« 余人をもって代えがたし | トップページ | ICT部門に求められること  »

2021年6月25日 (金)

子育てと余裕

毎日新聞の読者投稿欄に↓のような投稿が掲載されていた。

S

 若かった頃の母は余裕がなかっただけで、ちゃんと愛情をかけて育ててもらっていたと、子育てを経験したことで分かったという内容。

 自分が子供だった頃を思い起こしてみると、褒められた記憶がない。かまってもらえなかったというほうが正しいかもしれない。父が大きな交通事故に遭い九死に一生を得たが、生活は楽ではなく父と母は余裕がなかったのだろう。

 娘が産まれた頃を思い出すと、仕事にかまけて家事も育児も妻に任せきりだったと思う。
転勤で何度か引っ越ししたこともあり、妻は知り合いもいない土地で余裕がなかかったのだろう。そして、余裕のなさは長い時間一緒にいる娘達に向けられたのだろう。

 そんな余裕のなかった妻を気遣うことができなかったと30年経って思う。後悔先に立たずだ。

 40年働いて、人を育てるには自分も成長しなければならないことが分かった。子供を育てることで少しは成長したのかと思うけれど、子育て中はずっと未熟なままだだった。

 たいていの親は未熟なまま子育てをしている。人類永遠の問題か?


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【最近の書籍・雑誌

« 余人をもって代えがたし | トップページ | ICT部門に求められること  »

よしなしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 余人をもって代えがたし | トップページ | ICT部門に求められること  »