よしなしごと

2021年10月16日 (土)

おかえりモネ

 おかえりモネを土曜日にBSでまとめて見ているのだが、柴田朋子さんの投稿が気になったので23:00の再放送を見たら、つい、自分仕事に関係があるデータの売り方という観点で見てしまった(107回あらすじ

 データはどんなに貴重でも、役に立つ情報にするための知恵が必要だ。
世の中の多くの人は、データを情報にする知恵を持っていないから、知恵と一緒でなければデータは売れない。
希少価値があるデータは無条件で価値があると思ってしまうが、実はデータを情報にする知恵の方が100倍価値がある。

 百音(モネ)はWE(Weather Experts:モネが働いている気象情報会社)の社員だから貴重なデータにアクセスできるけど、役に立つ情報にして提供する知恵がない。
事業プランをプレゼンしたときに社長はそこを見抜いていたのだろう。

じゃあ、知恵を持っていない者はどうするのか?

  • 自分で知恵を蓄える
  • 知恵を持ってい人にデータを提供する

という方法を思いつく。

 後者の方が簡単だが、価値を生み出していないから、データの価値が低下したときに、データが売れなくなる。
データを提供しながら、提供した相手から知恵をいただく(学ぶ)ことが必要だろう。

 前者の方法は一朝一夕には難しい。短期間で知恵を得ようとするなら、知恵を持っている人に教えを請うことだ。しかし、知恵は財産だから対価が必要かもしれない。

 モネの場合、2年以内に事業を軌道に乗せなければならないから時間がない。まずは、対価なく教えてくれそうな会社(WE)や上司(朝岡)に相談してみるべきだろう。

 一方で、データを情報に変える知恵を持った人を見つけるための営業も継続する。
知恵を持った人は自分の知恵を認識していない可能性が高いので、暗黙知を形式知化するための対話は重要だ。
といっても、話を聞かせてほしいという人は稀だ。雨が少なくて困っている野菜農家の人のように。

 雨が少なくて困っている野菜農家の人は気象データを使う知恵がない、百音は野菜を育てる知恵がない。だから、2人の知恵がクロスするまで知恵を広げなければならない。そのためには対話が必要だ。

 野菜農家の人のように話が聞きたいという人は稀だから、世間話とか四方山話から始めて信頼を得るしか無いのだけれど。これが、サヤカさんがいう信用を得るための時間かもしれない。

 前々職のとき考えていたことだけど、上手くできた感がなかったりする。
何か足りないのだろう。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと

2021年10月10日 (日)

デジタル化しただけでは、ほとんど変わらない。

ITリテラシーゼロの会社にSlackを導入 
創業133年、老舗ベンチャーの新入社員が請け負った大役
logmiBiz

この会社のコミュニケーションは電話とFAXで、Amazonはアマゾン川のことだと思っている役員が半分くらいいたらしい。

FAXと電話の会社がいきなりslackを導入するのは大変だったようだ。
風土まで変えなければ定着しないことをトップが分かっているようだ。

創業135年のカクイチがSlackを導入したら課長職が不要になった話  日経ビジネス (2021/10/7)

 現在の組織構造や風土に合わせてデジタルを導入しようとするが、なじまずに失敗する。これはDXに挑む多くの企業がはまる落とし穴だ。

前々職は早くからITシステムが導入されていた。
旧来のピラミッド型の組織にありがちな縦割りを超えて、情報の共有や交換ができることを期待したのだが無理だった。

ITシステムを導入する人たちは、縦割りを超えて情報を共有しない風土を変えようと考えなかったし、使う人も変えたいと思っていなかった。

カクイチの例はトップダウンとボトムアップで成功した例だ。
ひょっとすると、すごく稀な例かもしれない。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと

2021年9月28日 (火)

いじめ問題とICT <学校だけの、子供だけの問題ではない>

町田市の小学校で発生したいじめ事件が話題になっている。
第三者委員会が設置されたらしいので、原因が解明できて再発が防止できることを願っている。

一連の報道で気になるのは、主因でなく遠因がフォーカスされていること。
マスコミは原因を解明することが目的ではないから仕方がない。
販売部数は視聴率が取れそうな話題にフォーカスするのは仕方がない。

多くのマスコミが取り上げている話題は、GIGAスクール端末の

  • パスワードが共通だったこと
  • チャットが規制されていなかったこと

が指摘されているが、どうもすっき入りしない。
この2点は主因ではないからだろう。

こんな記事が目に留まった。

異なるパスワードを使っていても、チャットを規制していても、この問題は解決しない。
なぜなら、問題はいじめが存在し、大人がいじめに対応することができなかったことだから。

閑話休題

とはいえ、パスワードの管理とチャットは重要だ。
パスワードの管理が杜撰だとか、個人同士のチャットを規制していないなどの正論を唱えても問題は解決しない。

●パスワードの管理

低学年では難しいだろう。高学年になっても、いきなり管理するのは難しい。
30人もいれば、capsやカナになったままパスワードを入力したり、パスワードを忘れたりする子供はいる。
このようなログインのトラブルに1人の教師が対応していたのでは、学習の時間がなくなってしまう。

パスワードの管理について正論を述べているマスコミは多い。
しかしだ。
大人は皆、マスコミがが書いているようにきちんとパスワードを管理しているのだろうか?
ポストイットにパスワードを書いてディスプレイの縁に貼っている大人はいないのだろうか?
"1234"や"qwer"をパスワードにしている大人はいないのだろうか?

学校だけの問題、子供だけの問題にしてはいけない。

●チャット

GIGA端末で自由にチャットが使えることについては、整備される間から議論があった。
GIGA端末に限らずSNSの利用や文字でのコミュニケーションの注意点は、多くの学校で、情報モラルの授業で教えている。
チャットを規制していない学校は、検討した上でチャットを規制しなかったのだろう。

全ての親や教師などの大人が、適切なSNS使い方を指導できるわけではない。
それは、SNSで頻繁に発生する、誰かを死に追いやる炎上を見れば明らかだろう。

GIGA端末でチャットを規制することは問題の解決にならない。

子供たちは遅かれ早かれスマホを使うだろう。
それまでに、SNSでのコミュニケーションについて指導できなければ、問題を先延ばしするだけだ。

結論

パスワードの管理やチャットの利用について正論を語ることは簡単だ。
大人は、子供たちに満足な指導できないできないことを知るべきだ。

そこから、始まる。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと

2021年9月14日 (火)

尾身会長のインスタ <若い人たちが試されている>

★尾身会長の行動で若い人たちが試されている。

尾見会長が
インスタ
を始められたと聞いたので、アカウントを作ってフォローした。

最新の動画ではインスタを始めた理由を話しておられる。
若い年代の人たちと会話したいのだそうだ。

NHKのニュースウォッチ9でのEXITのりんたろー氏との会談でも、若者との意識の違いと政府や分科会のメッセージが若者に届いていないことに驚いておられた。

コロナ感染症分科会では
政治家や有識者がそれぞれの視点で議論している。
その結果は新聞や地上波TV放送などマスメディアで発信することが普通で最善とされいる。
そして、そのメッセージを受け取った国民は、メッセージに従って行動すると考えられていのだろう。

ところが、若い世代を中心に、メッセージを受け取っていない国民が、多くいる。
若者は地上波TVそれもニュースなんか見ない。

学者の悪い癖だが、
人は合理的判断に基づいて行動することを前提にしているのではないだろうか。

多くの人の、情報を開示すべきという要求はもっともだ。
しかし、その真意は「正解を示せ」だ。
ところが、万人に取っての正解は無い。
日本人はコロナ対策のように前例や正解の無い判断をしてこなかった。
だから、正解のない問題を自ら判断できない人は多い。

合理的判断ができたとしてもその判断に従って行動できるとは限らない。
日本は同調圧力が強い。
マスク警察や自粛警察などの自警団が現れて自主的取り締まりを始める。
自粛警察に逆らってまで、個人の合理的判断通りに行動できないことは多い。

世の中には異なる世界がある。
一国民にとっては、政治家や学者、有識者の集団は異なる世界だ。
一方、政治家や学者、有識者にとって一般社会は異なる世界だ。

自分がいる世界とは価値観や、判断基準が異なる世界の存在がわからなくなる。

話を戻して
尾身会長が、自ら若い人たちの中に入るという姿勢は素晴らしいと思う。

歳を取って地位と名声を得ると、自分と異なる意見、価値観を持っている集団に自ら入ろうとしない。
エライ人は呼びつけて、フカフカの絨毯の部屋の応接セットに座って対応する。

最新の投稿ではアンチがたくさん集まってきたようだ。
6000件もコメントが付いたら、まともな議論ができる相手を探すのが大変そうだ。

若い人達(尾身会長から見て)は
尾身会長と会話することができるのだろうか?
最近のコメントを見ると、自分の特殊事情と陳情と憂さ晴らしと罵倒が多いような気がする。

正解のない問題への対応は、異なる価値観を持った人と会話できる人の存在が重要だ。
若い人たちは、同じ価値観を持つ世界に閉じこもっていてはいけない。

尾身会長は純粋に若い人たちと話したいのだろう。

尾身会長の行動で若い人たちが試されている。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと

2021年8月 8日 (日)

モヤモヤが止まらない <東京五輪はたくさんの感動とたくさんのモヤモヤ>

東京五輪の閉会式が始まったが、期間中モヤモヤが解消されなかった。
開会式のモヤモヤはこちら。(オリンピック開会式 2021-07-25)

開会式直前の、小山田圭吾氏、小林賢太郎氏の解任について、

  • 過去の罪が許されることはないのか?
  • 過去の罪はいつまで罰せられるべきか?

というモヤモヤが解消されない。

小山田圭吾氏の件について、カズレーザ氏はテレビ番組で、事件後、反省し武遺跡、反省を示した形跡がないことを理由に、数十年経過した現在でも責めを追うべきと発言していた。これはこれで、一理ある。
しかしである、

  • 反省という他人の心の中をどうやって判断するのか?
  • 反省は、公表しなければならないのか?

という疑問は残る。

罪を犯した者は責めを追わなければならないし、過去に犯した罪は消えること無い。
法の世界では、殺人などの重大な罪を除いて、時効という考え方を取り入れている。また、罰を受ければその後、罰を受けることはない。
ところが、

  • 倫理の世界には時効はないのだろうか?
  • また、一生罰を受け続けなければならないのだろうか?

個々の市民が持つ権力は僅かだが、市民の集合であるネットは巨大な権力を持つようになった。
しかし、

  • ネットは個人に罰を与える役割を負うべきなのだろうか?

ネットは悪意8割、善意2割くらいだと思う、その、悪意8割の意見にに阿る政治家がいることにも、気味悪さを覚える。

東京五輪は、たくさんの感動と、たくさんのモヤモヤを残してくれた。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと

2021年8月 6日 (金)

広島平和記念式典

核廃絶、世界の総意に 広島で平和記念式典【動画】 中国新聞デジタル (2002/08/06)

今年の平和記念式典はYouTubeのライブ配信で見ることができた。
総理の挨拶を聞いていたら、途中から字幕と音声が違ってきて、字幕が消えた。 原稿に自分で筆を入れたのかと思ったら、読み飛ばしたらしい。 (菅義偉首相あいさつ全文)

閑話休題
広島は核兵器廃絶と世界平和がセットになっているのだけれど、セットにしていることで身動きできなくなっているような気がする。

核兵器廃絶と世界平和は深い関係だが「核兵器廃絶なくして、世界平和なし」という主張に賛同できる人、特に為政者は少ないと思う。
現に紛争に巻き込まれ難民になった人、前線で戦闘している人にとっては、核兵器廃絶は現実的ではなくて、飢餓や健康など生命の安全が喫緊の問題だ。世界平和も現実的ではなくて、自分の周りの平和が重要だ。身の回りに平和が訪れて、生命の安全が確保されて初めて、世界平和、核兵器廃絶を考えられるのだろう。

「核兵器廃絶なくして、世界平和なし」という原理主義が無駄だと言うつもりはない。しかし、目の前の平和に四苦八苦している人のために何ができるのかも考えなければならないと思う。

子供の頃から、もやもやしていたのだけれど、口に出せない雰囲気が広島にはあったんだよね。

昔学校は8月6日は登校日だったんだよね。


2021年8月 1日 (日)

人の偶然をけなす人

話題のピアノユーチューバーは「ラッキー」なだけ? 小倉智昭の皮肉に共感の声 まいじつ  (2020/10/07) 

小倉智明氏の、今話題のポップスピアニストハラミちゃん氏に対するコメント

「『達者な人だな』とは思いましたけど…でもね」と、やや神妙なトーンで口を開く。続けて、「国際的なショパンコンクールを目指して、日夜ハゲんでいるピアニストの人も結構いるわけですよ?」「そういう人たちはほとんど、名前が出ずに終わってしまう。彼女の場合、ある意味ラッキーかも分からないですね」

に、ネットでは共感が多かったと言う記事。

小倉智明氏の発言は、ネットで批判されることが多いので、批判専門のメディアにネタを供給している感があるのだが、それはどうでもよい。

引っかかったのは「ラッキー」だ。

このコメントの「ラッキー」は否定的なニュアンスで、その否定的なコメントにネット民が反応し、そして、批判専門のこのメディアで取り上げられたのだろう。

「ラッキー」は否定されることなのだろうか。
自力による「努力」だけが称賛され、他力の「ラッキー」を否定する心理が働いているのではないだろうか。

他人に成功の要因を単なる「ラッキー」だと言われると腹が立つものだ。
しかし、冷静に考えてみると、確かに「ラッキー」はある。
「ラッキー」は宝くじに当たるようなものではなく誰にでも訪れる。
その「ラッキー」を自分のものにできるかどうかで成功が決まるのだと思う。ところが、成功した人は、自分の成功は努力の結果で、他人の成功は「ラッキー」によるものだと考えがちだ。若いころはそのように考えていたような気がする。

「ラッキー」は一生に1度だけではなく、結構やってくるものだ。
50代になって自分の人生を振り返ると、ほぼ「ラッキー」で生きてきたことに気が付いた。

努力が報われないと考えている人は、「ラッキー」がやってきたことに気が付いていないかもしれない。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと

2021年7月25日 (日)

オリンピック開会式 <モヤッと>

モヤッとする翌日、東京オリンピック2020開会式が露呈したもの、僕たちはそれらを噛み締めて前を向いていかないといけない  安川新一郎 (2021/07/24)

開会式のメッセージは何かと問われると、今時の問題は一通り盛り込まれてはいたような気がする。

モヤッとするのは、それが問題に対する一般論のように感じるからだろうか?

自分たちは、何をするのか、日本は何をしようとするのか分からなかった。もちろん、日本人の共通した認識もなかった。

オリンピックを国威高揚に使うのは時代遅れという指摘は多い。
国威高揚であれば、これから世界を担う日本の若者に対するメッセージは何だったのだろう。

未来に対するメッセージなら発信者は若者が最適だが、若者のメッセージは何だったのだろう。

根回し力を発揮して誘致に成功したところまでは良かった。それはこれまでの日本だ。

これからの日本、これからの世界のビジョンを示すことができなかったのは、日本が誘致活動をしていたときのまま変わっていなかったからだろう。

本来オリンピックはアスリートのためのものだ、若いアスリートは存分に力を発揮してほしい。

###

書いて一晩おいたけど、やっぱりモヤッとだなあ。

開会式だけではなくて、組織員会のゴタゴタがあったり、復興が道半ばだったり、新型コロナウイルスの感染が拡大中だったり、コロナ後のニューノーマルが見えなかったり、というモヤモヤの象徴だったのかもしれない。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと

2021年7月19日 (月)

汎用データベース

システムを作る際に、「データを整理して蓄積し、いつでも引き出せると便利だ」くらいのノリで開発が始まることがある。
便利なことに対しては誰も異論はないのだが、誰がどのように使うか、データの更新は誰が行うか、更には費用対効果を考えないで走り出してしまう。

ストレージのビット単価も安くなり、有り余るCPUパワーも使えて、高速ネットワークに繋がる。しかも、Cloudに置くと設置場所も取らないから、昔と比べて気軽に構築できるようになった。

ところがである。
あったら便利なデータベースは使われない。使われないデータベースの維持は虚しい。

ICT業界で40年働いていると、失敗のニオイが分かってきた。

「データ」と「情報」は曖昧に使われることが多いのだが、

  • 「データ」は数字や記号の集まり
  • 「情報」は数字や記号の集まりを、目的をもって収集、加工したもの

とする。簡単に言うと「データ」には価値はなく「情報」になって初めて価値を持つ。

汎用的なデータベースの最終的な目標は、蓄積したデータが新しい価値を生み出すことだろう。

データベース・システムはデータを蓄積、検索できる機能を提供するが、有意なデータを抽出するための条件や、複数のデータから新しい価値を生み出すのは、人間の知恵が必要だ。これを、誤解している人が多い。データベース・システムが知恵を持っていると誤解しているのだ。

理解している人が、汎用的なデータベースを使った時の反応は「わーっ!面白そう。こんなこと、あんなことにも使えそうだ。」と言う。一方で、誤解している人が、汎用的なデータベースを使うと、「なーんだ。ぜんぜんつかえないじゃん」と言う。

知恵が無い人はデータから価値を生み出すことができないのだ。

データから価値を生み出す知恵を持っている人は、誰でも知恵を持っていると思いがちだ。だから、「何で使えないの?」と思ってしまう。

データから価値を生み出す知恵を持っていない人は、データベースは魔法の箱で、たちどころに、自分が欲しい情報(価値があるデータ)が現れると思っている。

AI入れるとできるんじゃないのと言うのは、「知恵」を持っていない人だ。

知恵を形式知にして蓄積して、ナレッジベースにできれば、他人の知恵が使えるようになって、だれでもデータから価値を生み出すことができるだろう。ところが、知恵の多くは暗黙知なので形式知にし難い。自分の暗黙知を形式知にできる人は極々僅かだから、他人の力が必要だ。

データベース・システムを構築できる人は多いし、外注もできる。
データベース・システムが価値を生み出すためには、

  • 知恵を持った人
  • 暗黙知を形式知にできる人

をどうやって確保するかにかかっている。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【最近の書籍・雑誌

2021年7月 6日 (火)

技術が高ければ高いほど、求められるわけではない

自分の強みに気付けば、組織での“役割”が見える。ハロプロOG・宮崎由加&ハラミちゃんの「居場所の作り方」 (2021/06/23)

 最近ポップスピアニスト、ハラミちゃんにハマっていて、Youtubeで演奏を聴いたり、本を読んだりしていたら、ハラミちゃんとJuice=Juiceの初代リーダ宮崎由香さんとの対談を見つけた。

ハラミちゃんは

今の活動を始めてから必ずしも「技術が高ければ高いほど、求められる」ではないかもしれない、と思うようになりました。

もちろん「技術力」はピアニストにとって、必ず必要な要素です。ただ、それよりも一人ひとりにあるその人にしか出せない音やパフォーマンスにちゃんと自分で気付いて、自己表現できる人の演奏が求められるんじゃないかなと。

とおっしゃる。

「技術」に引っかかってしまった。

 技術の世界は「使ってなんのぼの世界」だからいくら技術が高くても引き合いがなければ何の価値もない。

 若いころはそれに気が付かず、ひたすら技術力を求めていた。そして、管理職はやらない!ずっと技術で生きていく!!とツッパっていた。
マネジメントするようになって気が付いたことは、メンバーが持っている技術をどうやって「売る」かということだった。
客観的にみると、メンバーの絶対的な技術力は見えてくる。技術力が高いから「売れる」とは限らない。必要とされることを提供すれば「売れる」。

 ハラミちゃんは4歳からピアノに打ち込んでいたから20代(おそらく)でわかったのだろう。

 オヤジは30年仕事をしてようやくわかった。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【最近の書籍・雑誌