フォト
無料ブログはココログ

« Interface 2015/07 <初体験!オール・ソフトウェア無線> | トップページ | 「努力できる人たち」は一体何がちがうのか。その6つのちがい。 »

2015年7月20日 (月)

ROMエミュレータ(4) <XC9536で1Kをエミュレートその2>

XC9536でROMエミュレータを作った

Romemu_ale3

 ROMエミュレータ(3)とはちょっと違う。A1、A2、A3、A4が不自然にクロスしていたり、A7が変なところに繋がっていたり。

 なぜかというと、配線を間違えたから。(^^;
配線を直すのは大変なのでucfファイルを変えて対応した。

VHDLはこんな感じ

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity ROMemu is
    Port ( AD : inout STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0);
           A : in STD_LOGIC_VECTOR (9 downto 8);
           nOE : in STD_LOGIC;
           nCE : in STD_LOGIC;
           ALE : in STD_LOGIC;
           RamD : inout STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0);
           RamA : out STD_LOGIC_VECTOR (9 downto 0);
           nRamWR : out STD_LOGIC;
           nRamOE : out STD_LOGIC;
           nRamCE
: out STD_LOGIC
);
end ROMemu;

architecture Behavioral of ROMemu is
signal addr : std_logic_vector(7 downto 0);
begin
nRamWR <= '1';
nRamCE <= nCE;
nRamOE <= nOE;
RamA <= A & addr;
addr <= AD when ALE = '1' else addr; -- address latch
AD <= RamD when nOE='0' and nCE = '0' else "ZZZZZZZZ";
end Behavioral;

RTLschematic
Rtlschematic

 ConfigはJTAGkeyそっくりさんを使う。
cblsrvを使うとiMpactからConfigできるらしいのだが、FT2232にROMを付けてVIDとPIDもそっくりさんにしないとダメらしいので、UrJTAGのsvfコマンドでConfigした。

jtag> cable ft2232 Connected to libftd2xx driver.
jtag> detect IR length: 8
Chain length: 1
Device Id: 00101001010100000010000010010011 (0x0000000029502093)
  Manufacturer: Xilinx
  Part(0):         xc9536
  Stepping:     2
  Filename:     c:\program files\urjtag\data/xilinx/xc9536/xc9536_vq44
jtag> help svf Usage: svf FILE [stop] [progress] [ref_freq=
]
Execute svf commands from FILE.
stop     : Command execution stops upon TDO mismatch.
progress : Continually displays progress status.
ref_freq : Use
as the reference for 'RUNTEST xxx SEC' commands

FILE file containing SVF commands

jtag> svf img/ROMemuALE.svf progress Parsing  10200/10207 ( 99%)
Scanned device output matched expected TDO values.
jtag>
<

« Interface 2015/07 <初体験!オール・ソフトウェア無線> | トップページ | 「努力できる人たち」は一体何がちがうのか。その6つのちがい。 »

CPUボード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ROMエミュレータ(4) <XC9536で1Kをエミュレートその2>:

« Interface 2015/07 <初体験!オール・ソフトウェア無線> | トップページ | 「努力できる人たち」は一体何がちがうのか。その6つのちがい。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック