フォト
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

10,000アクセス

去年の9月(2011/9)にこのblogを初めて以来、今日10,000アクセスを超えたようだ。

残念ながら10,000番を逃してしまった。
Blog10004
残念。気がついた時には、10,004だった。

理系のトップはなぜダメなのか

理系トップはなぜダメなのか 諒純也 阪急コミュニケーションズ

Photo

 一般論として、理系vs文系の議論は血液型別の性格判断と同じ類だ、「B型はジコチュー」のように、「あるある」を見つけて安心するってやつだ。

 理系本が最近流行っているらしく、大抵は一部の理系人間の言動についておもしろおかしく解説したものだ。 「理系バカと文系バカ」(PHP新書) のように理系と文系両方を扱った本もあるが、理系の方が面白いのか、最近は理系ばかりがターゲットになっている感がある。

 この手の本に登場する理系の例は、理系且つオタクな人や理系且つマネージメント能力がない人達の話であって、理系の人全てがこの本に登場するような人ではないのだが、理系の人全てがそうであるかのように書かれている。(誇張しないと売れないしね) 

Photo

 この本に登場するのは、理系且つマネージメント能力がない人(濃い青の部分)の話である。
 ただ、著者の立ち位置は第1象限で、第4象限の人を第2第3象限の人に説明するというスタイルなので第1第4象限の人達にとっては”ヤな感じ”が否めない。

 大事なことは、この本に登場する「鳩菅」は理系の代表値ではないということである。
著者の諒氏も理系だからそのあたりは理解しているはずであり、「鳩菅は3σの外」と言いたかったところを少し遠慮して理系全体をバカということにしたと邪推した。

 理屈好きの欧米人が筋道立てて説明しているマネージメント論は理系には理解し易いと思う。 ところが、これらの理論は他人が制御可能であることを前提に考えられているので、特に日本的社会でそのまま実践するのは難しく、うまくマネージメントできない理系はいる。
 そもそも、マネージメントが難しいことは理系に限ったことではないのだが、この本に登場する”できない人”は理系ばかりなので読者は

 理系=マネージメントできない

のように感じてしまうのではないか。

 理系ムラでの会話

  • この仕事って、あそこの部長が「律速」なんだよな
  • おいおい、マーケットグラフの「微分係数」が落ちてない
  • あいつの場合、「3σの外」だよね

が理系ムラの外では通じないというのは、まったくそのとおりである。
ウチでは

  • この仕事って、あそこの部長が「ファイヤーウォール」なんだよな
  • あつとは、「30dB」違う(あいつとは雲泥の差がある)

等を使うことがある。

 「律速」や「微分係数」の概念をお互いに共有していれば簡単に意味が通じるが、概念を共有していない場合には、お互いが理解できる言葉を使って丁寧に説明しなければ通じないということである。
 この問題は理系だけの問題ではなく、「自分の常識を前提に他人と話してはならない」と書き直せば、業界方言やギャル言葉などと同じだ。

結論
 この本は、一部の理系人間の行動をとらえて理系全体がそうであるかのように論じている。
 諒氏は理系出身であるから、あえて、このような構成にしていると考えられる。
とすると、
みごとに「釣られた」という感じだ。
本も買ってしまったし、こんなところに駄文を書いているし...

2012年6月25日 (月)

USBワンセグチューナでSDR

USBワンセグチューナDS-DT305を買ってきた。
これでSDR(ソフトウェア・ラジオ)が使えるらしい。

 この手のワンセグチューナは、elonics E400やFCI FC0012等のワンチップ・チューナ(LNA,OSC,QquadMixer)が出力するI/QをDVB-Tデコーダー(RTL2832U)が復号しUBS経由でPCに送る作りらしい。
RealtekのRTL28332Uは、デコードしないでI/Qをそのまま出力するモードがあるらしく、このモードを使ってチューナのI/Q出力をPC側のSDRソフトで復号する仕組みらしい。

 ExtIO_USRP+FCD+RTL2832+BorIP-BETA_Setup.zip を使ってインストールすると、必要なドライバやHDSDR(SDRソフト)をインストールしてくれる。
こことか、ここを参考にしてインストールする。

HDSDRを使うなら
Setup
ここにチェックを付けておく。

 FM放送を聞くならWFMモードがあってステレオにも対応しているSDR#がよさそうだ。
Sdrsharp
HDSDRにはWFMモードがない。HDSDRのFAQにもあるように、outputのサンプルレートを9600にすると聞こえるようになるが、ステレオにはならない。
Hdsdr
HDSDRにはDRMがあるので一長一短だ。

 室内では全く受信できなかったので、共聴のアウトレットにつないでみた。
うちの共聴はFM放送やAM放送をFM帯域に変換して流しているので聞こえる。
Dt305

アマチュアバンドやエアーバンドが流れてないかと期待したがだめっだった。(そりゃそうだよね)

 同軸ケーブルの先にミノムシクリップを付けたダイポールを窓に付けてみた。我が家は集合住宅の3Fにあって、目の前に6階建てのマンションがあるのでロケーションは最悪でFM放送しか聞こえない。しばらく2mをワッチしてみたが1局も入感せず、夜になって430Mで数局入感した。

2mバンド全てをワッチできる。
Sdr2m1

クリコン(懐かしい響き)作ってSWを聞こう。 LOを設定すればいいらしい。



最近の投稿】【最近のRF

     

2012年6月22日 (金)

やる気

2012/6/8に『「見せかけの勤勉」の正体』について書いたので、やる気について考えてみた。

 昔々、難しくはないが大量の仕事を、プログラムを作って短時間で終わらせた部署より、休日に総出で人海戦術で終わらせた部署を評価した上司がいて、たいそうモチベーションが下がった記憶がある。汗かきっ子を評価したいわけだ。
 どちらもσ^^)がいた部署ではないが、技術屋の端くれとしては、技術を全否定された気分だ。「お前達の技術はとるに足らない。肉体労働+人海戦術でいく」というわけだ。

 このような評価をすると、腕の良い者にモラルハザードが起こる。
 腕の良い者は、自分の技能を使って仕事を早く終わらせると評価されないので、技能の劣る者よりちょっとだけ早く終わるように調整する。
調整して余った時間を、技能向上や学習に割り当てる者はまだ良いのだが、人間のやる気はそんなに持続しないので、ただの要領がいい奴(見せかけのやる気)になってしまう。

 若い人たちの研修に関わることがある。彼らが研修の最後に言う言葉はやる気に満ちている。おそらく「見せかけのやる気」ではないのだろう。 このときに必ず「自宅に帰るまでに自己投資せよ」とアドバイスするようにしている。
 本屋に寄って専門書を買って帰るとか、秋葉に寄って興味があるH/Wを買って帰るとかである。 何人が実行しているかは分からないが、丸善、書泉、八重洲ブックセンターや秋葉原には地方にはない雰囲気があるので、やる気に満ちていれば普通ではない気持ちになって、つい何か買ってしまうだろう。 この1歩が後々大きな差になるように思うのである。

 ”やる気”は有限で、しかも”やる気”の半減期は短い(3日坊主と言う諺があるように)。研修が終わって自宅に帰りホットした頃には、”やる気”が半分になっている可能性がある。

2012年6月20日 (水)

イノベーションのジレンマ

イノベーションのジレンマ クレイトン・クリステンセン 翔泳社
Photo←この帯は説得力があるなあ

 Google 20% ルールについて調べていたとき、このキーワードがよく出てくるので読んでみた。出張があったので往復の新幹線で読めた。

 トップを走っている優良企業がなぜ市場を失うかという話。最近始まったことではないが今なお同じ轍を踏む企業が後を絶たない。

 破壊的イノベーションに着目すると、

 破壊的イノベーションはCEOが意識していない限り、合理的に経営をしている組織では起こらない。

ということらしい。

 破壊的イノベーションを見つける方法としてGoogle 20% ルールのように企業活動に破壊的イノベーションの創造を組み込んでしまう方法があるが、問題は、首尾よく見つけた破壊的イノベーションの種を持続的イノベーションにつなげられるかである。
 「明日の100円より今日の10円」だからなあ。

2012年6月18日 (月)

マイケル・サンデル特別講義

6/16 NHK Eテレ「マイケル・サンデル 5千人の白熱教室」

 この講義は、東京国際フォーラムの開館15周年記念で行われた、『マイケル・サンデル特別講義@東京国際フォーラム「ここから、はじまる。民主主義の逆襲」』らしい。

 テーマは「すべてをお金で買えるのか」で、結論は、

市場主義を導入できることとできないことがある。どこまで市場主義を導入するかについては、その都度議論が必要である。

というごく当たり前の結論である。

 正解がない(ように見える)問題に対してサンデル先生は「議論しよう」といわれる。ところが、日本人は議論が苦手である。
 原発の安全評価会議の議論もそうだ。反対派はヒステリックに主張を叫ぶだけだし、賛成派は密室で決めてしまう。日本人は議論ができない民族だとつくづく思う。

 日本人が議論をする場合には、議論を仕切る絶対的な存在が必要なのだろう。
この特別講義においてサンデル先生はファシリテータを超えた絶対的な存在であったように思う。それは、参加者が望んでいたのかもしれない。

 朝まで生テレビの田原総一郎は絶対的存在ではないので、まともな議論が行われないのだろう。

2012年6月16日 (土)

urJTAG(2)

  urJTAGでバウンダリスキャンしてみる(2)

urJTAGを使ってLCMXO2280 breakout bordをバウンダリスキャンする。
urJTAGの設定はここを参照。

  1. IDレジスタを読む
    jtag> instruction IDCODE
    jtag> shift ir
    jtag> shift dr
    jtag> dr
    00000001001010001101000001000011
    jtag> idcode
    Reading 0 bytes if idcode
    Read 01000011 11010000 00101000 00000001 00000000 00000000 00000000 00000000
    jtag>
    

    jtag> instruction IDCODE ← インストラクションを指定:IDCODE
    jtag> shift ir ← インストラクションレジスタにセット
    jtag> shift dr ← バウンダリスキャンレジスタをシフト
    jtag> dr ← 
    バウンダリスキャンレジスタを表示

     データを読む場合の操作は、インストラクションを指定→インストラクションレジスタ(IR)をシフト→バウダリスキャンレジスタ(BSR)をシフト→BSRを表示
     データを書く場合の操作は、インストラクションを指定→IRをシフト→BSRに値をセット→BSRをシフト
    である。 
  2. ピンの状態を読み取る
     ピンの状態を読み取る場合には、SAMPLE/PRELOADコマンドを使用する。
    jtag> instruction SAMPLE/PRELOAD
    jtag> shift ir
    jtag> shift dr
    jtag> dr
    11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111
    11111111111111111111111111111111111000101100100010001111111111111111111111111111
    11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111
    11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111
    11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111
    11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111
    1111111111111111111111111111111111111111111111111111011111111111
    jtag>
    

    太字の部分がLEDが繋がっているポートである。
    良く見るとLEDは8個しかないのにデータが多い。
    回路図を見ると、 8個のLEDは、CPLDのピンPB14D,PB15A,PB15B,PB15D,PB16A,PB16B,PB16C,PB16Dに接続されていることが分かる。
    Lcmxo2280_led

     これらのピンの素性はBSDLに記述されている。
    ---lcmxo2280c_cabga256.bsm---
    attribute BOUNDARY_REGISTER of LCMXO2280C_XXB256 : entity is
      :
    "413 (BC_7, PB16D, bidir, X, 412, 1, Z), " &
    "412 (BC_2, *, control, 1), " &
      :
    
    PB16DはBSRの413番目のレジスタに接続されている双方向のポートであって、方向の制御はBSRの412番目のレジスタで行うことを示している。 つまり、入出力を行う際には、この2つのレジスタに値をセットする必要があるということである。
    ピンの制御を行う際にいちいち2ビット制御するのは面倒なのでsetコマンドを使う。
    PB16Dに"0"を出力したい場合には set signal PB16D out 1 のように指定する。 このLEDは"0"を出力すると点灯、"1"を出力すると消灯なので点灯させてみる。

    jtag> instruction EXTEST
    jtag> shift ir
    jtag> set siglan PB16D out 0
    jtag> shift dr
    

    EXTESTは指定したビット列を出力する命令である。
    set signalコマンドでPB16Dに"0"を出力する設定にして、BSRをシフトすることでビット列がピンに出力される。 
    Lcmxo2280_led7_on
  1. まとめて処理
    1ピンずつ手動で制御するのも面倒だし間違えることがあるので、決まった手順はスクリプトを作って自動的に制御させる。
    ---led1.txt---
    set signal PB14D out 1
    set signal PB15A out 1
    set signal PB15B out 1
    set signal PB15D out 1
    set signal PB16A out 1
    set signal PB16B out 1
    set signal PB16C out 1
    set signal PB16D out 1
    shift dr
    
    set signal PB14D out 0
    shift dr
    usleep 50000
    usleep 50000
    set signal PB15A out 0
    shift dr
    usleep 50000
    usleep 50000
    set signal PB15B out 0
    shift dr
    usleep 50000
    usleep 50000
    set signal PB15D out 0
    shift dr
    usleep 50000
    usleep 50000
    set signal PB16A out 0
    shift dr
    usleep 50000
    usleep 50000
    set signal PB16B out 0
    shift dr
    usleep 50000
    usleep 50000
    set signal PB16C out 0
    shift dr
    usleep 50000
    usleep 50000
    set signal PB16D out 0
    ---led1.txt---
    
    このようなファイルを作って
    jtag> cable ft2232
    Connected to libftd2xx driver.
    jtag> detect
    IR length: 8
    Chain length: 1
    Device Id: 00000001001010001101000001000011 (0x000000000128D043)
      Manufacturer: Lattice Semiconductors
      Part(0):         LCMXO2280-caBGA256
      Stepping:     0
      Filename:     c:\program files\urjtag\data/lattice/lcmxo2280c-cabga256/lcmxo2280c-cabga256
    jtag> instruction EXTEST
    jtag> script led1.txt
    jtag>
    

    LEDが1秒間隔で順に点灯する。
    Ledbar3_3
    ダウンロード LEDbar3.mp4 (975.6K)

2012年6月15日 (金)

中野四季の都市(セントラルパーク・ウエスト)

6/6に中野四季の都市セントラルパーク・ウエストが竣工したらしい。まだ内装をやっているようだ。
Photo_2 ←旧囲町公園あたりから西側を撮影
セントラルパーク・ウエストの前の欅並木。ずいぶん立派な並木だ。
布が巻いてないので、移植された木ではなく以前からあったものだろうか。

2012年6月14日 (木)

なぜマネージメントは壁につきあたるのか

なぜマネージメントは壁につきあたるのか 田坂広志 東洋経済新聞社
Photo

余白
 田坂広志氏の書籍を読むと文字が少なく余白が多いと感じる。しかし、内容が薄いというわけではなく、むしろ濃い。
 欧米の書籍は、自説を補強するための事実や引用が多い。カーネギーの「人を動かす」も、「あなたがリーダーに変わるとき」もそうだ。そこまで、くどく引用しなくてもと、ちょっと辟易してしまう。
 一方、田坂氏は明快だ。自説を最小限の言葉で伝えようとする姿勢が伝わる。余白は、読者にみずから考えよというメッセージか。
 多民族であるが故に、常識、人生観、価値観が異なる他人に伝えるためには自説だけでなく自説を補強する事実を示さなければ伝わらない民族と、常識、価値観を共有しているが故に、多くを語る必要のない日本人の差であろう。

成長の場
 第11講 なぜ「教育」しても部下が育たないのか? 「成長の場」ということ
から引用すると。

「成長の場」ということを考えるとき、マネージャーが絶対に忘れてはならない条件があるのです。

それは、「空気」という条件です。

組織には、「メンバーを成長させる空気」というものがあるのです。
そして、我々マネージャーが、部下の成長を支えたいと願うならば、職場に、その「空気」を生み出すことができるかが問われるのです。

空気の教育で外山滋比古先生が、「好きなこと」だけで生き抜く力で宮脇氏が述べているように、人を育てるには「空気」や「場」が必要ということである。そして、「空気」が生まれる条件として田坂氏は次のように述べている。

  • マネージャー自信が、成長すること。
  • マネージャー自身が、成長し続けること。
  • マネージャー自身が、成長したいと願い続けること。

更に、

マネージャーに求められるものは、一人の上司として部下に「何を教えるか」ではありません。
マネージャーに求められるものは、一人のビジネスマンとして自分が「何を学ぼうとしているか」です。

つまり、「場」を作り「空気」を生むのはマネージャーであり、新人の教育は現場の担当に任せ、マネージャーは適宜報告を受けておけば良いという姿勢では人材は育たない。

暗黙知
 今や、人材育成はマネージャーに課された大きな課題である。
部下がどのような人材に成長してほしいかを考えるとき、答えは簡単だ。「マネージャーを越える人材に育ってほしい。」である。
 マネージャーを越えるためには、自ら成長できる人材になることが必要である。部下が自ら成長できるようになれば、マネージャーを越えることが可能で、将来訪れる困難な問題も解決できるだろう。
 自ら成長する方法は暗黙知が占める割合が多いので形式知、言語知にすることは困難である。人材育成はマネ―ジャー自身が、いかに暗黙知を得て、いかに暗黙知を伝えるかということであるが、暗黙知を伝える方法もまた暗黙知であるから明文化された「暗黙知を伝える手法」(マニュアル)は無い。
 では、部下を育てるためにどうするか?マネージャー自身が暗黙知を得る課程を育てようとする部下に見せること以外には無い。

 今現在どんなに高いスキルを持っていようが、どんなに高い地位にいようが、成長が止まったマネージャーは人材を育成することはできないのである。

一人考える
 頭の良い人たちは、人材育成の普遍的な方法があると勘違いしているのか安易に「人材育成」を口にする。
人材育成=自らの成長 と考えれば、相当の覚悟が必要なことは自明なのだが。

 人材育成には、組織を構成する者がいかに行動すべきかという組織の理念が重要である。その理念が脇に置かれ人材育成の手法だけが議論されてはならない。

2012年6月13日 (水)

urJTAG(1)

urJTAGでバウンダリスキャンしてみる
LCMXO2280とFT2232Hが載っているLCMXO2280 break out board(LCMXO228-BB-ENV)を買ってみた。
Lcmxo2280_bb_env

LCMXO2280C-B-ENVをurJTAGでバウンダリスキャンするまでのメモ

  1. ダウンロード
    urJTAGのページ
    から最新版をダウンロードしてインストール
  2. 実行
    インストールディレクトリのjtag.exeを実行すると、メッセージが表示された後に、プロンプト( jtag> ) が表示され、コマンドが入力できるようになる。
    helpコマンドで使えるコマンドが表示される。また、"help コマンド"でコマンドの詳細が表示される
    UrJTAG 0.10 #1502
    Copyright (C) 2002, 2003 ETC s.r.o.
    Copyright (C) 2007, 2008, 2009 Kolja Waschk and the respective authors
    
    UrJTAG is free software, covered by the GNU General Public License, and you are
    welcome to change it and/or distribute copies of it under certain conditions.
    There is absolutely no warranty for UrJTAG.
    
    WARNING: UrJTAG may damage your hardware!
    Type "quit" to exit, "help" for help.
    
    jtag> help
    Command list:
    
    quit          exit and terminate this session
    help          display this help
    frequency     setup JTAG frequency
    cable         select JTAG cable
    reset         reset JTAG chain
    discovery     discovery of unknown parts in the JTAG chain
    idcode        Read IDCODEs of all parts in a JTAG chain
    detect        detect parts on the JTAG chain
    signal        define new signal for a part
    scan          read BSR and show changes since last scan
    salias        define an alias for a signal
    bit           define new BSR bit
    register      define new data register for a part
    initbus       initialize bus driver for active part
    print         display JTAG chain list/status
    part          change active part for current JTAG chain
    bus           change active bus
    instruction   change active instruction for a part or declare new instruction
    shift         shift data/instruction registers through JTAG chain
    dr            display active data register for a part
    get           get external signal value
    test          test external signal value
    shell         shell cmmd
    set           set external signal value
    endian        set/print endianess
    peek          read a single word
    poke          write a single word
    pod           Set state of POD signal(s)
    readmem       read content of the memory and write it to file
    writemem      write content of file to the memory
    detectflash   detect parameters of flash chips attached to a part
    flashmem      burn flash memory with data from a file
    eraseflash    erase flash memory by number of blocks
    script        run command sequence from external file
    include       include command sequence from external repository
    addpart       manually adds parts on the JTAG chain
    usleep        Sleep some number of microseconds
    svf           execute svf commands from file
    bsdl          manage BSDL files
    debug         debug jtag program
    
    Type "help COMMAND" for details about a particular command.
    jtag> 

  3. ケーブルの選択
    urjtag>help cableで使用できるケーブルのリストが表示される。
    このボードにはFT2232Hが載っているのでFT2232(Generic FTDI FT2232 Cable)を使う。urjtag>cable ft2232 helpでFT2232ドライバのパラメータが表示される。
    jtag> help cable
    Usage: cable DRIVER [DRIVER_OPTS]
    Select JTAG cable type.
    
    DRIVER      name of cable
    DRIVER_OPTS options for the selected cable
    
    Type "cable DRIVER help" for info about options for cable DRIVER.
    
    List of supported cables:
    ARCOM         Arcom JTAG Cable
    ByteBlaster   Altera ByteBlaster/ByteBlaster II/ByteBlasterMV Parallel Port Down
    load Cable
    UsbBlaster    Altera USB-Blaster Cable
    FT2232        Generic FTDI FT2232 Cable
    JTAGkey       Amontec JTAGkey (FT2232) Cable
    ARM-USB-OCD   Olimex ARM-USB-OCD[-TINY] (FT2232) Cable
    gnICE         Analog Devices Blackfin gnICE (FT2232) Cable (EXPERIMENTAL)
    OOCDLink-s    OOCDLink-s (FT2232) Cable (EXPERIMENTAL)
    Signalyzer    Xverve DT-USB-ST Signalyzer Tool (FT2232) Cable (EXPERIMENTAL)
    Turtelizer2   Turtelizer 2 Rev. B (FT2232) Cable (EXPERIMENTAL)
    USB-to-JTAG-IF USB to JTAG Interface (FT2232) Cable (EXPERIMENTAL)
    Flyswatter    TinCanTools Flyswatter (FT2232) Cable
    usbScarab2    KrisTech usbScarabeus2 (FT2232) Cable
    DLC5          Xilinx DLC5 JTAG Parallel Cable III
    EA253         ETC EA253 JTAG Cable
    EI012         ETC EI012 JTAG Cable
    IGLOO         Excelpoint IGLOO JTAG Cable
    KeithKoep     Keith & Koep JTAG cable
    Lattice       Lattice Parallel Port JTAG Cable
    MPCBDM        Mpcbdm JTAG cable
    TRITON        Ka-Ro TRITON Starterkit II (PXA255/250) JTAG Cable
    WIGGLER       Macraigor Wiggler JTAG Cable
    WIGGLER2      Modified (with CPU Reset) WIGGLER JTAG Cable
    xpc_int       Xilinx Platform Cable USB internal chain
    xpc_ext       Xilinx Platform Cable USB external chain
    jlink         Segger/IAR J-Link, Atmel SAM-ICE and others.
    
    jtag> cable ft2232 help Usage: cable FT2232 [vid=VID] [pid=PID] [desc=DESC] [driver=DRIVER] VID        vendor ID (hex), defaults to 0000 PID        product ID (hex), defaults to 0000 DESC       Some string to match in description or serial no. DRIVER     usbconn driver, either ftdi-mpsse or ftd2xx-mpsse            defaults to ftd2xx-mpsse if not specified
    jtag> cable ft2232 Connected to libftd2xx driver.
    jtag>
    FTDIのFT2232を使ったケーブルはたいてい使えるようだ。他にAlteraのUSB-Blasterにも対応している。
     
  4. デバイスの識別
    IDCODEを表示させて、デバイスを自動識別させる(jtag> detect)が識別されない。
    jtag> cable ft2232
    Connected to libftd2xx driver.
    jtag> idcode
    Reading 0 bytes if idcode
    Read 01000011 11010000 00101000 00000001 00000000 00000000 00000000 00000000
    jtag> detect
    IR length: 8
    Chain length: 1
    Device Id: 00000001001010001101000001000011 (0x000000000128D043)
      Manufacturer: Lattice Semiconductors
      Unknown part!
    chain.c(149) Part 0 without active instruction
    chain.c(200) Part 0 without active instruction
    chain.c(149) Part 0 without active instruction
    jtag>
    

    DeviceIDは取得できているが、urJTAGにはデフォルトでLCMXO2280Cが登録されていないので、Unknown part!となる。
    自動機別させるためにはjrJTAGにLCMXO2280を登録する必要がある。
     
  5. デバイスの登録
    LCM2280C-B-ENVに使用されているチップは ftBGA256なので、以下のcaBGAはftBGAに読み替えること。(2012/7/19)

     LatticeのサポートページからLCMXO2280C caGBA256のBSDLファイル(lcmxo2280c_cabga256.bsm)をダウンロードする。
    lcmxo2280_cabga256.bsmをエディタで開いて”IDCODE_REGISTER”を探すと、detectコマンドで表示されたDeviceIDがCompany code, Device specific number, Version numberに分かれていることが分かる。この情報を元に識別用の情報をurJTAGに登録する。
     
    ---lcmxo2280c_cabga256.bsm---
        :
    --IDCODE and USERCODE register definition
        attribute IDCODE_REGISTER of LCMXO2280C_XXB256 : entity is
            "0000" &    --Version number
            "0001001010001101" &    --Device specific number
            "000001000011";    --Company code

        :

    Company Codeは、~\urJTAG\data\MANUFACTURERSに既に登録されている。LCMXO2280C-caBGA256の登録方法は次のとおり
    1. ~\urJTAG\data\lattice\PARTSの編集
      PARTSの最終行にlcmxo2280c-cabga256とDevice specific number を登録する。
      ---PARTS---
      0001001010001101  lcmxo2280c-cabga256   LCMXO2280-caBGA256
       
    2. ~\urJTAG\data\lattice\lcmxo2280c-cabga256ディレクトリの作成
      ~\urJTAG\data\lattice\lcmxo2280c-cabga256ディレクトリを作って、その中にSTEPPINGSとlcmxo2280c-cabga256を作る。
      STEPPINGSにはVersion numberを記述する。
      ---STEPPING---
      # bits 31-28 of the Device Identification Register
      0000    lcmxo2280c-cabga256    0


      lcmxo2280c-cabga256には内部レジスタとピンの情報を記述する。
       
    3. ~\urJTAG\data\lattice\lcmxo2280c-cabga256\lcmxo2280c-cabga256の作成
      bsdlコマンドを使用すると自動的にbsdlファイルからinstructionコマンド、signalコマンド、bitコマンドを作成してくれる。
      urjtag> bsdl dump lcmxo2280c_cabga256.bsm
                         (dump が抜けていた! 2013/10/2)
      の結果をlcmxo2280c-cabga256にコピペする。urJTAG.exeを起動後プロパティで画面バッファサイズを大きくしておかないとコマンド実行結果が全てコピペできない。

      または、bsdlコマンドを記述したbsdl.txtを作り、lcmxo2280c_cabga256.bsmと同じディレクトリに置いて、
      ---bsdl.txt---
      bsdl dump lcmxo2280c_cabga256.bsm

      c:\hoge> urJTAG\jtag.exe bsdl.txt > lcmxo2280c-cabga256


      で作る。先頭数行のwarnigは削除しておく。
       
  6. 自動識別
    detectコマンドで自動識別させてみる。
    jtag> cable ft2232
    Connected to libftd2xx driver.
    jtag> detect IR length: 8 Chain length: 1 Device Id: 00000001001010001101000001000011 (0x000000000128D043)   Manufacturer: Lattice Semiconductors   Part(0):         LCMXO2280-caBGA256   Stepping:     0   Filename:     c:\program files\urjtag\data/lattice/lcmxo2280c-cabga256/lcmxo2280c-cabga256
    jtag>

このブログので長文&&HTMLレベルの編集をしようとすると大変だ。
その都度修正ということで...


竹本浩さんのページUrJtagを使うを参考にしました。

2012年6月11日 (月)

改訂新版 定本 トロイダル・コア活用百科

ここのアマチュア無線カテゴリーにも参加しているのだが、そういえば無線関係の話をあまり書いたことがない。初めての無線ネタかも

高周波回路自作のバイブル

 タイトルはトロイダル・コア活用だが、内容は設計方法、具体的なインダクタンスの求め方まで説明してある。

 フィルタ回路や小信号増幅器の章は、参考回路も多く回路設計の参考書である。
FCZコイルが製造中止になったがその代替としては、トロイダル・コア+トリマより10K、7Kボビンの方が手軽である。トロイダル・コアだけでなく10K7Kボビンに自分で巻く場合にも参考になる。

トロイダル・コア活用百科
Img_5779
ずいぶん前に買って、ずいぶん読んだので糊が割れてしまった。
Img_5780

絶版になった後に定本シリーズで改訂版が出たので、もう1冊ほしいと思っていたら改訂新版 定本 トロイダル・コア活用百科【PDF版】が出ていることを知った。
紙版\3,360でPDF版\2,730なので紙代分安いのか。

 この本を参考にして広帯域AMPを作ったことを思い出し、探したら出てきた。
Amp
真面目にf特も取ってケースに貼ってある
±1dBで700KHz~20MHz(上)
1dBゲインコンプレッション0dBm(下)なぜマーカがこの位置に?
Amp1

内部 生基板の上にランドを張り付けている。
Amp2 Amp3
Trは2SC2369を使っている。1.2Gで遊んでいたときに買ったもの。

2012年6月10日 (日)

情熱大陸 小田和正

 小田和正は特に好きではないのだけれど、才能が枯れて過去にしがみついてる感がある長淵より評価できるようになった。

 若いころ小田和正は、メロディダラダラコードは3っつなどと揶揄されていたけれど、今だにメロディダラダラをやって皆に感動を与えられるのは尊敬に値すると思う。
いい歳を取っているなあと、ちょっとうらやましい。

 小田和正は、井上真央が取材するという企画だから受けたのかと思う。
「『準備できていない』は言い訳にならない」は井上真央がいたから言えた言葉かもしれないと思う。普通の情熱大陸の取材でテレビ局の人間に対してこの言葉を言いたくなかったのだろう。娘くらいの年代の井上真央だから言えた言葉かもしれない。(とすれば、企画は大成功だけれど。)

 来週もあるらしい。
今日のところは、小田和正!ちょっとスイッチ入ったぞ。井上真央頑張れという感じだ。

2012年6月 8日 (金)

「見せかけの勤勉」の正体

「見せかけの勤勉」の正体 太田肇 PHP
Photo

 なんとなく気が付いていたことがハッキリとわかった気がする。古くから日本社会が抱える問題のようだ。
 30年前にこの本を読みたかった。「なんだ、みんな、やる気あるふりをしていたんだ」と安心した。

 σ^^)は分かり易い性格らしく、やる気が無いときはやる気のない雰囲気を出していた(全開だった?)ようで両親にもやる気がないと思われていたらしい。40過ぎて「覇気がない」と言われたこともある。

 ”やる気スイッチ”は興味があることには簡単にONになるが自動OFF機能付きだ。 興味がないことについてはONにならない。下手をするとONだった”やる気スイッチ”がOFFになってしまう。

 若いころは感情に任せていたが、歳をとったので意識的に”やる気スイッチ”を入れる方法を考えるようになった。島村ジョーのように奥歯に加速スイッチがあればよいのだが、意識的な”やる気スイッチ”のONは難しい。

 とりあえず週明けの”やる気スイッチ”を入れるために、毎週情熱大陸を見るようにしている。登場する人は前向きの人が多いので、これを利用して週明けの”やる気スイッチ”を入れるのだ。 2008/03/16の山口絵理子氏とか2009/07/26の吉岡秀人氏のようにかなり長期間スイッチが入ることもあるが、2011/7/10の前田敦子や 2012/03/04の内田篤人のように登場人物が悩んでいるとスイッチが入らないこともある。
 
 他人を、”やる気”で評価するのはやめようと思う。
子供の頃から鍛えた(鍛えざるを得なかった)”見せかけのやる気”を見破ることは困難だ。なぜ気が付かなかったのだろう。

 「管理するな」はジャック・ウェルチも言っていたことだ。まして、他人のやる気など管理できるはずがない。

 忘れかけた頃にもう一度読もう。

2012年6月 5日 (火)

FRISK USB-Serial

 1年位前に秋葉でフリスク基板を見つけ衝動買いした後で、何か作ってみようと考えて作った。

ちょうどAVR CP/Mを作っていたので、USB-Serialの部分をFRISKに入れることにした。
Friskserial

USB-Serialのチップは FT232BM 買ってからずいぶん放っておいたもの。
部品はほとんどピッチ変換基板上に実装したので、フリスク基板にはUSBコネクタ、チップコン、ヘッダピンしか乗っていない。
Friskserial1

コネクタ部分
信号はD-SUB9と同じ配置にしてある。
右2列のジャンパーでIO電圧を3.3V/5Vに切り替えられる。
Friskserial2

2012年6月 4日 (月)

正論を吐く

会議に出た
歳をとったので、発言する機会が回ってくるようになった。
若いころは会議に出ても発言する機会もなく、「何言ってんだ此奴ら」と思うことも多く、ひとこと言わせろと思っていたが、いざ発言する機会があるといろいろ考えるものだ。

ずいぶん若いころは、第3者の観点で正論を語っていた。これは楽だ問題点を指摘するだけでよい。
歳をとってスレてくると、「とは言っても現実は....」と言っていたような気がする。この言いぐさも楽だ。自分は何を解決するか言わなくてよい。
そして、さらに歳をとった今は、あえて「正論を吐く」ことが課題である。正論を吐くことは天に唾する行為と同じで必ず自分に降りかかってくる。

「正論を吐く」ときには、当然「お前は、できるんだろうな」を自分自身に問いかけ、覚悟を決めなければならない。

2012年6月 1日 (金)

Digikeyは速い

5/30にDigikeyは厳しいと書いた注文は、5/29 22:45に発送したメールが来て5/31には着荷した。ミネソタ州の知らない町から出荷されケンタッキー、アラスカ アンカレジを経由して3日で届くのはすごいことだと思う。

 今回はチップヒューズを買った。
Chipfuse
品番ばかり気にしていたら、1005を買うつもりが0603だった。パターンにちゃんと載るかしら。

\7,500以上にならないと送料\2,000かかるので、
20120531
ついでにMachXO2280とSTM32Discoveryも注文した。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »