手に人を教えられるわけではない。
  • 人はいつも分からないことが分かっているとは限らない。

を忘れないように。

###

 多くの人は、できるようになったら、それまで試行錯誤や苦労を忘れて、できることが普通だと思ってしまう。 そして、人は誰でも教えたら苦もなくできると思ってしまう。

 試行錯誤や苦労してできるようになると、指導するときの引き出しの多さになる。 だから、試行錯誤や苦労しないで、できるようになった、センスの良い人は他人を指導できないと思った方が良い。 どうしても、指導しなければならないとしたら、人を指導するための試行錯誤と苦労が必要だ。

 試行錯誤や苦労してできるようになったセンスの悪い人は、思い出したくないかもしれないが、試行錯誤や苦労を思い出して、指導している後輩に重ねて合わせてみると良い。 きっと、先輩の不十分な説明が理解できないのに、「わかりました」と言ったり、質問をしないまま作業を進めたことがあるだろう。

 なぜ、質問できなかったか、若かったときの自分に問いかけてみることだ。
もし、若かったときの自分が答えてくれなかったら、まだ人を指導するまで理解できていないのかもしれない。不十分な理解で人を指導するのは危険だ。

 多くの人が忘れがちだけど、

  • 人は誰でも、教えたら苦もなくできるようになるわけではない。
  • 人は誰でも、上手に人を教えられるわけではない。

会社では、教えられる側に選択権は無いので、教える人と、教えられる人の組み合わせを考えるのはマネージャの仕事だ。

 指導される人が「わからないことがわからない」こともよくあることだ。
「わからないことが分からない」場合には「わかりません」と言いにくい。「どこががわからないの?」と聞かれても答えられないから。

 昔は、「黙ってやれ」とか「見て盗め」とか「飲みニケーション」で「わからないことがわかる」レベルにしていたのだけれど、今時はハラスメントだから難しい。

 指導する相手が「わからないことがわかっている」かを確認したり、指導する相手の理解が遅かったり、自分が上手に指導できない場合には、柴田朋子氏が言うように、とりあえず対話から始めなければならないだろう。

 すべてが対話だけで解決するわけではないと思うのが、対話しなければ始まらない。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【最近の書籍・雑誌

2021年6月 7日 (月)

教育現場の連絡手段

教育現場の連絡手段は令和時代でもやはり…
ICT教育の情報収集は意欲的だが環境は未整備
東洋経済 (2021/01/10)

まだまだGIGAスクール構想自体の具体的な内容の啓発は必要と考えられるが、ICT教育に向ける先生方の興味関心は高く、情報収集や研修などに積極的に取り組んでいる様子がうかがえた。

と結論付けているけれど、アンケートに答えた人は意識が高く、意識が低い人はアンケートに答えていないのではないだろうか?

閑話休題

 業務改革にICTは付き物だ。そして、業務改善にICTを使うのではなく、ICTが活用できるように業務を変えることが重要だ。

 これまで、何度もIT化(古くはOA化)の掛け声のもと業務改善に取り組んできた。ところが、改善できないのである。なぜならば、改革でなく改善しているから。

 ICTの活用に取り組む人の多くは、現在の仕事のやり方を変えずに、個々の業務をICT化する。すると、ICT化は進むが業務は改善しない。改善しないどころか手間が増えたりする。

 学校ではGIGAスクール構想の目的を理解しないまま、これまでの教え方をICT化しようとしているのかもしれない。

 例えば、板書の代わりに大型ディスプレイやプロジェクタに表示する例は多いようだ。たしかに先生の手間は省ける。これをGIGAスクール構想で導入される、生徒のタブレットに表示したところで、先生から生徒に対する一方向の授業に変わりはない。

〇ノート

 生徒が手書きでノートを取ることに拘る人も多いようだ。

 漢字が書けなくなるとか、メモが取れなくなるとか理由を挙げるのだが、これまでは、手書きでメモを取る技能は必要だった。しかし、将来、手書メモの重要性は現状のままなのだろうか?音声認識技術も実用化されているし、携帯可能なデバイスも実用化されている。

〇辞書

 紙の辞書を引くことに拘る人も多い。

20年くらい前に娘が中学生だったときに、授業で電子辞書が必要だというので貸したことがある。娘に「軟弱者め」と言ったら、娘曰く、先生が電子辞書にしなさいと言ったのだと。

 先生は、辞書を引く目的は単語の意味を知ることだから、紙の辞書は効率が悪く授業時間がもったいないのだとおっしゃったらしい。

 とうとう、そんな時代が来たかと思ったのが20年前だ。ところが、未だに紙の辞書を引くことが重要らしい。

 全ての辞書がデジタル化するまでは、紙の辞書を引く最低限の技能は必要だが、紙の辞書を引く技能を向上させる必要性は低い。 今時一般人は、Googleに尋ねる方が速い。そして、子供たちは常時ネットにつながるタブレットを持つようになるのだ。

 板書も、紙の辞書も時代遅れだから廃止すべきというつもりはない。確かにこれまでは重要だった。 それは、その方法しかなかったからだ。別の方法方が使えるようになった今、板書、紙の辞書を引くことの目的を考え直す必要があるのだろう。

 目的を考えれば自ずと、現在において最適な方法が見えてくるだろう。

 もちろん、その方法は未来永劫最適とは限らない。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【ICT×教育】【Yoshiのブログ

2021年6月 3日 (木)

彼らは現場のことが分かってない!と思ったら

 ちょっと前に、「彼らは現場のことが分かってない!」という会話を聞いた。

 他人のことは言えた義理ではない。昔、現場にいた時は本当にそう思っていた。ところが、管理部門で働くようになると、現場は分かっていないと思うようになる。

 人は、相手のことをわかろうとせず、相手が自分のことを分かるべきだと思っている。だから、いつまでたっても、現場と管理部門、部下と上司、親と子は分かり合えない。

 有効な解決方法はコミュニケーションだが、相手が自分のことをわかるべきだと考えていると、コミュニケーションを始められない。

 相手が自分のことを分かっていないと思ったら、自分も相手のことが分かっていないと思ったほうが良い。そして、歳をとったら、相手が自分のことをわかっていないと思っても、「どういうこと?」と聞いてみても良いのではないだろうか。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【最近の書籍・雑誌

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »