フォト
無料ブログはココログ

« 異人さんに道を聞かれる | トップページ | ゴリラの冷や汗 <4つの個性がチームを動かす> »

2015年6月30日 (火)

ROM エミュレータ(3) <XC9536で1kをエミュレート>

 CPLD(XC9572XL-QV64)を使ったROMエミュレータを作るアイディアを「ROMエミュレータ(2014/01/14)」に書いた。

 手元に秋月で買った格安CPLD XC9536-QV44がある。
この方法で XC9536-QV44を使うことを考えると、エミュレートできるROMの容量は、わずか 64byteである。

さすがに64byteではROMエミュレータとして使えないなあ。

 8251や8085のようにアドレス(A0-A7)とデータ(D0-D7)を時分割で使用するCPUなら、 A0-A7をCPLD内でラッチすると、アドレスはA0-A9まで1kbyte使える。

Romemu_ale2

1kbyteあればブートローダーや簡単なモニタなら十分使えるだろう。

ということで作ってみた。

Romemuxc9536

CPLDはシール基板(ICB-055)に載せた。

Romemuxc9536_2

 ターゲット側は28pinである。1K×8bitなら24pinのRAMで良いのだが、SBCを作るときには32K×8bitのRAMを使うことが多いので28pinにした。

 RAM側は300milのSRAMを使い、24pinでも28pinでも使えるようにした。

###

 XC9536-QV44はQFP(0.8mmピッチ)だから簡単と思っていたら、よく見えない。
とても人様に見せられるようなはんだ付けではない。動けばOKとしよう (^^;

ヘッドルーペを買おうと思った。

« 異人さんに道を聞かれる | トップページ | ゴリラの冷や汗 <4つの個性がチームを動かす> »

CPUボード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ROM エミュレータ(3) <XC9536で1kをエミュレート>:

« 異人さんに道を聞かれる | トップページ | ゴリラの冷や汗 <4つの個性がチームを動かす> »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック