フォト
無料ブログはココログ

« IchigoJam(5) | トップページ | Altera MAX10 »

2015年9月26日 (土)

トットひとり

トットひとり 黒柳徹子 新潮社

Photo

 黒柳徹子氏とテレビ放送の黎明期を共に創った森重久弥、沢村貞子、向田邦子、渥美清、杉浦直樹氏らが鬼籍に入り、ひとり残ってしまった黒柳徹子氏が思い出を綴った本。

 子どもの頃、みんなと夢中になって遊んでいたのに、もっと遊んでいたいのに、気がつくと、ほのかに宵闇が近づいていて、広い公園の中にひとりぼっちで残されてて、どうしたらいいのだろうと途方に暮れた、ああいう感じに似ている。穴が空いたのに、替わりに埋めるものが何もない、といった寂しさ。

そして、若い頃の自分かな。

 ↑表紙は黒柳徹子氏38歳のときに篠山紀信が撮ったセミヌード。
 ↓裏表紙はもっと若かった頃。
Photo_2

NHKで忙しくなった頃、番組収録の合間での私。
疲れて頭が重くなり、マイクに鼻をのせて、少しでも楽になろうとしてる。
よく撮っておいてくれたと思う、お気に入りの一枚。

 201項に全身が写った全身の写真がある。その写真のほうが哀愁を感じる。。

###

 唯一自身のことを書いているのは、38歳でNYに留学したときのこと。

NYで演技の授業を受けて女優を続ける覚悟ができた。そして、マリア・カラスの言葉。

「人生は修練と勇気、あとは全部ゴミ!」


« IchigoJam(5) | トップページ | Altera MAX10 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/62295176

この記事へのトラックバック一覧です: トットひとり:

« IchigoJam(5) | トップページ | Altera MAX10 »