フォト
無料ブログはココログ

« 一流の職人に学ぶ人づくりの流儀 | トップページ | 京都花街の経営学 »

2013年4月23日 (火)

僕がどうやって風をつかまえたか/血液を採らない血液検査

 4/21 NHK Eテレのスーパープレゼンテーション再放送は、短いプレゼンテーションが2本。

ウィリアム・カムクワンバ氏の「僕がどうやって風をつかまえたか」
ミシュキン・インガワーレ氏の「血液を採らない血液検査」
スーパープレゼンテーションのページに動画がある

 本家TEDTalksにある動画(字幕付)は
ウィリアム・カムクァンバ: 私がやって見せた風力発電
ミシュキン・インガウェル:採血なしの血液検査

 若い2人のプレゼンを聞いて、

  • 知識を得ることと、その知識を使って何かを造ることは環境に依存しない
  • 知識は、問題を解決するためにある

と思った。

ウイリアム・カムクワンバ氏の「やってみて、そして作りました」、
ミシュキン・インガワーレ氏の「できると思ったから作った。でも動かなかったので32回作り直しました」
はいいなあと思う。

 知識はテストの点数を稼ぐためでなく、問題を解決するために、何かを作り・造り・創り出すために使うべきだと思う。

« 一流の職人に学ぶ人づくりの流儀 | トップページ | 京都花街の経営学 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕がどうやって風をつかまえたか/血液を採らない血液検査:

« 一流の職人に学ぶ人づくりの流儀 | トップページ | 京都花街の経営学 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック