フォト
無料ブログはココログ

« 花見 | トップページ | トラ技 »

2012年4月14日 (土)

MCS48 開発ボード

この前買ったROMライタD8749が書けない。
KBC1-001のように8035+EPROMでデバッグしてちゃんと動くようになったら、頼んで8749に焼いてもらおう。(ライターを作るか)
だけど、デバッグの度にライタで書いてイレーサで消しての作業は効率が悪い。ヘタレなので昔を懐かしむといっても、ちょっとやりたくないなあというのが本音だ。

効率化を考えてみた。

  • ROMエミュレータ
  • EEPROM、FlashROM
  • デュアルポートRAM
  1. ROMエミュレータ
    昔ジャンクで買ったROMエミュレータがある。
    Romemu
    右端にLi電池が載っていたが端子に緑錆がでてきたので電池は外した。
    回路を起こしてみた。
    Romemu_2
  2. EEPROM、FlashROM
    HN58C65(8Kx8 EEPROM)があった。
    持っているROMライタで書けて、イレーサで消さなくてよいのでちょっと楽だ。
  3. デュアルポートRAM
    こんなのがあった。(これもマルツの現品処分)
    Mb8431
    2K×8bitのデュアルポートRAMである。

     ROMエミュレータもEEPROMも消す時間はかからないが、抜いたり挿したりの作業が必要だ。
    デュアルポートRAMなら挿しっぱなしで良くて、反対側のポートからFT2232のホストバスエミュレーションでアクセスすると簡単そうだ。
    更に7FEhにアクセスすると、割り込みを掛けることができる。

     こんな感じ
    Ucom48dev

« 花見 | トップページ | トラ技 »

MCS48」カテゴリの記事

コメント

回路図が間違っていたので修正した。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MCS48 開発ボード:

« 花見 | トップページ | トラ技 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック