フォト
無料ブログはココログ

« Stereo 2013/1 | トップページ | 原理主義者 »

2013年1月 4日 (金)

USB DAC

Stereo誌213/1のオマケUSB-DAC(PCM2702+NJM4558++NJM4556)について書いた。

 以前CQ誌に掲載されたSDRを作ろうとしたら、ノートパソコンにオーディオ入力がなく、USB-CODECを作ったのを思い出した。
Pcm2902

CODECはBBのPCM2902E
Pcm2902e1
OP-AMPはBBのOPA2353
Opa23531

回路はTIのアプリケーションノートのとおりである。
DAC出力も付けておいたので聴いてみた。

 どちらが良いというわけではないが、確かにLXU-OT2(Stereo誌のオマケ)とは違う。(ここでうまく言い表せたらオーディオ雑誌に記事が書けるかも)

 PCM2902とPCM2704との違いはADCの有無だから音の差はOP-AMPなどのアナログ部品・回路の差ということだ。
USBケーブルの差は分からなったけれどOP-AMPの差なら分かりそうだ。

 いかんいかん、どっちで聴いても不満はないのだから深入りしないようにしなくては。

« Stereo 2013/1 | トップページ | 原理主義者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: USB DAC:

« Stereo 2013/1 | トップページ | 原理主義者 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック