フォト
無料ブログはココログ

« 日立論評 2016/4 人工知能という希望 AIで予測不能な時代に挑む | トップページ | 無印良品 <カリスマなきあと> »

2016年6月17日 (金)

反面教師 <他人を責める言葉ではない>

「仕事の報酬とは何か」の中で田坂広志は「反面教師」について説明しておられる。

そして、もう一つ、忘れてはならない心得がある。

「反面教師」として学ぶ。

しかし、この言葉の意味を誤解してはならないでしょう

なぜなら、我々は、この「反面教師」という言葉を、
しばしば、「皮肉」の言葉として使ってしまうからです。

「あの人は、何も学ぶべきものがない、欠点だらけの人物だ」
「だから、あの人から学ぶとすれば、せいぜい、反面教師として学ぶだけだ」

そういった「批判」や「非難」を込めた
「皮肉」な意味あいの言葉として使ってしまいます。

しかし、この「反面教師」といfう言葉の、本来の意味は、
そういう意味ではない。
では、何か。

他人の中にある「欠点」は、必ず、自分の中にも、ある。

そのことを教えてくれる言葉なのです。

そして、この言葉を、その本来の意味そのままに解釈したとき、
我々は、
この言葉を使って他人を「裁く」という過ちから、免れることができる。
そして、この言葉を、
自らの姿を映し出す「鏡」として、使うことができるようになる。

この「反面教師」という言葉。

それは、本当は素晴らしい言葉です。

 視線が外向きで「反面教師」を語ると、どうしても無意識のうちに「批判」や「非難」してしまう。

 視線が内向きになると、自分の中にある残念な部分が見えてくる。

 簡単そうに見えて実は難しい。


最近の投稿

« 日立論評 2016/4 人工知能という希望 AIで予測不能な時代に挑む | トップページ | 無印良品 <カリスマなきあと> »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/63779252

この記事へのトラックバック一覧です: 反面教師 <他人を責める言葉ではない>:

« 日立論評 2016/4 人工知能という希望 AIで予測不能な時代に挑む | トップページ | 無印良品 <カリスマなきあと> »