フォト
無料ブログはココログ

« 作業着を着る仕事 | トップページ | 創造の人生 井深大 <偉大なるモルモット> »

2015年12月12日 (土)

ウイルスバスタークラウドのCPU負荷が大きすぎる <解決しない>

ウイルスバスターに困ってる人が多いようなんだけど、この設定も決定的なものではなく、結局は、Windows10 64bit版をクリーンインストールした。(2016/9/17)


Windows10にアップデートしたら、アプリを起動しなくてもCPUファンが回りっぱなしになった。

タスクマネージャーで確認すると

Baster0

Trend Micro Anti-Malware Solution PlatformというプロセスがCPUを20%も使っている。
20%もCPU使って良いといった覚えはない。これって不正指令電磁的記録ぢゃないのか!

いろいろ試したら、ウイルスバスターの「メイン画面」の「コンピュータの保護設定」にある「コンピュータの起動時に不審なファイルをスキャン」のチェックを外すと負荷が下がった。

Baster1

この設定は、

Windowsの読み込み完了前に攻撃を行う特殊な脅威から保護します(有効かを推奨)

らしい。特殊な脅威からの保護とCPUパワー20%をどう評価するかだ。

Baster2

チェックを外すと、CPU負荷は0.2%使用メモリは68MBに減った。


ウイルスバスターに困ってる人が多いようなんだけど、この設定も決定的なものではなく、結局は、Windows10 64bit版をクリーンインストールした。(2016/9/17)

« 作業着を着る仕事 | トップページ | 創造の人生 井深大 <偉大なるモルモット> »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/62839977

この記事へのトラックバック一覧です: ウイルスバスタークラウドのCPU負荷が大きすぎる <解決しない>:

« 作業着を着る仕事 | トップページ | 創造の人生 井深大 <偉大なるモルモット> »