フォト
無料ブログはココログ

« 自分で考えられない魔法 | トップページ | 無意識の権力 »

2014年10月24日 (金)

優劣のかなたに

優劣のかなたに 大村はま 三笠書房
Photo_2

「おしえるということ」(2012/9/20)で大村はま先生に教えてもらった人はうらやましいと書いた。
この本は、大村はま先生の教え子である苅谷夏子氏が大村先生の著書から60の言葉を選び出し、文章を添えたものである。

 この本の表題となっている「優劣のかなたに」は大村先生の遺筆となった詩で、鳴門教育大学付属図書館のサイトに大村はま先生について と題するページがあって、そのページの最後のほうに優劣のかなたに.PDFがある。
この詩の最後の部分が

学びひたり
教えひたろう
優劣のかなたで。

である。

 学ぶということは、他人と自分との優劣をつけることではなく、教えることは、生徒に優劣をつけることではない。

ということか。

###
 苅谷夏子氏も後書きで書いておられるように、70年以上にわたり教育に携わってこられた先生の言葉の中から60編を選ぶことが大変な作業であることは容易に想像できる。

 偉人の名言集を読むと、人となりが全て分かったような気になるが、その名言が発せられるまでの過程を知らなければ真意は分からないのだろうと思う。

« 自分で考えられない魔法 | トップページ | 無意識の権力 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/56036394

この記事へのトラックバック一覧です: 優劣のかなたに:

« 自分で考えられない魔法 | トップページ | 無意識の権力 »