フォト
無料ブログはココログ

« 人の付加価値 | トップページ | 中野四季の都市(セントラルパーク イースト) »

2012年5月27日 (日)

AVR CP/M Stick (3)

 SDカードが読めていないようなので、3.3Vの電源をFT232から取るのをやめてレギュレータを使うことにした。

Avrcpmstick3

ついでに電源周りの配線を太くした。
ついでに、5V-3.3Vのインタフェースに使っている2.2kの抵抗に10kをパラって1.8kにしておいた。
これでOKと思ったらやはりSDカードが読めない。

もう1度SDカードコネクタ周りの配線をチェックしていて気がついた。SDカードとマイクロSDカードでは端子配列が違うのである。
マイクロSDカードのソケットを使ったのだが、SDカードを使った図面を見て配線したので間違えたらしい。
Sd_if_5v

SDカード↑
マイクロSDカード↓ 
Usd_if_5v

CSとDIの配線が異なるので読めないはずである。

ようやく起動した。
Avrcpmstickbootok

このファームは、FAT16のSDの中にディスクのイメージをCPMDSK_A.IMG、CPMDSK_C.IMG、CPMDSK_C.IMG という名前で保存すればよいのでイメージファイルの扱いが楽である。

 ゲームが入ったBドライブにパックマンがあった。
Packman

キャラクタで作ってあって、モンスターは[M]、チェリーは[%]、パックマンは[<][^][>][v]、縦横の移動は[8][6][2][4]キーである。(懐かしい)

 フリスクのケースに入れてみた。
Avrcpmfrisk
ぢつは、フリスクのケースを使いたくて作ったようなものだったりする。


 

« 人の付加価値 | トップページ | 中野四季の都市(セントラルパーク イースト) »

AVR CP/M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AVR CP/M Stick (3):

« 人の付加価値 | トップページ | 中野四季の都市(セントラルパーク イースト) »