フォト
無料ブログはココログ

« 「ググる」の功罪 <考えることが必要> | トップページ | 「わかる」ように、「できる」ようになる »

2016年7月 6日 (水)

会社という病

会社という病  江上剛 講談社

Photo

 ある程度会社勤めをしていると、誰でもが考えているけど、大っぴらに言えないことが書いてある。

 読んでいるうちは「そのとお~り」なんだけど、読み終わると、どうにもならない現実に引き戻される。水戸黄門や遠山の金さんを見た後のような感じだ。

 江上剛氏の体験がベースになっているので、銀行の内情が書いてある。かなり官僚的な組織のようだ。

 官僚的組織の中間管理職はその組織あってこそ存在価値がある。組織に必要とされているには中間管理職「個人」ではなく、官僚的組織に順応し没個性化した「者」だ。 没個性化し特定の官僚的組織に染まった「者」など、別の会社では必要とされない。

 江上剛氏は、銀行という官僚的組織にいながら「個」を捨てなかったことが、退職後作家として認められた要因なのだろう。

 たとえ官僚的組織で働いていたとしても「個」を捨てないことが重要だと思う。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌

« 「ググる」の功罪 <考えることが必要> | トップページ | 「わかる」ように、「できる」ようになる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/63836154

この記事へのトラックバック一覧です: 会社という病:

« 「ググる」の功罪 <考えることが必要> | トップページ | 「わかる」ように、「できる」ようになる »