フォト
無料ブログはココログ

トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

配線した

配線した.
8031sbclyout

電源スイッチは省略!
ポリウレタン線を使用して裏面で配線した.

8031sbc

こんな感じ.

2011年8月25日 (木)

Intel FPO/BATCH コード

手に入れた8031の製造年月を調べてみた.

マーキングは

D8031marking

P80c31marking

2行目がFPO/BATCHコードといわれるもので,MCS51のFPOコードの解説はここ にあって
(Intelのサイトでは見つからなくなっているようだ。 2012/09/16)

 X X XX XXX
 | | | +--- Lot Code
 | | +----- Work Week
 | +------- Year
 +--------- Test Site
らしい.
これからするとD8031AHは1984年の25週,P80C31は1991年49週のようだ.

 このコードだと10年以上作るとちゃんと識別できないような気がする.
10年以上作らないということか?

2011年8月22日 (月)

図面を描いてみた

図面を描いてみた.
8031sbc

このくらいの規模だとサンハヤトの ICB-293U に収まるか

 この構成だとI/Oが8bitしかないので何かを制御しようとするとI/Oを増設しなければならない. とするとHCT139が必要となるなあ

2011年8月20日 (土)

8031

 昔のエレクトロニクスライフを眺めていたらBASIC52ボードの記事を見つけた.
当時は興味がわかずスルーしたのだと思う.

 ふと作ってみようと思い立ち 8052AH-BASICを探したのだが見つからない.
では,8752を買ってROMにBASICを書こうと考え8752を探したのだが,8752も見つからない.
じゃあということで8051,8031を探したところようやく見つけた.
(D8031AH,P80C31BH, MBL8051AH)

8031s1

 8031,8032を使ったSBCは海外ではよく見かける.
今回の用途は特定用途ではないのでROM化はしないで,プログラムはRAM上で動作し,
I/Oは拡張しない構成にしよう.
8031 + RAM(62256) + ROM(MON) の構成だと簡単に作れそうだ.

2011年8月12日 (金)

MC14500B

長いこと探していた MC14500B をようやく見つけた.
Mc14500bcp_2
厨房のころ初めて買ったトラ技に記事があった.
ほしいなと思って30数年経ってようやく手に入れることができた.

トップページ | 2011年9月 »