フォト
無料ブログはココログ

« 中野四季の森公園 伐採(2) | トップページ | 世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた »

2014年3月25日 (火)

FRISKレーザーポインタ(2)

フリスクレーザポインタ初号機の電池がなくなってきたので交換した。
80分から100分くらいのプレゼンする機会が結構あるのだけど、単6電池を使ったので1年半使えた。
 DC/DC/コンバータを内蔵するともう少し使えるだろう。それはそれで興味はあるが、150円の006Pから単6電池が6本取れて、初号機を作ったときに買った006Pには単6が4本余っているので気前良く取り替えた。

###
 娘がボルダリングで使うレーザポインタが欲しいというので弐号機を作った。
初号機と同じ秋月の薄型レーザ発行モジュールを使った
Frisklaserpointer2

内部
Frisklaserpointer22

 電池は006Pから取り出した単6×2を使用して直接半田付けしている。
1年半使えるので単6電池ホルダを使わなくても良いだろう。

蓋をスライドするとON/OFFできる。
Frisklaserpointer23

かかった費用は

部品金額備考
レーザモジュール 450 LM-102-B 秋月
電池 50 6F22 秋月\150/3
スイッチ 50 D3C-1210 千石
FRISK 200
750

いくらで売りつけようか。

« 中野四季の森公園 伐採(2) | トップページ | 世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた »

FRISK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/59337409

この記事へのトラックバック一覧です: FRISKレーザーポインタ(2):

« 中野四季の森公園 伐採(2) | トップページ | 世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた »