フォト
無料ブログはココログ

« 虹 | トップページ | ChipChallenge »

2013年10月 5日 (土)

拉致と決断

拉致と決断 蓮池薫 新潮社
Photo

 読み終わった後の感想は、なんとも奇妙な感じである。
日本人がほとんど登場しないのは当然としても、登場する日本人は発言しない。蓮池薫氏の家族の発言もない。招待所にいたであろう他の日本人も登場しない。

 未だ帰国していない拉致被害者の身の安全を慮ってのことであろう。
拉致被害者自身の与り知らぬ所での出来事で、身の安全、家族の生活を脅かされた蓮池薫氏の経験からのことであろうか。

 蓮池氏らの一時帰国から家族を呼び寄せるまでの中山恭子氏の活躍は見事だったと今でも思う。

« 虹 | トップページ | ChipChallenge »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/58304272

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致と決断:

« 虹 | トップページ | ChipChallenge »