フォト
無料ブログはココログ

« ファシリテーション | トップページ | 町工場の娘 »

2015年3月15日 (日)

あの日、Twitterのくじらが出なかったもう1つの理由

あの日、Twitterのくじらが出なかったもう1つの理由

 あの日、電話が通じなくなったのにTwitterが止まらなかったのは、海の向こうのTwitterの技術者が機転を利かせて独断で日本向けのサーバーを3倍に増やしていたからだそうだ。

 Twitter社の技術者もたいしたものだが、

「いつもボスから言われていたことがありました。――『会社やボスの命令で体を動かすのではなく、会社や社会のためにどうすればいいかということを判断して体を動かしなさい。あなたがこの会社に勤めている限り、自分自身の判断で行動しなさい』」

だそうだ。

 これが、今求められているリーダの資質というものだろう。
メンバーの共感を得ることができるリーダは自分がいなくても機能する組織を作るが、メンバーの共感を得ることができないリーダは管理しようとして、管理なしには行動できない組織を作る。

リーダの能力以上の仕事ができる組織にするためには「共感できる目的」が必要だと思う。

« ファシリテーション | トップページ | 町工場の娘 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/61282279

この記事へのトラックバック一覧です: あの日、Twitterのくじらが出なかったもう1つの理由:

« ファシリテーション | トップページ | 町工場の娘 »