フォト
無料ブログはココログ

« 中野四季の森公園 桜 | トップページ | Intel galileo »

2014年4月 3日 (木)

グローバル時代の幸福と社会的責任

グローバル時代の幸福と社会的責任 ケヴィン ライアン, カレン ボーリン, 中山 理, 堀内 一史, 水野 修次郎, バーニス ラーナー 麗澤大学出版会
Photo

 ボストン大 品性・社会的責任センターと麗澤大学 道徳科学教育センターが勇気・正義・慈愛・感謝・知恵・内省・尊敬・責任・節制について論じている。
自己啓発本のように「~すべきである」ではなく、それぞれのテーマについて一歩引いて考察しているところが良い。

 新渡戸稲造の「武士道」にもあるように欧米人のモラル(道徳)は宗教に依拠すると考えていた。

この本では、東洋、西洋の道徳に関する違いを

日本人の筆者は「関係性の中にある自己」「道徳的因果」「社会に対する責任」
米国人の筆者は「自律した自己」「実践的な利他的行為」「自分自身の人格の発達」

を強調していると結論づけている。
洋の東西を問わず、「徳」の概念はあるが、「何のため」「誰のためは」異なる。これを突き詰めて考えると、絶対性(宗教)に行き着く人達と、相対性(社会)に行き着く人達がいるということか。

 コミュ障にとっては、「徳」が人と人との関係に依拠するとなると、とたんに難しくなる。

 欧米流にかぶれる日本人が多いところ見ると、「関係性の中にある自己」は難しいと思っている人も多いのではないだろうか。
一方、欧米人が武士道を賞賛するのは「自律した自己」に限界を感じているのかもしれない。

 「道徳には正解は無い」とすると自分で考えて答えを見つけることしかないのだが、自分で考えるられるだけの基礎は学校で教育してほしいと思う。

イデオロギーを押し付けるのではなく、自ら考えて「道徳」にたどり着けるように。

« 中野四季の森公園 桜 | トップページ | Intel galileo »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/59389902

この記事へのトラックバック一覧です: グローバル時代の幸福と社会的責任:

« 中野四季の森公園 桜 | トップページ | Intel galileo »