フォト
無料ブログはココログ

« 電子回路大辞典 | トップページ | Forming Handwritten-Like Digits on CRT Display (2) »

2012年8月25日 (土)

Forming Handwritten-Like Digits on CRT Display

電子回路大辞典に載っている、オシロをX-Yモードにして数字を描かせる回路

0 1 2

3 4 5_2

6 7_2 8_2

9

すべて受動素子しか使っていないところがミソである。

基本的には↓の移相回路で移相した波形をダイオードで合成して必要な波形を作っている。
Ps
↑の移相回路は振幅は変わらず180°まで位相できる。

’0’、’1’の回路は面白くないので’2’を作る回路をシミュレーションしてみた。
トランスの2次側電圧がわからないのでとりあえず6Vでやってみる。
1N222がどんなダイオードか判らない。ぐぐってみるとデータシートは見つからなからず、zenerだったりGeneral Purpousだったりだ。zenerではないので1N4148でやってみる。

Num2_2

Num2wav 2wave

(1)の波形は反転している。(2)は本に載ってる波形とちょっと違うようだけど...

 見やすいように(1)を反転してプロットしてみた。
Num2xy1

’8’に見えるけど一部をブランキングしたら
Num2xy2

ちゃんと’2’に見える。

シミュレーションしただけで作ったつもりになってはいけない。

« 電子回路大辞典 | トップページ | Forming Handwritten-Like Digits on CRT Display (2) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/55472351

この記事へのトラックバック一覧です: Forming Handwritten-Like Digits on CRT Display:

« 電子回路大辞典 | トップページ | Forming Handwritten-Like Digits on CRT Display (2) »