フォト
無料ブログはココログ

« JRC MUSES | トップページ | コンピュータが仕事を奪う »

2013年1月29日 (火)

キーワード分析 2012

2012年にこのブログに書いた駄文をPoralisを使ってkeyGraph分析してみた。

 keyGraphは、東京大学大学院工学研究科 システム創成学専攻 大澤幸生 教授が提唱する手法で、すごくざっくり言うとキーワードの出現頻度及び共起関係を可視化するツールである。詳しくはこことか、大澤幸生教授の論文を参照のこと。

このブログの分析結果↓
Blog2012

 黒いノードは出現頻度の高いキーワードで、ほかのキーワードと共に使われる(共起する)とノード間が線で結ばれる。(リンク)
 黒に緑の縁取りがあるノードは出現頻度が高くリンクが多いノード、つまり重要なキーワードということになる。
 赤いノードは出現頻度は低いけれど、出現頻度の高いキーワードと共に使われたキーワードで、重要なキーワードの関係を示すのだそうだ。
例えば、上のグラフで「人材」と「空気」は重要なキーワード(緑縁)で赤いノード「マネージャー」で繋がっているので、「マネージャー」というキーワードは出現頻度は低いけれど重要であることが分かるのだそうだ。

 2012にこのブログに書いたことを一言で言うと、

人材育成や職場の空気の醸成にはマネージャーが重要である。

ということか。

 このブログ本来テーマであるCPU関係のキーワードが少ないような気がするが、画像やリストが分析対象になっていないからかもしれない。

« JRC MUSES | トップページ | コンピュータが仕事を奪う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/56593963

この記事へのトラックバック一覧です: キーワード分析 2012:

« JRC MUSES | トップページ | コンピュータが仕事を奪う »