フォト
無料ブログはココログ

« 熱く語る、暑苦しくなく語る | トップページ | 中野セントラルパーク 楠 »

2015年2月 4日 (水)

福祉を変える経営

福祉を変える経営 小倉昌男 日経BP

Photo

小倉昌男氏はいう

 障害者が自立するためには、収入が必要であり、援助に頼ってはいけない

と。

 バングラデシュでバッグを生産しているマザーハウス山口絵理子氏も、発展途上国に対しては、金銭的な援助ではなく、自立するための支援が必要だと言う。一過性の支援ではなく、自立に必要な収入が得られるように手助けすることが重要であるという。

 小倉昌男氏の場合は、経営により共同作業所の収入を増やすことであり、山口絵理子氏の場合は、バングラデシュで起業し、雇用を生み出すことである。

 そのためには、扱う商品やサービスが売れることが必要であり、通常の商品として顧客に選ばれるだけの品質が必要である。

 作りてが障害者であるとか、発展途上国であるかには関係ない。健常者が作ったもの、先進国の有名ブランドとー同じ土俵で勝負して顧客を勝ち取らなければならない。

 小倉昌男氏は私費を投じて、ヤマト福祉財団を創られたようだ。小倉昌男 経営学(2015/01/15)も読んだのだが、ヤマト運輸の経営でもヤマト福祉財団の運営でも、手法は同じようにみえる。

 経営を単に金儲けではなく、社会的な責任と考えている人はどのような組織でも経営できるということだと思う。

« 熱く語る、暑苦しくなく語る | トップページ | 中野セントラルパーク 楠 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/61021134

この記事へのトラックバック一覧です: 福祉を変える経営:

« 熱く語る、暑苦しくなく語る | トップページ | 中野セントラルパーク 楠 »