フォト
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

開発改善コンクール

今すぐに役に立たないこと(2013/4/8)で「開発改善コンクール」について書いた。

 職場の「開発改善コンクール」応募作品を見る機会があった。懸念したとおりやらされ感あふれる作品が多い。応募作品をみると、身近にある問題を改善することが目的ではなく、コンクールに応募することが目的になっているものが少なからずある。
「手段の目的化」の見本である。

 このコンクールは、いわゆる「カイゼン」活動の一環で、職場での「カイゼン」を奨励するために、他の職場に参考となる「カイゼン」作品を表彰しようというものである。

 現場はカイゼンについて考える余裕がないのか、カイゼン作業の時間が無いのか、単に仕事に流されているのか?

 「やれ」というエライ人、「じゃあ頼んだよ」という現場のエライ人は、このコンクールが職場の改善どころか現場の負担になっていることに気が付いていないのか、気が付かないふりをしているのか?

技術的には

 既存のコマンドラインツールにGUIのラッパーを被せた作品が増えたような気がする。
未だにGUIにすると使い易くなると信じ込んでいる応募者と審査員がいる。そもそも、GUIラッパーを作ることで何を改善{したいか|したか}よく分からない。

 昔々オヤジ達が1linerや使い捨てスクリプトで処理していたような内容をツール化した応募作品も増えた。 わざわざ手間暇かけて、1linerや使い捨てスクリプトで実現できる機能のプログラムを書くことにオヤジは違和感を感じるのである。
 (だって、1linerや使い捨てスクリプト程度の内容なのにわざわざGUIプログラムを書くなんて cool ぢゃない!)

 結局、見せられた方がワクワクするような作品は少なく、皆さん「たいへん効果があった」と仰るのだが、正直ドングリの背比べ感は否めない。

 忙しい現場でイヤイヤやられているのは伝わってくるけれど、どうせ作るなら、忙しくて未完成だけどコンセプトは申し分ない!というネタは見つからないのだろうか?

 

2013年8月28日 (水)

伝え方が9割

伝え方が9割 佐々木圭一 ダイヤモンド社
9

内容は非常にシンプルで
美しい日本語を学ぶためではなく、人の心に届く伝え方を学び、身につけることでビジネス、人生で成功したい人のための本だそうだ。

人の心を動かすコトバを作る能力は先天的ではなく、学ぶことができて、作るための法則があるらしい。

「ノー」を「イエス」に変える技術

  1. 自分の頭の中をそのままコトバにしない
  2. 相手の頭の中を想像する
  3. 相手のメリットと一致するお願いをつくる

の順に考えるらしい。例えば

明日もこのブログを読んでください。 (自分の頭の中)
  ↓
更新したら教えてくれたらいいのに  (相手の頭の中)
  ↓
明後日更新します。

ってところか...いまいちか。

「強いコトバ」をつくる技術には

  • サプライズ法
  • ギャップ法
  • 赤裸々法
  • リピート法
  • クライマックス法

があるらしい。

これよく考えたら、クールポコじゃないか ←クライマックス法

「本を読んだら『強いコトバ』が作れると思っているヤツがいるんですよぉ」 ←赤裸々法
「ぬぅあぁにぃ~!!!」「やっちまったなぁ」 ←サプライズ法
「男は黙って『強いコトバ』」 ←ギャップ法
「男は黙って『強いコトバ』」 ←リピート法

なんだ、簡単につくれるじゃないか。(^^;

2013年8月25日 (日)

回路の素101/珠玉の回路200選

回路の素101 鈴木雅臣 CQ出版
101

珠玉の電気回路200選 EDN Japan リード・ビジネス・インフォメーション
200

 回路図集が出るとついつい買ってしまう。

 回路図集やノウハウ集を読んでいると技術力が向上したような気になるが、実際にその回路を作ってみることが重要である。
 この手の書籍の初版は、誤植があったり、回路図の接続が間違っていたりと、思わぬところでハマってしまうことがある。自分で作ってみないと「自分のものにならないよ」という出版社の親心だろう。^^)

 自分で作ってみると、
「受動素子の値や能動素子の型番など採用された意味が分からないものを変更してはならない。」
ことがわかる。

 ソフトウェアと違ってハードウェアでの試行錯誤(Cut&Try)は大変だ。(特に高周波)
試行錯誤する際には、仮説→測定→検証→仮説→ というループが必要だ。
Cycle

 仮説を立てるときには学校で習っていたときには役に立たないと思っていた理論が重要であることに気が付く。

 測定するときには高価な測定器(TektronixとかHPとかR&S)のありがたみが分かる。貧乏人は手が届く範囲の測定器で工夫することを覚える。(HPって古いね!)

2013年8月21日 (水)

死の淵を見た男

死の淵を見た男 門田 隆将 PHP研究所
Photo

 福島第1原発事故を当事者のインタビューを基にしたノンフィクション。
元所長吉田昌郎氏がサブタイトルになっているが取り上げられているのは吉田昌郎氏だけではない。

 「官僚組織における現場の重要性」とか「日本人における危機管理意識」とか「緊急時に頼りになるもの」とか、いろいろなことを考えたたのだけれど、「理系VS文系」について書いてみようと思う。
σ(^^は原発推進派でもなく原発廃止派でもない。

 海水を注入するまでのゴタゴタについて当事者にインタビューしている。
内閣府原子力安全委員会斑目委員長は「再臨界の可能性はゼロではない」との発言が「再臨界の危険性がある」と報道されたことに憤慨されてるようだ。

 これこそは、池上彰氏が指摘する学者のわからない発言なわけだが、理系にとっては、斑目委員長の「危険性と可能性の違いもわからないのか!」という言い分はよく分かる。

 これは理系VS文系ではなく、養老猛司氏のいう「バカの壁」であろう。

 池上彰氏は理系に対して、非理系にも分かるように説明できる能力を持つべきだと仰るが、壁は片方からは越えられないので、両方から超える努力が必要ではないのか。
(養老猛司氏は「バカの壁」は越えられないと仰るのだが...)

理系:「可能性はゼロではない」 
文系:「危険なんですか?」
理系:「可能性は限りなくゼロに近い」
文系:「非難した方がいいんですか?」
理系:「しなくてよいと思われる」

のような会話は、理系、文系双方が相手を理解して初めて成り立つのではないだろうか。池上彰氏が原発事故報道番組で学者先生から分かりやすい説明を引き出したように。

 斑目委員長VSどこかの記者、斑目委員長VSどこかの国会議員の会話は、「バカの壁」を挟んで、双方が乗り越える努力をせず、心の中で相手を馬鹿にした言葉を投げ合っているだけのようで滑稽千万である。(尤も最後は、学者先生が揚げ足を取られて部が悪くなるのだが...)

σ(^^は原発推進派でもなく原発廃止派でもない。念のため


吉田昌郎氏や最後まで残った技術者のことはいつか書こう

2013年8月19日 (月)

新宿の絵描き

 新宿大ガード下で絵描きさんが絵を売っていた。
「田舎者は冷たい」というプラカードをあげていたので、「わしもいなかもんじゃけど、そがーにつめとーないで」(私も田舎者だけどそんなに冷たくないですよ)としばし雑談したら、
絵描きさんは大阪出身で奥さんが同郷であることが判明したので、これも何かの縁と絵を1枚買い求めた。σ^^)はBSDな人なのでデーモンを選んだ。
Daemon

 酔っ払いのおじさんだけでなく普通の人にもウケるようになるといいね。

2013年8月17日 (土)

合意形成

 予定調和を好まず、「言いたいことを言う」ことを旨としてした自分が合意形成の重要性を主張している。
宗旨替えか成長か。(よ)

2013年8月15日 (木)

未来の働き方を考えよう

未来の働き方を考えよう ちきりん 文藝春秋
Photo

Amazoneの書評を見ると"星5つ"が少ない。
ちきりんさんの主張に対して同意しない人が結構いるようなので読んでみた。

 否定的な意見の人は、ちきりんさんはレアケースであって 一般人はちきりんさんのようにはいかないというものが多いようだ。

 「40歳でキャリアを変えるべし」はキャチーだけれど、基本は前著「自分の頭で考えよう」ではないだろうか。「自分の頭で考えれば40歳でのキャリアチェンジも可能」ということかと思う。

 『「やりがいのある仕事」という幻想』の森博嗣氏は、自分の意見に普遍性は無いとして、他人に生き方指南はしない「自分で考えるべき」と突き放したようにみえるが、よく考えてみると、結論はちきりんさんと同じだ。

 「エンジニアとしての生き方」の中島聡氏の「自分のやりたいことを仕事にすべき」という主張に反論する人もけっこういる

なんだ、おじさん、おばさんたち言うことは同じぢゃないか。(ちきりんさん(1964?) 森博嗣氏(1957) 中島聡氏(1960))

 それにしても、おじさん、おばさんの人生観にに全力で反論する人達がいるのはなぜだろうか?
反論する人たちは、おじさん、おばさんたちの人生は特別だというけれど、おじさん、おばさんたちに限らず誰の人生でも特別なのではないだろうか。

 自分を見付けられない20代の若者なら、おじさん、おばさん達の年齢まで20年以上あるではないか。
 ちょっとくたびれかけた30代のお兄さんでも、おじさん、おばさん達の年齢まで10年以上あるではないか。
今時10年先のことは分からない。リスクを取って失敗したとしても挽回できるだけの時間はあると思うのだが。
 若い頃「やりたいこと」について考えていなかった40代以上のオヤジは、柔軟な考え方はできないかもしれない。
そもそも、おじさん、おばさんたちの主張は若者に向けたもので、オヤジに向けた主張ではないのかもしれないけれど、オヤジたちがくたばるまでには結構あるよなぁ。

2013年8月13日 (火)

ブログ

 このブログを初めて2年が過ぎた。
この1年は隔日更新しようと思っていたのでネタ枯れすることがあって、ネタをひねり出さなければならないこともあった。

 片道2時間弱の通勤時間のうち1時間は電車に乗っているので、考えているか本を読んでいる。電車の中で考えていることをネタにすると、考えていることを整理することができる。

 電車の中ではたくさん考えているようでも文章にしてみると意外に簡単で100字程度だったり、文章としてまとめることができなかったりである。

 定期的に自分の考えていることを文章にしておくと、思考が堂々巡りにならなくて良いようだ。

 読んだ本は週1ネタにしている。こちらは年間54冊だから大した苦労もなく、ネタが無くなると昔読んだ本を引っ張り出している。

 本のネタは書評にならないように気を付けている。読んだ本の内容をまとめることやAmazoneのカスタマーレビューのような内容ではなく、自分が思ったことを書くように心掛けている。

 著者が最も伝えたかったこと以外の部分で引っ掛かって、本の内容とはおよそ関係ない内容になることもよくある。検索サイトから来た人には申し訳ないが...

 最近手を動かしていないしCPU/MCUネタが少ない。まずは手を動かそう。

2013年8月11日 (日)

aitendo FRISK-MP3 (2)

atendoで買ったFRISK-MP3をフリスクケースに入れてみた。
Aitendofriskmp3case1
←MicroSDがもっと奥まで入れば良いのに Img_6417
(USB-Bの上側が削ってあるのは内緒)

 基板の角を切るか削って丸くしておかないと入らないことが分かった。
この基板はサンハヤトのFRISK基板と違ってアソビが無い。フリスクのケースは角が丸くなっているがこの基板の角は丸くなっていないことに気が付かず、USBコネクタの上側を切ってしまった。
 角を1mm弱切り落としたらぴったり入った。ケースはたくさんあるので、作り直そう。

 タクトスイッチはケースの中に納まっているので、蓋に穴をあけてSWが押せるようにするにはあと2mm弱足りない。
長いSWに取り換えるか、ゲタを噛ますか

###
USBコネクタとスイッチの間にLi電池が入りそうだ。

2013年8月 9日 (金)

分かりやすい説明(3)

 ユニバーサルコミニュケーションデザイン協会(UCDA)が分かりやすい文章を数値で評価する試みを行っている。
 レベルを優先度1~3として、平易度や1文の平均長、最長、漢字使用率などを示している。

情報の分類と優先度

レベル優先度3(平易度3)優先度2(平易度2)優先度1(平易度1)
内容生命にかかわる情報 社会生活に必要な情報 複雑な作業
・医薬品のアレルギー
・副作用情報"
・生命保険・損害保険の保険内容
・投資信託のリスク情報
・医薬品の成分名
・生命保険・損害保険の重説
・投資信託の運用情報
周知方法全ての生活者に
理解できること
わかりやすく、詳細に
説明すること
概要を伝え、詳細情報を
入手できること
平易度日本語能力試験3級程度 日本語能力試験2級程度 日本語能力試験1級程度
1文の文字数・平均文字20字
・最長で20字
・平均文字29字
・最長で45字"
・平均文字41字
・最長で65字
漢字使用率 漢字・語彙・文法レベルは
日本語能力試験3級程度
20% 52%

(出展:文章DC9開発者座談会 第2回 (全3回) わかりやすさはこう測る、わかりやすい文章はこう書く http://www.ucda.jp/jp/wakari/06/

 自分が書いた文章はどうなのだろうと思い、1文の平均長、最長、漢字使用率をカウントするスクリプトをawkで書いてみた。

 分かりやすい説明 (2013/7/7)、分かりやすい説明(2) (2013/7/15)を調べてみると。

1文の平均文字数最長文字数漢字使用率
優先度1(平易度1)41 65 52%
分かりやすい説明(2013/7/7) 40.7 103 34.4%
分かりやすい説明(2)(2013/7/15) 48.5 145 33.2%

 優先度1レベルで評価すると、漢字使用率、1文の平均文字数はそこそこだけれど、最長文字数が長いことが分かる。

 優先度2レベルで書こうとするとかなり大変そうだ。
日本語能力試験1級の読む能力の目安は、日本語を母国語としない人が

  • 幅広い話題について書かれた新聞の論説、評論など、論理的にやや複雑な文章や抽象度の高い文章などを読んで、文章の構成や内容を理解することができる。
  • さまざまな話題の内容に深みのある読物を読んで、話の流詳細な表現意図を理解することができる。

ことを要求している。 読者を日本人に限定するならば、優先度1レベル程度で記述・説明するとかなり分かりやすい説明になるのではないだろうか。

 優先度2レベルで記述・説明すると、とても丁寧になる一方で、知識がある人にとっては冗長な説明になりそうだ。


wakariyasui.awk

#!/usr/local/bin/gawk -f
#

# 漢字判定
# function iskanji(char, r)
#  arg : char : 文字
#  ret : 1 : 漢字
#        0 : 漢字以外
function iskanji(char, r){
    if(("亜"<=char)&&(char<="瑤"))
        r = 1
    else
        r = 0
    if (2<=DEBUG) printf("iskanij():%d %s\n", r, char);
    return r;
}

BEGIN {
    len = 0:        # カウント中の文の文字数
    str = "";       # カウント中文字列
    max = 0;        # 最長文字数
    maxstr = "";    # 最長文字列
    kanji = 0;      # 漢字数
    chr   = 0;      # 総文字数
}

# 先頭のスペースを削除
{   sub(/^[ \t ]+/, "", $0);
}

# 空行
# 空行は文末として扱う
/^[ \t]*$/ {
    if (len!=0) {
        bun++;
        if (max<len) {
            max = len;
        }
        len = 0;
    }
    next;
}

# 1行処理
{
    for (i=1;i<=length($0);i++) {
        c = substr($0,i,1);
        if (iskanji(c)) kanji++; #漢字?
        if (len!=0 && c=="。") { #文末?
            bun++;
            if (max<len) { #最長文更新
                max = len;
                maxstr = str;
            }
            len = 0;
            str = "";
        } else {
            len++;
            str = str c;
        }
    }
    chr += length($0);
}

END {
    printf("文字数:%d 漢字:%d 漢字率:%g%%\n", chr, kanji, kanji/chr*100);
    printf("文: %d 1文平均長: %g 最長: %d\n", bun, chr/bun, max);
    if (1<=DEBUG) printf("\"%s\"\n", maxstr);
}

※見出しや箇条書きはうまく処理できないので改行を入れたり句点を入れる。
※マルチバイト拡張されたawkを使うこと


分かりやすい説明(3) (2013/8/9)
分かりやすい説明(2)(2013/7/15)
分かりやすい説明(2013/7/7)

2013年8月 7日 (水)

「やりがいのある仕事」という幻想

「やりがいのある仕事」という幻想 森博嗣 朝日新聞出版
Photo

自分で考える
 森博嗣氏や伊賀泰代氏のいう「自分で考えるべき」は正しいと思うが、少々突き放しているような感がぬぐえない。伊賀泰代氏やちきりんさんも「自分の頭で考えよう」という。

 森博嗣氏は大学の教官と言う立場で若者に接して{いる|いた}ので、「自分で考るべき」と言えるのではないか。伊賀泰代氏も採用担当だから同じように言える。自分で考えていない者は採用しなければよいのだから。

 彼らは自分で考えた経験があるので、そう言えるのであろう。少なくとも本が書けるくらい考えているはずだ。

 マネジメントする立場では、「自分で考えろ」とは言うものの完全に突き放すことはできない。たとえ部下が未だ自分探しの途中でも成果は求められる。そこがツライところである。

 森博嗣氏は自分の意見に普遍性はなく、他人の相談に乗ることはできない。と言うが、「自分で考えるべき」という結論を提供しているのではないか。

やりがい
 著者がいうように「やりがいがなくても金が貰えたらいいじゃないか」はありだと思う。
でも、ふとしたことで、ちょっとしたやりがいを見つけてしまうと、「金がすべてだろうか」と考えるようになる。
人生の折り返し点を過ぎると自分の人生とは?などとイイ歳をして自分探しが始まったりする。
そして、「やりがいなど一生なくてもいいじゃか」と言えないような気になる。

 結局「やりがのある仕事」は、自分で四苦八苦しながら見つけるしかない。ということか。

2013年8月 5日 (月)

エスカレータ

 最近長いエスカレータの手前に駅員が立って右側を空けないで、2列で手すりに掴まるように呼びかけている。右側を歩いて登ろうとす人がいると「歩かないでください」と注意されている。
 以前からJRに限らず「歩かないでください」と放送していたけど、放送では不十分と思ったのかかなりの駅員が動員されている。

どうも、JRの安全対策の一環で、鉄道会社、日本エレベータ協会がエスカレーター「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーンを実施しているらしい。

JR東京駅はエスカレータ付近に駅員がいたのは3日ぐらいだった。(今日は1人いた)

 エスカレータに乗る際に急ぐ人のために片側を空ける行為は、もはやマナーになっているのではないだろうか。 それをいまさら、片側を空けるな、歩くなと言われてもなあ...である。 
 走る行為はエスカレータだから特別危険というわけではなく、階段や通路でも同じように危険だから、人が多い場所で走る行為はマナー違反だろう。

 エスカレータで片側を空ける行為は、空ける人と空いた側を歩く人双方にメリットがあるからマナーとして定着したのだろう。
 とすれば、片側を空けるメリット以上に、片側を空けることにデメリットがあるか、片側を空けないことにメリットがないと変わらないような気がする。駅員さんには悪いけど。

 たまに、右側(東京)に掴まっている人がいるけれど、後続の人はおとなしく立ち止まって乗っているような気がする。一回だけ、よほど急いでいたのか、怒っている人を見かけたことがある。

 片側を空けるはルールではなく、片側を空けるけど特別な事情があれば片側を空けなくてよいという、マナーとして認知される状態がちょうど良いのではないかと思う。


 東京駅のエスカレータで転げ落ちるヨッパライのおじさんを見た。幸いにもおじさんに怪我はなく、巻き添えも無かったのでよかった。
 やはり、エスカレータは歩かないほうが良いのかも。(最低限酔っ払ったときには)
(2013/08/27)

2013年8月 3日 (土)

PSoC4 Pioneer kit

Cypress semiから

PSoC 4の評価、開発を支援する「PSoC 4 Pioneer Kit」を使ってデザインしてみませんか?
Pioneer Kitは、フォームファクターが「Arduino™」互換で、USBで接続するだけで動作が可能で非常に手軽なキットです。是非この機会に、無償キットをゲットしてください!

なDMが届いた。

なんでもPSoC4を使ったデザインを投稿すると CY8CKIT-042 PSoC® 4 Pioneer Kit がもらえるらしい。

最近この手のキャンペーンは連敗中だけれど、とりあえずデザインを投稿しておいた。

このボードはarduinoのシールドが使えて$25だから、買ってもいいのだけれど、9月まで待とう。

2013年8月 1日 (木)

MADE IN JAPAN

MADE IN JAPAN 盛田 昭夫・エドウィン ラインゴールド 朝日文庫
Madeinjapan

 この本に書いてある、SONY設立後は戦後日本の右肩上がりの歴史だ。
この本が米国で発売されたのが1986年で文庫本の初版は1990だから、その後失われた20年にに突入するわけだが、盛田昭夫氏の先を見通す見識の確かさや、その後SONYがどうなったかは言うまでもない。

 創業者が陣頭指揮を執っていた頃のSONYは、

国内にあって日本的でなく。国際社会にあって欧米的でない

企業だったのだろう。

 盛田昭夫氏はこの本の中で、米国型経営の短期的な利益至上主義や安易なリストラを戒める一方で日本型没個性社会を批判している。

 日本の企業では、個性的な社員を好まないために、協調とコンセンサスという言葉でごまかす場合がよくある。私はよくこんな憎まれ口をきくことがある。コンセンサスばかり強調する役員や管理職は、社員の才能を引き出し、彼らのアイデアを統合する能力が自分にはないと公言しているも等しいのだ、と

↑の件を読みたくてこの本を読んだ。

 それとは別に、最近考えていたことのヒントがあった。

 日本の経営が欧米のそれに優る部分があるとすれば、それは主としてこの企業哲学が存在することではないかと思う。たとえ、社長や重役が入れ替わっても、簡単にはこれを変えることはできない。日本では、企業の長期計画システムと稟議制によって、上層部と若手管理者との密接な関係が保たれ、長年のあいだに特定の行動様式が形成され、企業哲学を存続させるのである。

 トップが入れ替わった際の混乱が大きいのは組織の哲学が{無い|無くなった}のかもしれない。組織の哲学に基づく特定の行動様式が形成されていないということだ。
そして、行動様式形成に重要な役割を担うのは若手管理者だ。

30年も前から重要なことは変わっていない。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »