フォト
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

運に選ばれる人選ばれない人

運に選ばれる人選ばれない人 桜井章一 講談社
運に選ばれる人

 桜井章一氏は「運」を「真っ当」さの作法だという。
楽をして「運」だけ手に入れる方法は書いてない。「他力本願では「運」はやってこない」という件もある。
 内容は至極「真っ当」だけど、桜井章一氏のいう「真っ当」さについては、共感できる部分と、そうでない部分があるなあ。

 麻雀に限らず勝負事や競技をやっていると、自分(自チーム)の実力以上の力が発揮できたと思うことがある。継続的に力が発揮できるようになっていれば、成長の証なのだが、悲しいかな、次の勝負(試合)には元に戻っていることが多い。
そのときは、運がよかったということだろう。

 運がいいことが、その場で分かるようになればよいのだが、たいてい後になって運がよかったと思い返すことが多い。
人生においてもそうだ。歳をとるとあの時は運が良かったと思うことがよくある。当時は実力と思っていたのだからアブナイものだ。(成長していないということか?)

 誰でも幸運と不運の量は同じではないかと思う。ギャンブルにハマると勝てないのは、判断を間違うからだろう。負けている者にも幸運は訪れる。

 「直感は誤らない。誤るのは判断である。」は正しい。
勝負強い人は幸運のとき勝負に出て、不運なときは勝負を控える。
勝負弱い人は幸運のとき負けることを考え、不運なときにそれほど負けないだろうと考える。

 例えば、人生は最大のギャンブルだ。
才能があり、しかも情熱を傾けられる分野が見付かるのは、とてもラッキーなことだ。
この幸運に乗って残りの人生を賭けてみる人は成功する可能性が大だけれど、多くの人は、できない理由を一生懸命考え、しかも回りの人から反対されて判断を誤る。
直観を大事にして、自分の才能を信じて人生を賭ける人は成功する。

2014年1月28日 (火)

早稲田大学中野国際コミュニティプラザ

中野警察病院の西側に建設中の早稲田大学中野国際コミュニティプラザはフェンスや足場も取れて、今は外構、内装工事中だ。

Wasedau

 コンセプトは、『交流から生まれる「知」をまちへ。誰もが立ち寄れる開かれたキャンパスづくり』らしい。
それより、多国籍レストランやコンビになどの施設を地元住民が利用できるらしいので期待している。
このあたりは店が無いからね。


2014年1月26日 (日)

FRISK詰め替え

イオンでFRISKの詰め替えを見つけた。
Topvalue_mint_tablets2
さっそく補充。

 実はFRISKではなく、イオンのPB TOPVALUEのMINT TABLETSという商品で4箱分入って\198である。 なんとFRISK 1箱より安い!!

Topvalue_mint_tablets1
FRISKよりツヤツヤしている。味は、眠気が覚めればよいのでこだわらない。

 最近はまっているのは、MINT TABLETS ピーチ味だ。
Img_6655

残念ながらピーチ味の詰め替えは売ってない。orz

 MINT TABLETSのすばらしいところは、FRISKより一回り大きいこと。
これだけ大きいとフリスクに収まらない回路が入りそう。aitendoあたりで専用基板を作ってくれないだろうか。

2014年1月24日 (金)

トラ技 2014/2 「オマケはNXPのLPC810」

トランジスタ技術 2014/2
_2014_2

特集は「最軽量! 8ピンDIP ARMエントリ誕生」

オマケはNXPのLPC810と基板でその他の部品はマルツで買えということらしい。(2012/102012/11でLPC1114FN28がオマケで付いたときと同じ)

_2014_2_ Lpc810 _2014_2_1

 LPC810はChanさんに酷評されていたりするのだが...
必要なペリフェラルはI2Cで繋いでマイコンは制御だけを行うというコンセプトはありかもしれない。マイコンが主役ではなくデバイスが主役でマイコンは脇役でも良いかもしれない。単価80円だし。

 NXPは8051コア(LPC900、LPC700)の製品を持っているけど、これからこれら領域はCortex-M0+でカバーしようということだろうか。

 STとNXPを比較すると、
NXPはDIPのARMを出している(LCP1114FN28、LPC810M021FN8)オモシロイところがあるが、デバッグI/Fとターゲットが載った評価ボード(ナントカXpresso)が高価(\2,000くらい)で、しかも、LPC-LinkがOpenOCDで使えない。
一方STの評価ボード(ナントカDiscovery)は\1,000くらいで、ST-LinkがOpenOCDで使える。
 教材に使うことを考えると、STのナントカDiscoveryの方が使い易い。

 来月のオマケ(LPC11U35が載ったボード)の方が楽しみだ。このボード用のCMSIS-DAP (和訳がmbed.orgにある) F/Wが今月のオマケCD-ROMに収録されている。今月のオマケLPC810と来月のオマケLPC11U35ボードを組み合わせると LPC800 MAX風になる?。

 今月号は1,000円だったけど来月号はLPC11U35ボードがオマケなので高いんだろうな。

2014年1月22日 (水)

技術者になる決心

技術者として喰っていく 

 社会に出る前に「技術者として喰っていく」決心をしている人としていない人では、仕事に対する取り組み方が違うように思う。このことは高専ロボン(2013/12/22)のエントリにも書いた。

 「技術者として喰っていく」決心をしていない人は昔からいた。昔と変わったのは「技術者として食っていく」決心をした人が減り、相対的に「技術者として喰っていく」決心をしていない人の割合が増えたことだ。

 進路を決めるときに、高専に進むならなら16才で工業大学に進むならなら18才で「技術者として喰っていく」決心をする人が少なからずいる。また、金沢工大のように「技術者入門」についての授業があれば、将来「技術者として喰っていく」ことができるかを社会に出る前に考えることができる。
ところが、理学、工学は関係なく偏差値で進路を決めた人は、就職も入れそうなところを選択し、結局「技術者として喰っていく」決心をしないまま、技術系の仕事に就く。
このような人が増えたのではないのだろうか。

 当然のことだけれど技術者にとって「技術者として喰っていく」決心は重要である。
 就職すると学校で教えてもらったことは使えないことに気が付く。喰っていくために技術を修得しなければならないのだが、学生時代のように手取り足取り教えてくれる教師はいないので、基本は自学自習である。

 自学自習では何をどう学ぶかは自分で考える必要がある。「偏差値が高い」は記憶力が優れているとほぼ等価だが、記憶力が優れてい(偏差値が高く)ても自学自習できるわけではないし、モチベーションを維持できるわけではない。

 習得すべき技術に興味があればモチベーションの維持は容易だが、そうであるとは限らない。 そのようなときに、「技術者として喰っていく」決心が大きなモチベーションとなる。

 「技術者として喰っていく」なら、技術のライフサイクルにおける導入期は無理にしても成長期には技術を修得したい。成熟期に達した技術は修得し易いが価値は低く、成長期に達した「技術で喰っていく」ことは困難である。技術の成長期、しかも早期にその技術を修得するには、周りが勉強を始めてから自分も始めたのでは遅い。周りが勉強を始める前に、修得べき技術を見つけ、習得のための勉強を始めなければ、「技術者で喰っていく」ことはできない。

 成熟期になって修得しているのでは、技術者ではなく技術者の指示で働く技能者止まりだ。「技術者として喰っていく」決心ができれいれば、技能者に止まることを良しとせず、新しい技術を修得するであろう。

 技術者は成長期の技術を追いかけるが、技能者は成熟期に達した技術にいつも追われる。

技術者のマネジメント

 ゼネラリスト信仰が強い組織では、いずれ、技術かマネジメントかの選択を迫られ、大抵は 「マネジメントで喰っていく」決心をしないまま マネジメントに進路転換する。技術者のマネジメントは技術者の経験がある者が適している。つまり、マネジメントができる技術者である必要がある。

 「技術者で喰っていく」心決をしている者はマネジメントができる技術者になれる。「技術者として喰っていく」決心も「マネジメントで喰っていく」決心もしていない者は単なる技術者崩れのマネジャである。マネジメントされる側は、技術に追いて行けなくなったマネジャと見ているので、たいてい技術者のマネジメントに失敗する。このようなマネジャは昔から見かける。

技術者に不可欠な資質

 技術者に不可欠な資質は、「創造力と探究心」ではないかと思う。しかし、創造力と探究心は天賦の才なので、才能を「頑張り」で補おうとすると若くして燃え尽きてしまう。
燃え尽きないで、頑張るためには「技術者として喰っていく」決心が役立つが、残念なことに「技術者として喰っていく」決心をした者にすべてが創造力と探究心を持っているわけではない。
そこで、採用が極めて重要となるが、偏差値でしか人を見たことがない採用担当は「創造力と探究心」の見分けることができない。現場としては、せめて「技術者で喰っていく」決心をした人を採用してくれると良いのだが。

 現場でできることは、「創造力や探究心」がある者、「技術者として喰っていく」決心をしている者を見極めて伸ばすこと。
 ↑カッコ良すぎる。最低限潰さないことだ。

2014年1月20日 (月)

ガードレール

 中野駅からセントラルパークサウスへ行くには中野税務署と中野NTTビルとの間の路地を抜けるのが近道だ。朝の通勤時間帯は駅から人並みが繋がっている状態だ。

Photo

最近ガードレールができた。(赤矢印方向に撮影)
Photo_2

なんとガードレールが路地の半分を塞ぐように設置してある。

 朝の通勤時間帯は、この路地に人があふれるのでガードレールが路地の出口が制限され、渋滞が発生する。

 施工業者のミスか、発注側のミスか、何の意図があって制限しているのか分からないのだが、毎朝「ガードレール切ってやろうか!! 凸--)」と思う。

2014年1月18日 (土)

電子申請

「無線局免許の再免許申請手続きのお知らせ」が来た。
Photo

最近電波は出していないのだが、コールサイン確保のために再免許申請している。
前回の再免許から電波利用 電子申請・届出Liteで電子申請している。この電子申請システムは、e-Taxとは違って住基カードもカードリーダーも不要で、IDとパスワードを貰うだけで利用できる。

電子申請・届出Liteのサイトにアクセスすると、電子証明書が不正だと警告が出る
Photo_2

FierFoxは政府認証局をサポートしていないらしい。

入力は10分もあれば終了である。
S

 後は電監(古いね総通局)の審査が通れば手数料\1,950円を振り込むと免許状が送られてくる。前回の申請では返信用の封筒を送付したのだけれど、2014年1月から送料受取人払いで受け取ることができるらしく、受け取り時に\500支払うと、わざわざ返信用封筒を送らなくて良いらしい。
 便利な世の中になったものだ、書類で申請していた頃は、思ったより早く電監から封筒が送り返されてきたと思ったら申請書に不備があったりで1、2か月必要だったのに。

 今の住まいは集合住宅の3Fで目の前にマンションがあってロケーション最悪だ。ベランダから大きなアンテナを突き出すのも憚られるので、室内用テレビ用アンテナをベランダに置いてエアバンドや2m、430を聞くくらいだ。

 開局した頃を思い出し、電波を出したくなってしまった。

 

2014年1月16日 (木)

技術者になるということ

技術者になるということ 飯野弘之 雄松堂出版
Photo

 NPO法人神田雑学大学の講義録に高田敬輔氏の講演「元気な大学と技術者教育」がある。高田敬輔氏は大手電機メーカを退職後金沢工大で非常勤講師をされていた方で、金沢工大では1年次「技術者入門」という科目が必須だそうだ。この本は「技術者入門」で教科書として使われていると講演の中で紹介されている。

構成は

第1章:技術者になるということ
第2章:これまでとこれからの日本
第3章:研究開発
第4章:個人の自立と技術者の資質
第5章:技術者の倫理
第6章:世界の人々の生活とイノベーション(革新)
第7章:全体のまとめ

「技術者になるということ」では、技術者として働くことの意味、大学で技術を学ぶことの意義
「これまでとこれからの日本」では、義務養育では教えてくれなかった歴史、現状
「技術者の倫理」では、エンジニア、テクノロジスト、テクニシャン(テクノロジストはドラッカーのいうテクノロジストとは異なるようだ。)
についての説明がある。
 技術者を目指している人、技術者になろうとしている人、技術系の職業に就いた人はぜひ読んでほしい。

 エンジニア、テクノロジスト、テクニシャンは、

エンジニア :広範で問題の多い新しい仕事や設計をするる人々
テクノロジスト :製造管理者や専門技術を活用して人々の生活を具体的に豊かにする人々
テクニシャン :開発、製造、施工、保守等の現場において技術者の指示のもとで働く

と定義されていて、その特徴は表のとおりである。

技術関連就業者のタイプ別の特徴
エンジニアテクノロジストテクニシャン
問題の種類稀に起こる複雑な問題 よく起こる類の問題 よく起こる問題で実務範囲
問題解決法簡単な解が無い 対処法あり 標準の解決法
必要知識レベル深い工学技術や抽象思考 原理の知識 限定的原理の理解、実務知識
仕事での利害の衝突工学技術とその他との利害の衝突 一部であり 問題はあるが原則としてなし
使用資源広範囲な資源(人、物、金、情報) 色々な資源 限られた資源
革新 工学技術の原理の新規な方法での創造的活用 革新的方法で新材料、方法、工程の活用 他に問題を起こさないで限定的技術問題の解決
高等教育の期間4年以上の認証された教育 3年以上の認証された教育 2年以上の認証された教育
仕事の結果の重大性問題について重大な結果 おおむね狭い範囲の結果 局部的に重要な結果

 技術系の職業に就いていてもエンジニア、テクノロジスト、テクニシャンについて考えていない・考えたことが無い人が多いのではないだろうか。

 著者の飯野弘之氏がいうように

したがってその前提として第4章で述べた自立した(自立できる)責任感のある個人が求められるわけです。逆に技術に関する仕事はやりたいが、そのような難しい判断や局面に遭遇し、その判断による責任を負いたくないと考える人は、自分の修得技術や技能を使い法令やマニュアルに忠実に従うテクニシャンや技能者の仕事が向いていると思います。しかし、その仕事の範囲が拡大し、管理者になった時は、技術者倫理の勉強と実行が必須になります。になろうとする人は、責任と倫理については学んでおく必要があると思う。

は重要だ。

 IT業界には「デジタル土方」という言葉があるが、自分が目指しているのは、エンジニアかテクノロジストかテクニシャンか技能者なのかについて考えないで職を選んだ結果なのかもしれない。

  技術者(エンジニア、テクノロジスト)を目指すならば、責任、倫理、技術の習得について考えなければならない。また、エンジニアをマネジメントする人もまた同じだ。

2014年1月14日 (火)

ROMエミュレータ (2)

 AVRを使ってROMエミュレータ作るアイディアを「ROMエミュレータ(2012/12/7)」に書いた。

 ATMegaを使うとこんな感じか、
Romemu_avr2
アクセススピードを求めるなら256byte(8bit)以上は難しいし、部品が多い。

 ネットで調べてみると、ChanさんKiの研究室さんオプティマイズのEZ-FTPGAを使ったものがある。 ROMエミュレータはボードに接続したままデータを書き換える必要があるので、RAMとボードを切り離してRAMにデータを書く機能が必要だ。

 なるべく少ない部品で作ることを考えてみた。
 少ない部品で作ろうとするとFPGAかCPLDを使うことになるが、FPGAはボードが大きくなるので小規模のCPLDを使いたい。 256kのRAMを使うなら、I/Oは最低 (Data 8bit + Address 15bit + 2(OE,CE)) x 2 + 1(RAM WE) = 51 が必要である。
RAMにはJTAGを使ってデータを書くことにすると、マクロセル、スライスは不要でI/Oブロックがあれば良い。

  • 5Vトレラント
  • 小規模(安価)
  • 51以上のI/O

 この条件で探してみると、Xilinxでは、 XC9572XL-QV64(64pinQFP) で実装できそうである。XC9572XL-PC44(44pinPLCC)は安価なのだが、I/Oが足りない。では、I/Oブロックさえあれば良いので XC9536XL-QV64(64pinQFP)はどうかというと、端子の数だけI/Oブロックがあるわけではなく、内部には36個のI/Oブロックしかない。残りの端子は未接続だ。XC9572はコア電圧が5Vなので尚良いのだがパッケージがPLCC84だし、高価だ。(XC9572-10PCG84:\1,000@RS、XC9572XL-7QV64:\580@RS)

 Alteraでは、EMP7064S(MAX7000)でもよさそうだがパッケージがPLCC86だ。5M40Z(MAX V)にはQFP64があるが、5Vが入力できない。

 考えたのは、こんな感じ
Romemu256k

これくらいなら手配線でなんとかなるだろう。

2014年1月11日 (土)

テスタ

テスタ(MS8221C)を買った。
Ms8221c1

温度レンジがあってセンサーが付属している物を探していたら、これを見つけた。
秋月は\2,000送料500円、Amazoneの最安値は\2,100送料無料だ。

 テスターはこれだけ持っているのだけれど、(安物ばかり)

Hioki3002 Hioki3017 Metex_p10 Ms830l 

 はんだごてのこて先の温度を測ろうと思い、450℃くらいまで測れる温度計を探していた。
Amazoneでざっと調べると、
料理用温度計は250℃まで測れて \1,500くらい、赤外線温度計は500℃まで測れて \2,000くらい、熱電対を使った温度計なら1000℃くらいまで測れそうだが、道楽で使う価格ではない。

 苺のこれ(Chanさんがこれを使った温度計を作っておられる)とか秋月のこれを考えていて、秋月のページを眺めていると、デジタルマルチメータに温度測定ができる製品があることに気が付いた。しかも熱電対が付属していて、キットより安い。
ということで1000℃が測れて最も安い(安物買の銭失い^^;) MS8221Cにした。

 はんだ鏝はgootのCS30を30年近く使っていて、最近パワーがなくなったような気がするのでこて先温度を測ってみた。
Solder_iron

 こて先温度を測るのは難しい。小手先に半田を盛って熱電対に当てると、当て方で50℃くらいは変化する。

標準のこて先30RT-SBの温度は
30rtsb
Temp1
MAXは320℃くらい上がった。

30RT-3Cの温度は
30rt3c
Temp2
MAXは340℃くらい上がった。

 やっぱり温度が低いような気がするなあ。

2014年1月 9日 (木)

WORK SHIFT

WORK SHIFT リンダ・グラットン著 池村千秋訳 プレジデント社

WORK SHIFT

将来は環境が変わるので働き方もシフトすべきということらしい。

  1. ゼネラリストから「連続スペシャリスト」へ
  2. 孤独な競争から「協力して起こすイノベーション」へ
  3. 大量消費から「情熱を傾けられる経験」へ

 第三のシフトにある

「お金のためだけに働く」という古い考えでなく、「働くのは、充実した経験をするためで、それが幸せの土台」となる。 自分の生き方と選択に責任と理解を持つ。

は、将来ではなく、今からそうすると良いと思う。
「それは理想だけど、世の中そんなに甘くない。」という年寄りが多く、若者達までも年寄りくさい考え方に染まっているような気がする。

 肝は

自分の生き方と選択に責任と理解を持つ。

だろう。

 自分の生き方や選択に対して、他人はもとより教師や親が責任を取れるわけではない。
他人、教師、親が言う「君のためだから」「あなたのためだから」は、たいていウソだ!!
同じように、「××のために働きたい」も、たいていは自分を騙すためのウソだ。

 「働くこと」についてを考えると「幸福とは」にたどり着くが、今時は「幸福」について考える機会が減っているのではないだろうかと思う。「幸福」と「モラル」は関係が深く、「幸福」は「モラル」の一部かもしれない。「モラル」が宗教に根ざしている人たちは、「幸福」について考える機会も多いだろうし、宗教によって定義された「幸福」がある。
 多くの日本人は宗教に根ざした「モラル」がないので、特に若いうちに「幸福」について考えることが重要だけれど、今時の教育ではその機会は少ないのではないか。その結果、右肩上がりの時代の(団塊の世代の)「モラル」に囚われているのではないだろうか。

 「幸福」について自分で考え、自分が「幸福」になるための働き方を考ればよいのではないかと思う。

2014年1月 7日 (火)

Bluetoothアダプタ

 複合機(MP610)を使い始めてかなりになる。このプリンタにはWifiが付いていないのでUSBケーブルが邪魔になっていた。昨年末年賀状を印刷し終わってから、ふと、このプリンタにはUSBホスト機能があるのだから、USB-WifiアダプタやBluetoothアダプタが使えるのではないかと思い、調べてみると、Bluetoothアダプタが使えることが分かった。

さっそく2つのBluetoothアダプタを用意してやってみた。
Bluetooth

 プリンタに取り付けてみるとプリンタのメニューにBluetoothの設定メニューが出てきた。
PCにBluetoothアダプタを取り付けてみると、使用できないデバイスがかなりある。
Windows付属のドライバーでは使えないようなので付属のドライバCDからドライバをインストールした。

 ところが、右側のLogitechのアダプタをプリンタに左側のGreenHouseのアダプタをPCに取り付けるとインクの残量などプリンタのステータスが取れない。
Btprinter1

逆の組み合わせだとステータスもちゃんと取れる。
Btprinter2
 

 どちらのアダプタも、HCRP, OPP, SPP, BIP(responder)をサポートしているのでどちらの組み合わせでもよさそうなものだが...

gomezpeer.info の別室「Bluetooth を極める(USBドングル)」を見ると、GreenHouse GH-BHDA42が使っているCSR製のチップは良くないらしい。(安かったんだよね。)

 原因はいまのところ不明だ。Bluetoothの規格は複雑なようで、ネットワークのように物理層のドライバだけベンダが用意して、上位層は標準のドライバとはいかないらしく、ベンダが提供した上位層(プロトコル)のドライバを使わないといけないらしい。

でも目的は達成しているので良しとしよう。

2014年1月 5日 (日)

70,000アクセス

70kaccess

帰省中に70,000アクセスを超えたようだ。
なかなかキリ番が取れない。

2014年1月 3日 (金)

日本型イノベーションのすすめ

日本型イノベーションのすすめ 小笠原泰 重久朋子 日本経済新聞出版社
Photo

 NHK Eテレの「白熱教室」でやっていた「「日本のビジネス文化」について」というテーマでの小笠原氏の講義が気になったので、検索して見つけたこの著書を読んでみた。

 欧米人と日本人は文化に根差した思考方法、行動様式に差異があり、欧米発のマネージメント理論や人の行動理論を日本人に適用する場合には、欧米人の暗黙の前提を理解しなければならない。

 また、グローバル化(「共通」を模索)するためには、まず、日本人と欧米人それぞれの暗黙の前提となる思考方法、行動様式の差異を認識する必要がある。

という趣旨と理解した。

 日本の文化を否定したところで日本人はアメリカ人にはなれないのと同じように、欧米発のマネージメント理論を日本人に適用したところで日本人は欧米人のようにマネージメントできないことは多くの人が指摘していることである。
 しかし、日本人は明治維新以来100年以上の筋金入りの西洋かぶれであるから、西洋かぶれが文化になっており、既に破綻した欧米流の成果主義を有難たがっている人は未だ多く一朝一夕には治りそうにない。

 小笠原泰氏は、最近よく聞く「安心・安全」を例に、「安全」は客観的なリスクテイクであり「安心」は主観的なリスク回避であるからこれらの言葉を違和感なく併記できる日本人は言葉の定義に対して鈍感であると説明をしている。

 同じように、ゼロデフェクトと6σについても、欧米人は有限の目標値(6σ)を設定し、日本人は完全を目指すと説明している。

 情報セキュリティにおいて、完全を目指すと宣言している情報セキュリティ担当者を知っている。情報セキュリティについて学んだことのある者にとってはずいぶん違和感がある。
 違和感の正体は、セキュリティ担当者やセキュリティ責任者個人がリスク回避していることが透けて見えることだ。

 情報セキュリティは欧米流のリスク・マネージメントが根本にあり、完璧なセキュリティはあり得ないのでリスクを低減、回避、転移し、残存したリスクは受容し責任者が負う。「安全志向」のリスクテイクである。

 ところが、完全にリスクを無くすことを目標にし「安心志向」にしてしまうところが、日本人的である。しかも責任者はリスクも責任も負わない。

 いずれも、文化に根差した思考様式であるから、どちらが良い・悪いの問題ではなくこれらの、思考方法の差異を承知しておくことが重要であろう。

 そもそも、文化の差異を承知して落としどころを見つけようという考え方自体が日本人的か。

2014年1月 1日 (水)

2014年は

Nenga
      初心に戻って頑張ろうと思う。

  • 「自分の常識は他人の非常識」を忘れない。
  • 知識・技術の出し惜しみをしない。
  • 「忙しい」「しかたない」と言わない。
  •  
  • 買ったままで使っていないCPUで遊ぶ

 やる気の半減期は3日だから、3日後にこのエントリをもう一度読もう。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »