フォト
無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

OJT完全マニュアル --部下を成長させる指導術--

OJT完全マニュアル --部下を成長させる指導術-- ダイヤモンド人材開発編集部 ダイヤモンド社

Ojt

 この本にも書いてあるが、辞書的、マニュアル的に使う本だろう。

 OJTの基本を理解していて、実際にOJTを行う際に、それぞれのポイントで重要な事項を確認したり、疑問に思ったことを確認する用途には良い。

 この本に書いてあることをすべて覚えるのは難しいし、この本を読んだからと言って、明日から効果的なOJTができるわけではない。 OJTに限らず教育は経験して失敗して初めて自分のものになる。それまでは、ただの付け焼刃だ。

 良くまとまっているので、試行錯誤は減るのではないだろうか。

同じような仕事を経験しても、そこから学んで成長する人と、そうでない人がいます。これは経験から学ぶ力の違いから生じるものです。

 理解しているつもりでも、つい「普通分かるだろう!」と思ってしまう。OJTに限らず教育には「普通」はない常にオーダーメイドで対応することが必要だということは分かっているのになぁ

 OJTでは、誰をどのレベルまで到達させるのかを決めることが重要である。
これを考え始めると、自分の部署の成果、目標、目的を考えざるを得ない。 つまり、OJTが単独で存在するわけではなくマネジメントの一部分であるということだ。

 根本的なこと(成果、目標、目的)を考えないでOJTの手法だけ学んだとしても成果をあげることはできないのだと思う。

 職場の机の引き出しに入れておこう。

2015年4月27日 (月)

公衆無線LAN

 京都府が公衆無線LAN整備事業「京都どこでもインターネット」KYOTO WiFiを展開するらしい。(広報資料)
認証なし、24時間連続運用可、約1,400か所で利用可というもので、利便性がウリである。

 KYOTO WiFiのページに注意書きがあって、

無料公衆無線LAN「KYOTO Wi-Fi」のセキュリティに関する本市の考え方

本市においては,市民や観光客の皆様に,便利で快適なWi-Fi利用環境を整えるため,無料の公衆無線LAN「KYOTO Wi-Fi」の整備を進めてきました。

KYOTO Wi-Fiの運営に当たりましては,利便性の向上とともに,安全性の確保についても重要であると考えており,他の多くの自治体や民間が設置している無料公衆無線LANと同程度の安全水準を確保しております。一方,現在,国においてセキュリティや利便性の向上を検討されているところであり,こうした国の動向を踏まえながら,今後もより安全にKYOTO Wi-Fiを御提供できるよう,努めてまいります。

なお,KYOTO Wi-Fiを御利用の際は,以下の注意事項をよく御確認いただき,御利用いただきますようお願いいたします。

お知らせ:公衆無線LAN御利用時の注意事項について

KYOTO Wi-Fiをはじめとする多くの無料公衆無線LANでは,海外からの観光客をはじめ,誰もが設定不要で簡単にお使いいただけますが,無線区間(端末からアクセスポイントまでの区間)の暗号化は行っておりません。

そのため,無線区間の通信内容が傍受される可能性がありますので,安全のためIDやパスワード,クレジットカード番号等,他人に知られると悪用されるおそれのある情報を入力しないでください。

その旨,御理解いただき,利用者自身の責任において公衆無線LANサービスを御利用いただくよう,よろしくお願いいたします。

つまり、可用性を重視したので機密性は各自確保してねということのようだ。

これを問題視しているのが京都府警だ。
「京都のフリーWi-Fiはあまりに危険」府警サイバー犯罪対策課が警告

解説は、「公衆Wi-Fiの危険性とセキュリティー」がよくまとまっている。

 ネットの記事をみていると、行政サービスの観点がなく行政警察の観点からの一方的記事が目立つような気がする。 不安を煽って儲けようとする輩がいるのではないかとかんぐってしまう。

 無料公衆無線LANの整備は、2020東京オリンピックにむけて政府主導の行政サービスとしての施策である。

 総務省や自治省がやろうとしている施策と警察がやろうとしている防犯とは相容れないものがあるが、結局はメリットとデメリットで決着する。

 昔昔、高速道路網が整備されたときには犯罪が広域化するという議論があった。
ちょっと前、インターネットが一般化したときには犯罪の温床になるという議論もあった。
事実、高速道路により犯罪は広域化し、インターネットは多くの犯罪の温床になっているが高速道路やインターネットはなくならなかったし、これからもなくなることは無い。 デメリットよりメリットの方が格段に大きいからだ。

 警察や識者が指摘する犯罪の温床化は、無料WiFiだけの問題ではない。
識者は貸出WifiルータやプリペイドSIMを整備すべきと言うが、貸し出しWifiルータも「プリペイドSIM」も犯罪の温床になる。犯罪者は、パスポート持っている人に買ってもらったらいいわけだ。そして需要があるところに供給があり、ブラックマーケットができる。

 だから、無料Wifiだけが犯罪に利用されるわけではなく、プリペイドSIMも犯罪に利用される。

 盗聴による情報漏えいの被害についても、無料Wifiに限ったことではない。巷にはワクチンソフトも入れずにネットに接続し、ネットショッピングやネットバンキングを利用している強者もいる。だからといって行政がネット接続を規制することはできないのである。

 不安を煽って未来が変わるわけではない。
今から実質的な対応を講じるのが行政の責務というものだろう。

###

無線Wi―Fi、2020年までに3万か所で

2015年4月25日 (土)

「スマホやめますか、それとも信大生やめますか」

 信州大学学長 山沢清人氏の新入生に向けたスピーチが祭になっているようだ。

平成27年度入学式学長あいさつ (2015年4月4日)

 問題になっている件はこの部分

 信州大学では、自然に囲まれた緑豊かなキャンパスでの勉学と課外活動、都会の喧騒とは無縁の落ち着いた生活空間、モノやサービスなどが溢れることのない地に足の着いた社会など、知的にものごとを考え、創造的な思考を育てる環境を簡単に手に入れることができます。先輩諸氏は、このようにして、ゆっくりとした時間の流れを作っていたのです。
 皆様はどうでしょうか。残念なことですが、昨今、この信州でもモノやサービスが溢れ始めました。その代表例は、携帯電話です。アニメやゲームなどいくらでも無為に時間を潰せる機会が増えています。スマホ依存症は知性、個性、独創性にとって毒以外の何物でもありません。スマホの「見慣れた世界」にいると、脳の取り込み情報は低下し、時間が速く過ぎ去ってしまいます。
 「スマホやめますか、それとも信大生やめますか」 スイッチを切って、本を読みましょう。友達と話をしましょう。そして、自分で考えることを習慣づけましょう。自分の持つ知識を総動員して、ものごとを根本から考え、全力で行動することが、独創性豊かな信大生を育てます。

 これにホリエモンこと堀江貴文氏が反論したから盛大なお祭りになったようだ。

堀江貴文氏 信州大学学長の「スマホやめるか」発言に指摘
ホリエモン「私が大学生に伝えたいこと」 

 堀江貴文氏は、知識を得る手段、コミュニケーションの手段としてのスマホの優位性について論じているが、論点は、

自分で考えることを習慣づけましょう。自分の持つ知識を総動員して、ものごとを根本から考え、全力で行動することが、独創性豊かな信大生を育てます。

 の部分ではないか。 つまり、

  • スマホを持つと自分で考えなくなるか否か。
  • スマホを持つと独創性が阻害されるか否か。

である。

 スマホと独創性の関係について堀江貴文氏は意見を述べていない。
 スマホと自分で考えることの関係については、はっきり言ってドッチもドッチ。双方主観的な意見だ。

 結局、スマホを使うことの功罪についてはどちらの意見も大多数の支持を得られないと思う。

 堀江貴文氏が指摘する

恐らく学長の頭の中には、既存の大学が果たす役割が小さくなっていること、つまり大学に通う意義がなくなりつつあることに対する無意識の恐れがあるのかもしれない。

この意見には賛成。

山沢清人氏は

平成26年度卒業式学長あいさつ (2015年3月)  でも
平成27年度入学式学長あいさつ (2015年4月4日) でも

信州大学が「独創性」ランキングで京大を抑えて1位になったことを紹介しておられる。  あえて紹介するのは、信大で「独創性」の低下が懸念されていることの裏返しかもしれない。

閑話休題

 山沢清人氏が最も伝えたいことは

 大学院入学生にも、是非聞いて頂きたいのですが、日本が今後とも活力ある社会を維持し、世界へ積極的に貢献していくためには、科学、技術、文化のいずれの分野でも独創性や個性を発揮することが重要となります。横並びの発想では問題を解決できません。

 ではないだろうか。

 堀江貴文氏の指摘どおりスマホがあれば信州でも京都でも東京でも同じ知識を得ることができるし、同じコミュニティに属して同じように知識教養を深めることができるが、ともすれば「田舎の京大生」「田舎の東大生」ができてしまう。

 信大はそれを良しとしない。信大生にしかない「独創性」を持つべきという教育者としての意思表明ではないかと思う。

 はたして、新入生は「独創性の信大」を選んだのか「田舎の京大」を選んだのか?

###

娘曰く「新入生は信大に受かるくらいだから分かるんじゃないの~」

2015年4月23日 (木)

アンパンマンの遺書 & わたしが正義について語るなら

アンパンマンの遺書 やなせたかし 岩波現代文庫
Photo

 アンパンマンの作者やなせたかし先生の自伝、1995年当時76歳の時出版され、逝去された2013に再刊された。

 最後に九十四歳のご挨拶 --「岩波現代文庫」あとがきにかえて-- が収録されていて、その最後は

 好きで入った浮き草稼業だから世間並みの落ち着いたラストは無用のようである。メディアの世界の荒波と疾風の中、よろめきながら倒れていくのだ。
 しかたがない。みなさばアバヨ

だ。

わたしが正義について語るなら やなせたかし ポプラ新書
Photo_2

アンパンマンの遺書をベースに正義について書かれている。

 沖縄タイムスに「アンパンマン」と「正義」の功罪 という知名孝氏のコラムがあって。 知名孝氏がアンパンマンを例に「正義」のはきき違えについて書いておられる。

 本当にアンパンマンは「正義」についてはき違えているのか、やなせたかし先生の本を読んでみた。

 絶対的な正義は無いことについては知名孝氏もやなせたかし先生も同じ考え方のようだ。

 暴力表現については、やなせたかし先生はアンパンマンは手加減していると仰っている。アンパンチでバイキンマンを山の向こうまで飛ばすけれど、バイキンUFOは壊れないで翌週には元気に出てくる。 たしかに、ウルトラマンのようにスペシュウム光線で怪獣を撃って爆破したりしない。

 水戸黄門も例に引いているけど、黄門様が格さんだった頃はもっと酷かった。 悪代官が「曲者じゃ!出あえ出あえ」と言うと、家来が出て来て黄門さま御一行に切りかかる。格さんは家来を容赦なく切る!助さんは殴る蹴るで家来を池の中に投げ込む。(切られるより殴られる方がましか)

 最近、格さんは心を入れ替えたのか基本峰打ちするようになったから、往生際の悪い用心棒かヤクザの親分が切られるだけだ。

 印籠を出すなら先に出せよ!と思っているおじさんたちは多いと思う。

 知名孝氏の正義の危うさについての考察は共感できる。ただ、例に引くならばアンパンマンでない方が良かった。

 幼児向けの絵本やアニメで正義の危うさを伝えるのは難しい。
ウルトラマンのジャミラの回を見たのは小学校低学年だったが、ウルトラマンや科学特捜隊の正義にも矛盾はあると思ったのを覚えているので、小学生なら伝えられると思う。

 知名孝氏はもっと分かりやすい例を引けばよかったのに。例えば「自称世界の警察アメリカの戦争」とか...(リアルすぎか)

2015年4月21日 (火)

自分を枠に嵌める <枠を「超える」ではなく「認識しない」>

 世の中には、目に見える枠や目に見えない枠など多くの枠がある。
σ^^)は枠があると鬱陶しくて壊したり越えたりしないと気がすまない性質だけど、自分を枠をはめるのが上手い人、枠がないと落ち着かない人がいるようだ。

 多くの場合、枠を超えた部分は評価されないどころか、秩序の破壊者として見られるので評価は下がる。つまり、丁度枠に収まるようにすると評価は高い。

1

 古い体質の組織で評価が高い人は既存の枠を満たすような人だ。そもそも、日本の教育がこの評価方式なので簡単には変わりそうにない。

 枠に収まることを重要視する人は、10年先20年先その枠が永遠に合理的だと思っているのだろう。若いか年寄りかではなく枠が遠い将来まで合理的だと思っているのだろう、枠があやふやな時には自ら明確な枠を求めたりする。

 その枠が10年先20年先まで合理的であれば問題はないのだが、その期待は極めて薄い。古い体質の組織でも10年先20年先のことは分からなくなってきたので、枠を超える分野をもっていることが重要になる。

 過去に、枠が変わり枠を超えていた部分が評価されるようになったことがあった。

2

しかし、これはたまたま枠を超えていた部分が評価されただけで、枠が変わることを意識して枠を超えていたわけではない。次にどの部分が評価されるかは全く分からない。

 枠を超えるなら将来評価される分野でなどと考える人は、枠が変わってもやっぱり枠に合わせようと考えている。

 重要なことは、枠が変わってもなお枠を超えている部分を持っていることだ。

 若いうちは特に自ら進んで自分を枠に嵌める必要などない。歳をとればいやおうなしに枠に嵌められる。

 「枠を超える」ではなく「枠を意識しない」ことが重要だと思う。

2015年4月17日 (金)

SDCC 3.4.0 TLCS-90サポート

SDCCが3.4.0でSTM8とTLCS-90に対応していたことに今更気がついた。一年前(2014/4/11)にバージョンアップされていた。TLCS-90は、レジスタはZ80ライクだがバイナリ互換ではない東芝のMCU。

ヤフオクにTMP90P802APとTMP90G840Eが出ていたので購入してみた。

TMP90G840Eは64ピンのシュリンクDIPでプログラムROMを背中に乗せるピギーパックだ。
Tmp90g804e2 Tmp90g804e1

ピギーパックってカッコいいよね! でもシュリンクDIPかぁ...

CPU実験室さんのページでTMP90G840Gの記事を見つけた。

 TMP90P802Aは40ピンのDIPで8Kの内蔵OTP ROM付だ。
Tmp90p802ap1

 内蔵ROMはOTPなので外部にROMを付けて外部バスモードでデバッグして最終的に内蔵ROMに焼く。

 ROM 8k,RAM 256, Serial×1,Timer 8bit×4 なのでシングルチップで使える。(もともとそういう用途向けだ)開発用に外部バスモードで使おうとするとI/Oが少なくなるのが難点だなあ。

Tmp80c802asbc

こんなもんでいいのだろうか?

2015年4月15日 (水)

0ベース思考 どんな難問もシンプルに解決できる

0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できる スティーヴン・レヴィット スティーヴン・ダブナー ダイヤモンド社

「知らない」を言えれば、合理的に考えられるという。

 「知っている」ことは政治的見解や宗教観に色濃く影響されるので、自分が「知っている」のか「知らない」のかさえ客観的に判断できない。

 若い頃、オーディオにハマったことがある。オーディオ雑誌をちょっと読むとそれなりの知識を得ることができる。電子・電気(ハード)側からオーディオにハマったので、無線と実験やラジオ技術を読んでいた。アンプやスピーカの特性を見ると高級品は違う(違うように書いてある)のだが、どう聞こえるかとは別問題である。しかし、聞こえ方は「高級品」という占有間に引っ張られてしまう。

 ハード側の専門用語で話すと音楽(ソフト)側から入った人を煙に巻くことができるが、逆にソフト側の話には全く付いて行けなかった。「ここのピアノの音が」といわれてもさっぱり分からない。

 もっと困るのは、オーディオマニアを超越した音キチと呼ばれる人達だ。「音の抜けがよくなった」とか「表現力が増した」「透明感がでてきた」とか、細いスピーカケーブルを使うと「音が痩せた」とか...全く分からなかった。

 分からない話に適当に合わせているのがバカバカしくなったので、あるときから「分からない」と言うようにして、今に至っている。

 寄る年波には勝てず、耳鳴りの影響で聴力が低下(特に高域)している。
こんな耳でイヤホンの違いを聴き比べると、100円と1,000円の違いは分かったけど、1,500円と3,500円の差は分からない。

 ヘッドホンアンプに使うオペアンプの違いを聴き比べると、TA53358P(汎用,\100)とNJM4556ADD(広利得帯域高出力ローノイズ,\200)の違いは分かったけど、NJM4556ADDとMUSES8820D(低雑音高利得帯域低歪率,\400)との違いは分からない。

閑話休題

 分からないと言ってしまうと、分かるための方法を考えることができるようになる。例えば、主観評価でなく、電気的特性で評価するとか、ブラインドテストで評価するなど。

 別の観点として、コストと主観的評価で評価して、1,000円のイヤホン+NJM4556ADDでオッケーにするなど。

 「分からない」が言えるようになると。「高額だから良いはずだ」とか「偉い人が言うから正しいはずだ」とか「みんなやってるから正しいはずだ」と考えなり、固定観念から離れることができる。

 固定観念にとらわれないで自分の頭で判断しようとすると、固定観念で判断している人たち(普通の人たち)から「理屈っぽい」とか「屁理屈」などと非難されることがある。
でも、「分かる」という人は決して否定してはいけない。「分かる」と思っている人と「分からない」と思っている人は永遠に相いれることはないのだから。

 固定観念にとらわれた人達からのプレッシャーは相当なものだが、 まず「わからな~い」と言うことから始めると良いと思う。

2015年4月13日 (月)

成功者の偶然

 田坂広志氏のメールマガジン185便は「成功者の偶然」について。

多くの成功者の自叙伝や回想録に最も使われる言葉は「努力」や「信念」ではなく「偶然」だったというお話。

=======================================================
 田坂広志 「風の便り」 特選  第185便
=======================================================

 成功者の偶然

 人生において優れた仕事を成し遂げ、
 世の中から「成功者」と呼ばれる人々について
 興味深い調査結果が報告されています。

 これらの人々が書いた
 数多くの自叙伝や回想録を読み、
 その中で、最も良く出てくる言葉、
 最も良く使われる言葉を、調べたのです。

 その結果は、意外なものでした。

 最も良く使われた言葉は、
 「努力」や「信念」といった言葉では
 なかったのです。

 「たまたま」
 「ちょうどそのとき」
 「ふとしたことから」

 そういった、偶然の出来事によって
 人生が導かれたことを語る言葉が、
 最も多く使われていたのです。

 この話を聞くとき、我々の心には、
 素朴な思いが浮かびます。

 成功者は、運が強い。

 しかし、この調査の結果を深く見つめるとき、
 優れた仕事を成し遂げた人々が共通に持つ
 ある優れた資質に気がつきます。

 意味を感じる力。

 偶然と見える出来事の中に
 大切な意味を感じ取る力。

 自分を導く声を感じる力。

 これらの人々は、
 その優れた力を持っていたのでしょう。

 2005年10月24日
 田坂広志

 一生懸命頑張ったり、努力した結果、成功したり成果が出たときは、努力や頑張りが実を結んだと思ってしまうものだが、数年後、数十年後振り返ってみると、運がよかったと思うことがある。 一生懸命取り組んでいると、運がやって来たことに気が付かないので、成功は自分の努力によるものと勘違いしてしまう。

 運がやって来ることを「幸運の女神」に例えることがあるが、運を運んでくるのは「女神」ではなく自分の周り人だと思う。周りの人が、一生懸命取り組んでいる様子を見てちょっと助けてやろうかと思う気持ちが、幸運の正体ではないだろうか。

 周りの人からたくさん幸運をもらったので、一生懸命取り組んでいる人が傍にいるときには、幸運の欠片でももたらす人になりたい。


誰かが助けてくれる(2012/08/17)


最近の投稿

2015年4月11日 (土)

努力は必ず報われる?

「努力は必ず報われる。」

 この言葉はよく聞かれる。高橋みなみ総監督も第3回総選挙で言っている。
しかし、この言葉は報われた人が言う言葉であって普遍的ではないと思う。

 第4回総選挙で言った、

「~全部は報われないかもしれない。運も必要かもしれない。でも、努力しなきゃはじまりません。~」

という部分は共感できる。

 これまでの自分の人生を考えると、生来「努力」ができない性格である。嫌いなことをやって結果を残すなどできなかったし、これからも到底無理だ。

 結果が出たこともあるけれど、寝食も忘れて打ち込めることだったので、自分で努力したという感は全くない。 一方で、結果が出なかったことは多いが、嫌々やっているので努力とは程遠い。

 つまり全く「努力」してこなかった人生だと思う。

 寝食も忘れて打ち込めることに、自分が「努力」したと思えるほど打ち込んでいたら超一流になっていたのかもしれない。(歴史にIFはない ^^;)

 超一流を目指すなら、若いときに好き嫌いに関係なく「努力」すること、つまり「努力の練習」も必要かもしれないが、盲目的に「努力」していると「努力」フェチになって、嫌いな分野や適性のない分野で「努力」した結果、一流半で終わってしまうのは才能の無駄遣いだと思う。

 傍目からみて「努力」していると思われているが、自分自身は特別「努力」しているとは思っていない。そんな分野で「ちょっと頑張ってみる」くらいが最も結果が残せるのではないだろうか。

###
 高橋みなみ総監督が卒業を1年先にしたのは総選挙で1番になりたかったからなのか?
それはともかくとして、「努力は必ず報われる」を実践して欲しいなあ。監督の義務感で徳光さんの隣にいるより、いい「努力」ができるんじゃないだろうか。

2015年4月 9日 (木)

跡取り娘の経営学

跡取り娘の経営学 白河桃子 日経BP
Photo

 日経ビジネスオンラインの 「跡取り娘」の経営戦略 を連載を書籍化したもの。

 NETで大塚家具騒動の記事を読んでいると、現経営者-後継者という切り口より、父-娘という切り口がクローズアップされているように感じた。世の中には娘が事業を継いで成功した例もあり、何が違うのだろうかと疑問を持ったのが始まり。

 以前、ホッピービバレッジ 3代目社長 石渡美奈氏 の著書

社長が変われば、会社は変わる! 石渡美奈 CCCメディアハウス

を読んだことがある。 最近はテレビなどで取り上げられた、

ダイヤ精器 2代目社長 諏訪貴子氏の著書「町工場の娘 諏訪貴子 日経BP」や石坂産業 2代目社長 石坂典子氏の著書「絶体絶命でも世界一愛される会社に変える! 石坂典子 ダイヤモンド社 」も読んでみた。

 日経ビジネスオンラインの「跡取り娘」の経営戦略 で タケダワイナリー 5代目社長 岸平典子氏 の記事
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20080718/165807/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20080804/167096/
を読んだところで、「跡取り娘」の経営戦略が書籍化されていることに気が付いた。

 勿論ここで取り上げられているのは成功例だから、世の中には失敗例も多くあるのだろう。

 著者の河内桃子氏のまとめを読んで気が付いた。
ここで紹介されている女性達は大塚家具の大塚久美子氏を含めて同じ年代である。 先代の急逝を受けて事業を継いだ方ばかりではなく、先代が社長、会長として会社を経営しているうちに会社に入った方も多い。

 共通しているのは、先代(父親)と衝突しながら最終的には、先代(父親)が娘に事業を任したということである。

 父-息子の関係では息子は偉大な父を超えようとして様々な葛藤があり、息子が事業を継がず家を出ることがあるという。

 一方、父-娘の関係では娘は偉大な父を超えようとはせず事業を継続することを第一に考えているという。

 世代によるギャップは息子も娘も同じように存在するが、娘が着実に成果を上げると、父親も娘の経営者としての能力を認め自分の会社を任せようと思うのだろう。

 大塚家具の騒動を、高級志向か低価格志向かなどの経営方針の違と捉える記事は多いのだが、事業継承に成功した例でも

  • 経営方針の違いによる衝突は発生している
  • 古参社員と社長の娘との関係に起因する問題も発生している
  • 娘に外資企業勤務経験があるとか、海外勤務経験があるとか、MBAを取得している例もある

 ことを考えると、父娘騒動の根本的な問題は他にあるのではないのではないか。

 大塚家具の場合は父-息子の関係に似ている。 娘が父を超えようとし、父は創業者として娘に超えられたくないと思うことから軋轢が発生しているのではないか。

 軋轢が致命的な衝突になった場合に、息子の場合は、家を出る出ないの問題になるが、事業継承に成功した娘の場合は致命的な衝突にならないように、うまく回避しているという。

 つまり、同族企業では、いかにして先代に納得して退いていただくかが事業継承のカギだが、大塚家具の場合それにしくじってしまったということだろう。

 上場企業はマスゴミに面白おかしく書きたてられるから騒動と捉えられるというハンデもある。

 結局ブランドを棄損しただけの感があるなあ。

###

 大塚家具騒動に関する記事では、

大塚家具の対立、見逃された「3つの視点」
-決算書で読み解く父娘それぞれの経営哲学- 
 

が分かりやすかった。

2015年4月 7日 (火)

IchigoJam BASICのFOR/NEXT (2)

 IchigoJam BASICにはFOR/NEXTが無いと書いたら。

 作者のブログを見たら、「容量の壁と戦う IchigoJam FOR/NEXT 対応!(2015/03/29)」というエントリがある。var 0.9.8でFOR/NEXTに対応しているぢゃないか。

 公式サイトの下の方のリンクから IchigoJam ver 0.9.8-beta(開発途上版) をDLして、今回はFlashMagicで書いてみた。

Flashmagic

 LPC1114FN28をISPモードにして(トラ技オマケボートの場合はSW1とSW2を同時に押して、SW1(RESET)を先に放す)、COMポート、ファームウェアのHEXファイルを選んで[START]をクリックするだけ。(OpenOCDで書くより簡単だ)

 再起動すると↓ver 0.9.8に上がってる。

IchigoJam 0.9.8 by @taisukef
OK

LIST

10 VIDEO 0 20 CLV 90 [1]=1 : S=1 100 FOR Y=2 TO 8 110 FOR X=S TO 8 130 GOSUB 200 135 REM PRINT "Y=";Y;",X=";X 140 IF R=0 THEN [Y]=X : GOSUB 300 : S=1 : X=8 150 NEXT 160 IF R=0 THEN GOTO 180 170 IF [Y-1]=8 THEN S=[Y-2]+1 : Y=Y-3 ELSE S=[Y-1]+1 : Y=Y-2 180 NEXT 190 GOSUB 300 : END 200 R=0 : E=Y-1 210 FOR I=1 TO E 220 IF [I]=X THEN R=1 : I=E 230 IF [I]=X-(Y-I) THEN R=1 : I=E 240 IF [I]=X+(Y-I) THEN R=1 : I=E 250 NEXT 260 RETURN 300 PRINT 310 FOR I=1 TO 8 320 FOR J=1 TO 8 330 IF Y>=I AND [I]=J THEN PRINT "|Q"; ELSE PRINT "| "; 340 NEXT 350 PRINT "|" 360 NEXT 370 RETURN RUN |Q| | | | | | | | | | | | |Q| | | | | | | | | | | |Q| | | | | | |Q| | | | | |Q| | | | | | | | | | | | |Q| | | |Q| | | | | | | | | | |Q| | | | | OK

 ちゃんと対応しているようだ。

 試しにNEXTを飛び越えてループを脱出するように変えてみると、関係ないところで、関係ないエラーが発生する。

 飛び越えたNEXTあたりでエラーがでると分かり易いと思う。


Ver0.9.7 で

IF A=0 THEN PRINT "OK"; ELSE PRINT "NG";

のようなコードを書くと、THEN節の";"が解釈されず、常に改行してしまうバグがあったけどVer 0.9.8では改修されているようだ。


2015年4月 5日 (日)

IchigoJam BASICのFOR/NEXT

IchigoJamを試してみた。

このボードは電源ONでBASICが走るのだが、このBASICにはFOR/NEXTがない。この件について、作者の福野泰助氏がブログで「FOR NEXTが無い理由」を説明している。

かつてBASICでプログラミングした人はやはり多く、FOR/NEXTがない理由は気になるポイントのようです。代替が効くのでメモリを節約したいこともありますが、そもそも文法がわかりづらく、好みじゃないからです。

10 FOR I=0 TO 25
20  K=INKEY()
30  IF K<>ASC("A")+I GOTO 60
40 NEXT
50 PRINT "CLEAR!":GOTO 10
60 PRINT "GAVEOVER":GOTO 10

こちらFOR文を使った、AからZまでの間違えずに押すゲームプログラムですが、実は落とし穴があります。キーを打ち間違えるたびに、NEXTを通ってループが終了しないまま、再度FOR文に入るのでスタックが溢れてしまいます(同じ変数ならスタックを消費しない手もありはしますが、さらに文法がややこしくなる・・・)。また、FOR文の後に書かれた代入文で使う変数が、TO文で暗黙に使われるところも気持ち悪く、増減分を変更刷るにはSTEP文というまた別の用語を使わないといけません。

らしい。まとめると

  • メモリを節約したい
  • BASICのFOR/NEXTがきらい
  • FOR/NEXTループの中からGOTOでNEXTを飛び越えるとスタックがあふれる
  • FOR文の後に書かれた代入文で使う変数が、TO文で暗黙に使われる
  • 増減分を変更するにはSTEP文が必要

ということか。
いろいろFOR/NEXTのデメリットを挙げているのが、いずれも、作った側の事情だなあ。

 好き嫌いを別にすると、GOTOでNEXTを飛び越えるとスタックがあふれるという問題は昔からあるようだ。

○ 8052AH-BASIC(BASIC-52)のFOR/NEXTもNEXTをGOTOで飛び越えるとエラーが出る。Intelの考え方はエラーが出てもFOR/NEXTはあった方が良いということか。

○ 豊四季TinyBASICの 電脳伝説 Vintagechips さんも「FOR~NEXTの課題」で検討されている。

○ ず@沖縄さんとメカAGさんがそれぞれのブログで昔のBASICの実装について書いておられる。

 プログラムに始めて触れる子供を対象とするなら、ループ構造のないプログラミング言語を与えるデメリットの方がはるかに大きいと思う。

 8Queen問題を解いてみた。

 読み易く書いたらOut of memory になったので、最適化(^^;してみた。
ループは交差しているし(110~140、130~160)、そこらじゅうでRETURNしているし、いかにもBASICだ。初めてマイコンを買ったとき、こんなコードを書いてたよなあ...

IchigoJam 0.9.7 by @taisukef
OK

LIST
10 VIDEO 0
20 CLV
100 Y=1
110 X=1
120 IF Y=9 THEN GOSUB 300 : END
130 GOSUB 200
135 REM PRINT "Y=";Y;",X=";X
140 IF R=0 THEN [Y]=X : GOSUB 300 : Y=Y+1 : GOTO 110
150 X=X+1
160 IF X<9 THEN GOTO 130
170 Y=Y-1 : X=[Y]+1
180 GOTO 160
200 I=1 : R=1
210 IF I=Y THEN R=0 : RETURN
220 IF [I]=X THEN RETURN
230 IF [I]=X-(Y-I) THEN RETURN
240 IF [I]=X+(Y-I) THEN RETURN
250 I=I+1 : GOTO 210
300 PRINT
310 I=1
320 J=1
330 IF Y>=I AND [I]=J THEN PRINT "|Q";
340 IF Y<I OR [I]<>J THEN PRINT "| ";
350 IF J<8 THEN J=J+1 : GOTO 330
360 PRINT "|"
370 IF I<8 THEN I=I+1 : GOTO 320
380 RETURN
OK
RUN

|Q| | | | | | | |
| | | | |Q| | | |
| | | | | | | |Q|
| | | | | |Q| | |
| | |Q| | | | | |
| | | | | | |Q| |
| |Q| | | | | | |
| | | |Q| | | | |
OK

↑と同じプログラムをFOR/NEXTを使って書くと↓だ。ずいぶんスッキリした。

10 VIDEO 0
20 CLV

90  [1]=1 : S=1 100 FOR Y=1 TO 8 110   FOR X=S TO 8 130     GOSUB 200 135     REM PRINT "Y=";Y;",X=";X 140     IF R=0 THEN [Y]=X : GOSUB 300 : S=1 : X=8 150   NEXT 160   IF R=0 THEN GOTO 180
170     IF [Y-1]=8 THEN S=[Y-2]+1 : Y=Y-3 ELSE S=[Y-1]+1 : Y=Y-2 180 NEXT 190 GOSUB 300 : END 200 R=0 : E=Y-1 210 FOR I=1 TO E 220   IF [I]=X THEN R=1 : I=E 230   IF [I]=X-(Y-I) THEN R=1 : I=E 240   IF [I]=X+(Y-I) THEN R=1 : I=E 250 NEXT 260 RETURN 300 PRINT 310 FOR I=1 TO 8 320   FOR J=1 TO 8 330     IF Y>=I AND [I]=J THEN PRINT "|Q"; ELSE PRINT "| "; 340   NEXT 350   PRINT "|" 360 NEXT 370 RETURN

ループが最後まで廻らない場合は、GOTOやGOSUBでNEXTを飛び越えないような工夫が必要だ。

と、作者のブログを見たら、「容量の壁と戦う IchigoJam FOR/NEXT 対応!(2015/03/29)」というエントリがある。var 0.9.8でFOR/NEXTに対応しているぢゃないか。

 公式サイトの、下の方に IchigoJam ver 0.9.8-beta(開発途上版) のリンクがある。


2015年4月 3日 (金)

諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉

諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉 為末大 プレジデント社

Photo

 極めて合理的だ、これくらい合理的でないとコーチをつけないで一人で世界で戦うことはできないのだろう。 著者の為末大氏は自分と向き合って、この本に書いてある合理的な結論に達したのだと思う。 自分で考えることなく、他人に流されている人にとっては、にわかには受け入れられないのではないか。

 この本のタイトルになっている「諦める」について為末大氏は、

あくまでも「手段は諦めていいけれども、目的を諦めてはいけない」ということである。

という。

 海洋冒険家の白石康次郎氏も「諦めるというのは“明らかに見極める”って意味ですからね。投げ出すという意味じゃないんです。」という。

 諦めた人、投げ出した人がそばにいるとウットウしいものだ。為末大氏はこのような人達の存在についても極めてシビアだ。

 とにかく幸せな他人が羨ましい。でも羨ましいと素直に言えるほど本心をさらけ出す勇気がないものだから、攻撃することで人を引きずり下ろそうとする。  こうした人の根幹には「人と自分が同じである」「同じでないといけない」という平等願望があるのだと思う。犠牲と成果はバランスするものという世界観から抜け出せていない。世の中というものが不平等で、不条理だということが受け入れられないのである。

 均質を求められる官僚組織にいると、人と違ったことをやったり言ったりすると訳もなく非難される。(KYなので空気のなかにある「訳」が分からないだけかもしれないが。)

 例えば、昇任の前提として異動しなければならない古い体質の組織なので、異動しないで昇任すると、いろいろな話が聴こえてくる。「自分は組織に命じられるがままに、単身赴任したのに、なぜお前は異動しないで承認するのか」と言ったところだろうが大きなお世話である。

 自分がやりたいことを見付けて、やらせて下さいと言って、運よくやらせてくれる上司がいたということだ。 自分がやりたいことをやるという姿勢を投げ出さなかっただけである。

 異動するかしないかは問題ではない。問題は成果を上げるか上げないかである。

2015年4月 1日 (水)

中野四季の森公園 桜(2015)

毎年チェックしている中野四季の森公園の桜が今年も満開。
20151

去年(2014)の桜 一昨年(2013)の桜一昨々年(2012)の桜 

今日はテラス席で夜桜見物を兼ねて送別会。
風が出てきたので肌寒く、杯が進まないので室内で鼻見になった。

20153

4月は誰かが去り、誰かと出会う。

今日から4月だ。桜は去年のままだけど、自分は変わっていこうと思う。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »