フォト
無料ブログはココログ

« 原理主義者 | トップページ | CharlieplexingでBinary Clock »

2013年1月 9日 (水)

採用基準

採用基準 伊賀泰代 ダイヤモンド社
Photo

マッキンゼーの採用担当だった著者が書いたリーダシップ論。

 あえてタイトルを「採用基準」にしたのはこれから就活しようとする学生の目を引くためか?

 伊賀泰代氏がいうようにマッキンゼーにおける思考様式、行動様式(社風)は理想的であろうが、人の思考様式、行動様式を変えることは困難である。

オヤジの感想はだいたいこんなもんだ。伊賀泰代氏もそのあたりは分かっているのか、思考様式、行動様式を変えることが難しいオヤジたちは措いておいて次世代を担う若者(学生)の啓蒙をしているのかと思う。

 日本型社会においては、リーダー≒管理者だけど、リーダーシップは誰でも習得、発揮できるスキルであって、誰でもリーダシップが発揮する組織にすることが重要というもの。

 日本型社会においてリーダーシップを発揮することは難しい。出る杭は打たれるのである。打たれないほど出る(カリスマ)か、役を与えられた者でなければリーダーとして認められない。
「役職は与えられるもの、リーダーは認められるもの」という考え方も根底は同じで、リーダーシップは誰でも発揮できるものではないという前提の下にある。

 伊賀康代のいうリーダーシップは「問題解決のために論理的に思考し積極的に行動する能力」といったところか?従来のリーダーシップより広い概念のようだ。
抽象的だけれど「自らを律する能力」か。

 伊賀泰代がいうリーダーシップを考えて行動していれば、マネージャになったとしても困ることはないだろう。日本型社会の問題点は、フォロワーの時にはリーダーシップを期待されず、マネージャになった途端リーダシップも期待されるところにある。リーダーシップを昇任の前提にもしていないことも問題である。

 リーダーは参謀として地頭のいい人を使うことができますが、「頭のいい人がリーダーシップのある人を参謀として登用し、成果を出す」ということは概念上ありません。 
 引用:P221

 オヤジは諸葛孔明が好きだからなあ...

 伊賀康代氏は、「問題解決のために論理的に思考し、議論し、最善手を見つけ、実行する」組織にするために、自らの意志で採用を担当し、そういう世の中にするために、若者の啓蒙をしているわけだ。

 オヤジたちも半径3mから始めよう。

###

 ところで、ネットの噂によると著者の伊賀泰代氏は社会派ブロガーちきりん氏疑惑があるらしい。

« 原理主義者 | トップページ | CharlieplexingでBinary Clock »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/56395631

この記事へのトラックバック一覧です: 採用基準:

« 原理主義者 | トップページ | CharlieplexingでBinary Clock »