フォト
無料ブログはココログ

« ブラック企業経営者の本音 | トップページ | 京セラ悪の経営術 »

2014年8月25日 (月)

TD4(2)

 以前作ったTD4のページに掲載しているサンプルプログラムが間違っているのではというコメントが付き、調べてみると確かに間違っていたのでシミュレータ(logisim)でシミュレーションしてサンプルプログラム(ナイトライダー)は正しく動作することを確認した。

 もうひとつのサンプルプログラム(テニスゲーム)は、プログラムが25byteある。作ったときにはスイッチで入力していたのだが、さすがに面倒になったので、arduinoを使ってプログラムローダを仕立てた。

 機能は、プログラムのロードと実行のモニタである。

○プログラムのロードは
手作業でやっていた、
スライドスイッチでプログラムをセット→書き込み(WE)ボタンを押す→ステップ・ボタンを押す
の動作を自動的にやるようにしたもの。

○実行のモニタは
クロックの立ち上がりをモニターして実行しているアドレスと機械語を表示するというもの。

Td4tenis ←奥の緑色の基板が秋月で基板を買って作ったArduinもどき

Programloader

 LコマンドでArduinoにプログラムをロードして、WコマンドでTD4もどきのプログラムRAMに書き込む。Mコマンドで実行しているアドレスと機械語が表示される。

Td4_tenis0000

ダウンロード TD4_tenis1.avi (923.5K)

« ブラック企業経営者の本音 | トップページ | 京セラ悪の経営術 »

TD4/GMC-4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TD4(2):

« ブラック企業経営者の本音 | トップページ | 京セラ悪の経営術 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック