フォト
無料ブログはココログ

« 上司対応と基本方針 | トップページ | ROMエミュレータ(4) <XC9536で1Kをエミュレートその2> »

2015年7月17日 (金)

Interface 2015/07 <初体験!オール・ソフトウェア無線>

Interface 2015/07  初体験!オール・ソフトウェア無線

Interface201507

NXPのLPC4370(Cortex-M4 204MHz)を使ってソフトウエア無線でFM放送を受信するという企画。著者の高橋知宏氏のブログ Computer Radio RF Techにこの記事の元になった投稿がある。

 とうとうマイコンでソフトウェア無線ができる時代になったんだ。と、しみぢみ。

 NXPによると、LPC4370は
高速データ取得アプリケーション向けマイクロコントローラ

だそうで、

  • 32-bit 204MHz ARM Cortex-M4 + 2 x M0 MCU
  • 282 kB SRAM
  • Ethernet
  • 2 x HS USBs
  • 80 Msps 12-bit ADC

なんとADCは12bit 80Msps!、高橋知宏氏が書いておられるように、ダイレクトサンプリングしてみたくなるADCだ。

 このLPC4370がNPXの純正JTAGデバッガLPC-Link2(\2,800@秋月)に載ってる。LabTool Bundle EA-XPR-202(\17,800@秋月)にはLPC-Link2が載っている。

 DSP内蔵のBlack finがオマケで付いている「音遊び!Blackfin DSP基板でデジタル信号処理初体験

は\4,860だから迷ってしまう。

 周りのおじさん達はソフトウェア無線に抵抗があるようだけど、これから先は、ソフトウェア無線だよね。
ソフトウェアの知識技能はますます重要になる。

 でも、ハードがなくなることは無い!

« 上司対応と基本方針 | トップページ | ROMエミュレータ(4) <XC9536で1Kをエミュレートその2> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

RF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Interface 2015/07 <初体験!オール・ソフトウェア無線>:

« 上司対応と基本方針 | トップページ | ROMエミュレータ(4) <XC9536で1Kをエミュレートその2> »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック