フォト
無料ブログはココログ

Yoshiのよしなしごと

「よしなしごと」は、「Yoshiのよしなしごと 」にあります。

新着 

Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ

 

2021年11月 7日 (日)

ローコード・プログラミング

 最近「DX」「内製化」「ローコード」がIT業界で流行っていて、日経コンピュータでANAの内製化が紹介されていた。

 ITC業界で長く働いてきて、今は小さな事業所で「ほぼ1人情シス」をやっている。「ほぼ1人情シス」の立場で「内製化」を考えてみた。
「ほぼ1人情シス」は通常業務があるので大掛かりなシステムは作れない、手間や時間がかかる業務フローを効率化するくらいだ。

 今流行りのノーコード、ローコードプログラミングで簡単にシステムが作れるという、売り文句は 1/4くらい正しい。ツールを売る立場ならそう言うだろう。
用意されたテンプレートで間に合うかちょっと手を入れるくらいなら、Excelでデータベース関数が使えるくらいのスキルがあれば作れると思う。

 ところが、現実の業務がテンプレートにハマることは稀だ。業務をテンプレートに合わせなくてはならなくなる。

 例えば、PowerAutomateのテンプレートに休暇承認フローがある。
申請者がSharePointのリストにタイトル、取得日を入力すると、マネージャ(承認者)にメールとTeamsで通知され、メッセージ中の承認/却下ボタンを押すと、リストに、承認/却下が入力されるというもの。このフローは簡単で初心者でも作れるようにマイクロソフトが考えている。説明もあるので試してみるにはちょうどよい。

しかし、作れることと運用できることは違う。
現在、休暇承認を違うフローで運用している場合、変えられるかどうかが内製化の効果が現れるかどうかの分かれ目だ。

 さらに、テンプレートの構造まで手を入れてようとすると、プログラミングのスキルが必要になる。
たまたま、プログラミングのスキルを持った人、例えば、Excelマクロが書ける人がいる場合は、テンプレートを参考に独自にシステムが作れるだろう。

しかし、慎重に考えなければならない。
解決すべき問題と解決方法を考えないで、思いつきで初めたり、「ちょっとやってよ」のような要求を引き受けると、時間と労力をかけたけど使われないシステムが出来上がる。

外注しても解決したい問題を解決できるシステムが、内製できるなら価値がある。しかし、問題が解決できないなら内製しても価値はない。

ノーコード、ローコードで内製しようとしたときに、
標準の機能で実現できない場合、現状の作業の効率化になっていないか、考えたほうがよい。
紙+ハンコでもクラウド+RPAでも、その仕事がやらなくてよいなら、無駄だということだ。
やらなくて良い仕事を効率化しても意味はないのだ。

 さらに^2、
標準の機能だけで実現できず、拡張機能を使わなければならない場合は、「1人情シス」では難しいと思う。「1人情シス」に求められているのは内製化ではなく、解決すべき問題をを外注先に伝えられることだろう。

###

 PowerAutomate/PowerAppsのカスタムコネクタやOffice scriptを使うとできることが広がるのだけど、全然ローコードではない。


最近の投稿】【プログラミング】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2021年10月31日 (日)

Japan IT Week2021秋 <みんなリアルの展示会に行きたかったんだね>

Japan IT Week2021秋に行ってきた。

今年は幕張メッセでの開催だった。幕張メッセの1ホールから8ホールまで使った展示会は久しぶりだ。
緊急事態宣言が終了したこともあるのだろうか、人出は多く特にAI関連ブース周辺はまっすぐ歩けないくらいの混雑だった。
今時はバーチャル展示会も多くなったけど、皆、生の展示会に行きたかったんだ。

セミナーは国際会議場が使われることが多いのだけれど、今回はホール内にセミナー会場が設けられていた。

社員の生産性と満足度を保ちながら、成功させるリモートワーク(シスコシステムズ 石黒 圭祐氏)を聴いた。

  • コロナ禍で図らずもリモートワークが普及した。
    今後、新入社員の選択基準が変わるだろうとのこと。
    就活してる学生に、リモートワークできない会社はどう思うかと質問したら、Black、昭和の会社という回答だったらしい。
    ここ1,2年リモートで授業を受けてきた若者にとってリモートは極普通で、リモートワークできない会社はかなりヤバイということだろう。
    そして、社員の帰属意識低下し、転職が増加するから、社員のエンゲージメントがより重要になるらしい。
  • リモート会議も普及した。
    今後は、社内のコミュニケーション手段だけではなく、顧客とのコミュニケーションにも使われるようになるから、音声や画像の質が重要になってくるらしい。営業さんの身だしなみのようなものだろうか。
     
  • そこで、Webexの新機能の紹介
    CISCOはSlidoを買収したらしく、WebexのアカウントでSlidoの全機能が使えるらしい。
    質問機能や投票機能、翻訳機能、字幕機能が使える。
    Cisco_webexs
    (↑どこから来ましたかというアンケートをとって、リアルタイムでデータを表示している)
     
    字幕機能は自動的に発言者の音声を文字に変換して表示してくれる機能で、結構認識率も良さそうだった。
    議事録に使えそうだ。テープ起こしは大変だけど、字幕機能を使うと議事録が簡単に作れそうだ。(文字にしてからが大変だったりするのだけれど...)
    ダイジェスト機能があると嬉しいな。
     
  • ビデオ会議ツールは、
    Teams、GoogleMeet、Zoom、Webexなどがある。
    Officeソフトと連携機能は必須だから、Officeソフトを持っているMSやGoogleに優位性がある。
    TeamsやGoogleMeetもSlidoと連携できるようだが、MSやGoogleは自前でSlidoの機能を取り込んでくるのだろうな。
     

最近の投稿】【最近の展示会 】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2021年10月27日 (水)

個人的な能力でサービスを提供してはならないのか

4月からほぼ一人情シスをやっていて、職場にある野良Excelによる自動化とストレージベースの共有を変えようとしている。
RPAを使って業務フロー自体を変えて、RPAで実現できない部分はスクリプトでなんとかなりそうだ。
しかし、Excelで作業が省力化できれば良いと言われることが多い。
曰く、担当者(σ^^)がいなくなったら後で保守できないと困るということらしい。

ちょっと待った。このフレーズどこかで聞いたことがある。

前職は、小中学校に出向いてICT活用のサポートをやっていた。会社から言われていたのは、契約に無いリクエストにはなるべく応えないということ。
現場の先生は契約内容まで知らないからいろいろな相談を受ける。契約外のリクエストまでサービスで対応すると、担当者が変わったときに「前任者は対応してくれたのに」というクレームになることがあるらしい。

前々職で駆け出しの頃、現場の技術サポートをやっていたときにも上司に同じようなことを言われた。自分が対応できるからと引き受けても、他のメンバーが対応できないこともある。
なんでも引き受けていると、リクエストがエスカレートしてきたり、転勤した後に「前任者は対応してくれたのに」というクレームを気にしているようだった。

マネジャーをやるようになって分かった。メンバーの力量は均一ではないからできるメンバーもいれば、できないメンバーもいる。
マネージャとしては、メンバーの負担を平準化したいし、均一なサービスを提供したいと考えるものだ。

共通しているのは、管理者の立場の意見だ。
メンバーの能力は一定という建前になっていて、能力に関わら同一賃金の職場は、そうなりがちだ。

しかしである。
対応できるリクエストを断って、誰でもできるリクエストだけ対応するのは、サービスを組織の中の最も低いレベルに合わせるということだ。
管理は簡単だが価値は低い。

組織としてのサービスレベルは管理者の能力と比例するのかもしれない。

メンバーの能力は均一ではなく、得意・不得意があるから、能力がある者が対応するという職場で働いていたことがある。

メンバーとしては、結構キビシイ。
特にICT関連の技術の仕事は非常だ。年齢やポストに関係なく、ベテランでもできないのは者はできないし、新人でもできる者はできる。

こういう職場は居心地が悪いが成長できる。
ところが、居心地が悪いメンバーが増えたり、管理者の能力が低いと、メンバーも管理者も高いレベルを目指さなくなる。
そして、提供できるサービスが低下し、部署の価値が低下して・・・


できることをやらないのはできないのと同じだし、知っていることを使わないのは知らないのと同じだと思っていたので、結構引き受けていた。使いにくい部下だったのだろうと思う。


最近の投稿】【よしなしごと】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2021年10月14日 (木)

デジタル庁に期待?!

大前研一「デジタル庁が日本を変えるのは無理」 日本はIT人材の給料が安すぎる 大前 研一  プレジデント (2021/10/15)

大前先生のおっしゃることは核心をついていると思う。
だけど、デジタル庁は、IT産業の構造改革は1mmも考えてないと思う。

デジタル庁の思慮を読むと、IT人材の育成・確保は政府や地方自治体の話で、国レベルの話ではないようだ。
国レベルで不足しているIT人材を政府が囲み込むつもりらしい。
(https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/seicho/seichosenryakukaigi/dai9/siryou4.pdf)

大前先生に、IT企業の社長と頻繁に会食しているだけの自称「IT通」デジタル大臣と揶揄された大臣は呆気なく交代してしまった。
後任の大臣に期待できるのか気になるところだけれど、現状は選挙までの暫定内閣だから、選挙後のデジタル大臣に期待しよう。

成毛真氏は、期待されているようだ。
(https://www.facebook.com/makoto.naruke/posts/4354219341281815)

成毛眞氏の主張は

  • ITエンジニアの所得引き上げと、国家レベルでの就業人口の拡大
  • ITエンジニアの正社員化
  • ITゼネコンに人月工数で売られていたITエンジニアが転職の所得の倍増
  • システムの内製化において行政が先端を走るために、末端プログラマーまで国家公務員化

だ。現状認識は正しく、理想だと思う。

ただし、働き方やキャリアパスに関する部分については、政府やデジタル庁が強制できるものではないだろう。
まず、政府が主導すべきという主張は理解できるが、政府、役人は最も変化できない組織、人種ではないだろうか。

ある程度ITシステムを内製している、役所で働いていたことがある。
ダメな点はたくさん思いついて、挙げるとキリがないが、諸悪の根源は年功序列だろう。

技術者はその時点の知識・技能とそれをを活用した成果で評価されるべきだが、評価されない。
報酬は金銭だけではないことは理解しているが、技術力やそれによる成果は報酬と直結していない。
だから、賃金やポストなどの一般的な報酬を得るには、年功序列のレールに乗る他に方法がないのだ。
さらに、役人の中で技術者はマイノリティだ。マイノリティを優遇する役人など見たことがない。

政府が主導してIT業界を変えられるかというと、おそらく無理だろう。

結論
昭和の夢にまどろむ企業やITゼネコンを変えることを、政府や役人、政治家に求めても無理だ。(あえて断言しよう)
ICT技術者は、ノーコードプログラミングやヘルプデスクの技能(その時に求められる技能)を持っていれば、定年になっても露頭に迷うことはない。(あえて断言しよう)
次の世界をより良くするために必要なものはテクノロジーだから、技術者は次の世界を変えることができる。
そのために、技術者が自ら変化する気概を持つべきだと思う。


最近の投稿】【よしなしごと】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2021年9月24日 (金)

責任あるAI <「AI倫理」は「AIを使う人の倫理」>

責任あるAI「AI倫理」戦略ハンドブック 保科学世/鈴木博和 東洋経済新報社

Ai_20210924183901

「責任あるAI」はいかにも誤解しそうなタイトルなので読んでみた。内容は「AIを使う人責任」なので安心した。

著者によると「責任あるAI」とは

私たちの考える「責任あるAI(Responsible AI)」とは、顧客や社会に対してAIの公平性・透明性を担保する方法論である

だ。

 AIを「人工知能」と訳するので、いかにもAIが人格や知能を持っているように感じてしまう。そして、人間がAIを制御できなくなることに恐れを感じている。しかし、今ブームのAIは意思も持たない。過去の大量のデータ分析、分類してくれるプログラムだ。

 AIは人が作った物だから物自体が責任を持つことは無い。
責任を持つべきは、使う人か作った人で、多くの場合は使う人が責任を持つことになるだろう。車に例えると、車自体が責任を持つことはなく、車を運転していた人、作った会社が責任を負うことになるのと同じだ。

 AIは車などの機械と同じように、人の能力を拡張する。
機械は人の運動能力を拡張できるので、機械を操作出来るようになると、速く移動出来たり、重い物を動かすことが出来るようになる。AIは判断能力を拡張するから、使う人の判断能力が拡張される。

 問題は2点考えられる。
使う人の判断にバイアスがあればそのバイアスも拡張されると言うことだ。
もう一つはAIがバイアスを持ったデータを使って学習し、使用者にバイアスが無くても特定のバイアスが発生する場合だ。

・マイクロソフトのAIを使ったチャットボットTayが不適切発言をするようになった件
・犯罪予測AI

はAIの暴走として、取り上げられることが多い。

 前者は、偏った学習データを学習した結果だ。
昔から情報処理の世界で言われていた、gabage in gabage outは正しい。不適切な発言を学習すれば不適切な発言をするようになる。

 後者は、社会が抱えるバイアスが拡張される例だ。
犯罪予測AIは過去のデータを学習するので、過去の犯罪に地域や人種などのに偏りがあれば、その偏りが拡張されることになる。
それは、犯罪が発生する前から、特定の地域や人種を差別してしていると解釈することもできる。
この問題は入力データを変えればよいというものではなく、現在の社会の歪だから、一筋縄では解決するのは難しい。

 だから、AIを使う側には責任と倫理が求められることになる。
日本人は倫理について議論することが苦手だ。あえて避けている感もある。しかし、倫理の議論をせずにAIを使うことは危険だ。
多くの人が恐怖と感じている「AIの暴走」になる危険性がある。

それは、AIが暴走しているわけではなく、AIが使う者の無責任によるものだ。

結論
「責任あるAI」は「AIを使うもの責任」
「AI倫理」は「AIを使う者の倫理」


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2021年9月15日 (水)

コーチに求められること <部下の指導に求められることと同じ>

王者、恐るべし。 水谷隼[対談アーカイブ]石川佳純 <卓球王国2015年8月号より> 2021/07/11

今から6年前の水谷隼氏と石川佳純氏の対談記事。
卓球はやっていないので、卓球専門誌は読むことがない。
水谷準氏が東京五輪卓球混合ダブルスで優勝したことで、検索結果に現れるようになって読むことができた。

引っかかったのは、両氏がコーチに言及している部分。
水谷隼氏はコーチの重要性について問われ

日本にはあまり良い指導者がいない。日本の指導者は甘いし、努力が足りない。指導者になった時点であとは教えるだけで、そこからスキルを上げるという向上心が感じられない。海外の指導者は、指導者になった時点でゼロになって、そこから勉強してスキルを上げていく姿勢を感じることができます。

とおっしゃる。

石川佳純氏はコーチに求めることを問われ

強かった選手でもコーチとしては別だと思います。選手として成績が良くても良いコーチになるとは思わない。私は今の自分のやっていることを言葉にできない。たぶん言うこととやっていることが違うと思うけど、陳さんはそれを言葉にできる人です。私がわかるように教えてくれるし、向上心もすごい。コーチになって終わりじゃなくて、一緒に成長しようという気持ちがすごい。

とおっしゃる。

現在の卓球界は中国選手が席巻している。選手層の厚さ、国を挙げての育成システムなど要因はあるのだろう。
1人や2人優れたコーチがいるだけでは、これだけ継続して、強豪選手を輩出することはできないから、コーチの育成にについても成功しているのだろう。
両氏もコーチを中国から招いている。

対談の中で両氏が指摘している、

  • 自身がプレーする能力と指導力は別であること。
  • 選手と一緒に指導能力を向上しなければならないこと。
  • 感覚として得たことを、言葉にできること。
  • 相手が理解できるように伝えることができること。

は卓球のコーチだけではなく、部下の育成についても当てはまることだ.

水谷隼氏が日本には優秀なコーチがいないと指摘するのは。
好成績を残した人を、無批判にコーチにし、気合と根性に頼る日本の文化に対する批判なのだろう。
これも、卓球界に限らないことだ。

現場で成果を上げた優秀な人が管理職になって精彩を欠く例は多い。
現場で業務を遂行する能力と管理職に求められる能力は異なるのだが、なぜか現場での野力を評価して管理職に登用する。
マネジメント能力を評価して登用しているわけではないから、マネジメントできない管理職が増える。

定年が延長して中高年は、後進の育成を期待されることが多くなるだろう。
重要なことは、指導する内容が明文化できることだ。気合と根性に頼ってはいけない。


最近の投稿】【最近の人材育成 】【よしなしごと】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2021年9月12日 (日)

普通は今だけ

「普通」は今現在において必要なことが「普通」なのだと思う。

ICT業界にいると
「普通」の変化の速さを感じる。
出来るようになるより「普通」が変わる方が速くなったりするので
うっかりすると「普通」が2世代くらい進んでいたりする。

昔、といっても20年くらい前だけど、
IPアドレスの理解は不可欠だった。
パソコンをネットワークに繋ぐためにはIPアドレスを設定しなければならなかったからだ。
ところが、今時はデバイスをネットに繋ぐためにIPアドレスを理解する必要はないし、設定する必要もなくなってしまった。
でも、今も昔もICT技術者ならば知っているのが「普通」だ。ICT技術者としてそれは今でも必要不可欠だから。

若い人たちを相手に
研修しているいると、前の世代の「普通」をどこまで教えるか迷うとことが多い。
年寄りが昔の「普通」にこだわっていると、若い人たちが覚えるべきこと、できるべきことがどんどん多くなって覚えることできることが溢れてしまう。

経験では、
たくさん覚えても使う機会は少ない。
知らないより知っておいた方が良いくらいで、年寄りの「普通を」無批判に受け入れていると、本当に必要なことが分からなくなったりできなくなったりする。

昔の「普通」は教えてくれる年寄りは多いので比較的覚えられる。
ところが、新しいことは教えてくれる人がいないので、自ら調べ、自ら考えなくてはならない。
だから、昔の「普通」を覚える労力はそこそこにして、新しいことを覚えることに労力を割くべきだ。
それは、一生続くのだから。

同じ年代が集まって
「昔は良かったよね」「最近若者は...」は盛り上がるけど、
内輪話にしておいた方がよさそうだ。

「普通」は今現在において必要なことが「普通」なのだと思う。


最近の投稿】【最近の人材育成 】【よしなしごと】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2021年7月 6日 (火)

みずほ銀行報告書

ダメ会社あるある満載 みずほATM障害とトップの奇麗事 日経ビジネス (2021/6/22) 河合 薫

★教訓は、インシデント対応担当は、ポストではなくまだ無能化していない者を充てなければならないということ。

 みずほ銀行で発生したの障害の報告書を、システム障害という観点ではなく、組織風土の観点から論じた記事。

 河合薫氏によると、

今回の報告書には、仕事の最高の褒美が「ヒエラルキーを登ること」になっている大きな組織の問題点がつづられていた。「大企業あるある!本」とネーミングしたくなるほど面白かった。いや、面白いというのは不適切か。もとい。実に、興味深い内容だったのである。

らしい。

 ピーターの法則を引いて、

 無能化の元凶が階層組織にある以上、どんなに優れた能力を持つ人でも、階層組織の“わな”にはまらない「正しい努力」が必要不可欠だ。
 それはトップが「現場」を知ることであり、トップが「現場」との距離を縮めること以外、“わな回避”の打開策はない。

とおっしゃる。

 河合薫氏はトップの責任を指摘される。しかし、ピーターの法則は上層部だけの問題でなく、どの階層にも当てはまる。つまり、組織全体が総じて無能化しているということだ。ピーター先生によると、仕事はまだ無能レベルに達していない一部の社員によってなされるらしい。

 今回の事故は、まだ無能化していない社員だけでは対応できないくらいの規模だったのだろう。最初の対応が後手に回り被害を拡大させたため、少数の無能化していない社員だけでは対応できなかったのだろう。

★教訓は、インシデント対応担当は、ポストではなくまだ無能化していない者を充てなければならないということ。

 組織風土に原因を求める見立ては正しいのだろう。しかし、風土を変えるのは無理だろう。これまで大企業で自浄作用で風土改革した企業があるのだろうか?

 日産やSHARPは変わったが、会社が買収されそれまでの組織風土を否定された結果だ。みずほ銀行は3兆円にも及ぶ公金を注入されて生き延びた企業だ。自浄作用で風土改革ができるなら、その時に改革できていたはずだ。

 つまり、改革しない組織風土なのだ。


最近の投稿】【最近の事故防止】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2021年6月30日 (水)

好きのパワーは無限大 <笑顔のヒミツがココにある>

好きのパワーは無限大
挫折から学んだ多くのこと、笑顔のヒミツがココにある
ハラミちゃん
KADOKAWA

Photo_20210629235101

 NHK BSの駅ピアノ、空港ピアノというストリートピアノの番組を前から見ていた。日本でもストリートピアノが置かれるようになってきて、YouTubeで見かけるようになってきた。YouTubeでストリートピアノの動画を見ていて偶然ハラミちゃんの演奏を聴いた。

 YouTubeのストリートピアノの動画はドッキリ系の動画がけっこうあったりする。ハラミちゃんも金髪で帽子を被って肩からバッグをかけて、至ってカジュアルな見た目だから、最初はドッキリ系かと思ったら豈図らんや、終始ニコニコして楽しそうに弾いて、弾き終わると、まるで漫画のような目でニコニコしながら観客と話している。動画を見ているこちらが、幸せな気分になってくる。

 音楽は門外漢なので、どれだけ上手なのかはわからないけれど、聞いている人を幸せにする何かを持っているのだと思う。
Netで挫折した経験があるという記事があったので本を読んでみた。

ハラミちゃんは

人は、「才能×努力×環境」で成功できるかどうかが決まる。どこかでだれかから聞いた言葉です。

とおっしゃる。

 この3つの要素の中で変えられるのは「努力」だけだから、「努力」が必要という人は多い。
努力して成功した人は、努力は裏切らないといとか、努力は才能を超えるというけれど、それは一握りの成功者にだけ当てはまることだろう。努力では超えられない才能はたくさんある。特にトッププロの世界は努力だけで才能を超えられるほど甘くないと思う。ハラミちゃんの最初の挫折もそこのところだ。

 ところで、3つの要素の中で「環境」は天与のもので自ら変えることができないと思っている人は多いのではないだろうか。
「石の上にも3年」が好きな日本人のマインドにすり込まれた感覚なのかもしれない。しかし、「環境」は自ら変えることができる。

 「環境」は誰かが作った「場」や「フィールド」くらいの意味だろう。
自ら「場」や「フィールド」を作り出すことは難しいと思うかもしれない。ならば、今いる「場」や「フィールド」を変わればよい。

 自分は現在の位置にとどまって、周りの環境を変えようとするのではなく、自分が位置を変えることで「場」や「フィールド」を変えることができる。

 ハラミちゃんは、音楽家という「場」に「職業ピアニスト」という立ち位置で参加しようとして挫折し、IT企業といいう場に「ビジネスパーソン」という立ち位置で参加しようとして、努力したにもかかわらず挫折したらしい。そして、ストリートピアノという「場」に変えることで演奏家として成功した。

 ついでに言えば、成功か挫折かも自分で決めることだ。
と考えると、変えられないのは「才能」だけで、「努力」も「環境」も「成功/失敗の評価」も自分次第だ。


それは置いといて、
自分が楽しくピアノを弾いて、誰かが幸せになって、それで暮らしていけるなんて、人生の中でそうそう巡り会えるものではないくらい幸福だと、還暦を迎えたオヤジは思う。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2021年6月25日 (金)

AM/FMラジオ&トランスミッタ製作集

AM/FMラジオ&トランスミッタ製作集 トランジスタ技術編集部

Amfm

2028年までにAM放送をFMに切り替えるらしい。
(https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/10607/)

 FMでは山間部でAMと同じサービスエリアを確保できないのではないかと思う。しかし、人口がが多い都市部だけサービスするならFMに変えることができるだろう。FMラジオとAMラジオの価格は昔と違って差はない。

 大規模災害発生時の情報伝達手段としては、AM放送は今でも有効だ。しかし、昔と違って通信手段が増えたから、AM放送は一選択肢にすぎない。

 2019年に発生した台風15号の被害のように長期間停電して、有線網、携帯電話網も使えなくなることを考えるとAM放送は最後の命綱になるかもしれない。それでも、非常時のためだけにAM放送局は維持できないから、民放AM局が停波するのはやむを得ない。問題は、AMかFMかではなく、広告+電波によるブロードキャストというビジネスモデルの限界だろう。

 何年も前から放送事業は経営が悪化していて、大規模な設備が必要なAMラジオ放送は維持できないことは何年も前から指摘されてきたことだ。 非常時の放送は公共放送のNHKが担うのだろう。

閑話休題

 ゲルマニウム・ラジオや専用ICを使ったラジオは作ったことはあるけど、トランジスタ・ラジオを作ったことがない。

 停波する前に作ってみよう


最近の投稿】【最近のRF】【最近の書籍・雑誌】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

«起業の天才

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック