フォト
無料ブログはココログ

« テスタ | トップページ | 技術者になるということ »

2014年1月14日 (火)

ROMエミュレータ (2)

 AVRを使ってROMエミュレータ作るアイディアを「ROMエミュレータ(2012/12/7)」に書いた。

 ATMegaを使うとこんな感じか、
Romemu_avr2
アクセススピードを求めるなら256byte(8bit)以上は難しいし、部品が多い。

 ネットで調べてみると、ChanさんKiの研究室さんオプティマイズのEZ-FTPGAを使ったものがある。 ROMエミュレータはボードに接続したままデータを書き換える必要があるので、RAMとボードを切り離してRAMにデータを書く機能が必要だ。

 なるべく少ない部品で作ることを考えてみた。
 少ない部品で作ろうとするとFPGAかCPLDを使うことになるが、FPGAはボードが大きくなるので小規模のCPLDを使いたい。 256kのRAMを使うなら、I/Oは最低 (Data 8bit + Address 15bit + 2(OE,CE)) x 2 + 1(RAM WE) = 51 が必要である。
RAMにはJTAGを使ってデータを書くことにすると、マクロセル、スライスは不要でI/Oブロックがあれば良い。

  • 5Vトレラント
  • 小規模(安価)
  • 51以上のI/O

 この条件で探してみると、Xilinxでは、 XC9572XL-QV64(64pinQFP) で実装できそうである。XC9572XL-PC44(44pinPLCC)は安価なのだが、I/Oが足りない。では、I/Oブロックさえあれば良いので XC9536XL-QV64(64pinQFP)はどうかというと、端子の数だけI/Oブロックがあるわけではなく、内部には36個のI/Oブロックしかない。残りの端子は未接続だ。XC9572はコア電圧が5Vなので尚良いのだがパッケージがPLCC84だし、高価だ。(XC9572-10PCG84:\1,000@RS、XC9572XL-7QV64:\580@RS)

 Alteraでは、EMP7064S(MAX7000)でもよさそうだがパッケージがPLCC86だ。5M40Z(MAX V)にはQFP64があるが、5Vが入力できない。

 考えたのは、こんな感じ
Romemu256k

これくらいなら手配線でなんとかなるだろう。

« テスタ | トップページ | 技術者になるということ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/58941812

この記事へのトラックバック一覧です: ROMエミュレータ (2):

« テスタ | トップページ | 技術者になるということ »