フォト
無料ブログはココログ

« 検証・学歴の効用 | トップページ | 中央大学駅伝部はなぜ「1年生主将」を選んだか »

2016年8月20日 (土)

中綴じ用ホッチキス

 データシートはPDFで配布されることが多い。電子書籍もPDFで配布されるものもある。
PDFのまま読もうとKobo Aura(6")を買ったけれど読みにくい。1ページ分を表示すると文字が小さい。拡大するとスクロールしなければ1ページが読めない。

 しかたがないので、最近は電車で読みたい場合は印刷して読むことが多い。

 ページの多いPDFは冊子印刷すると紙が減るので良い。AcroReaderの印刷機能には冊子印刷がある。

問題は、どうやって綴じるかだ。 古いMAXのハンディタイプのホッチキス

(http://wis.max-ltd.co.jp/op/product_image/HD10B_b1.jpg)

を180°開いて(最近のMAXのハンディタイプは開かない)、下に消しゴムをおいて、針を打ったあと手で針を曲げていた。(この方法は小学校の頃先生に教えてもらった。)

 ホッチキスで有名なMAXには、中綴じ用ホッチキスがある。
HD-10DB
(http://wis.max-ltd.co.jp/op/product_image/HD-10DB_b1.jpg)

↑これは 3,000円する。たまにしか使わないと躊躇する値段だ。

HD-10V
(http://wis.max-ltd.co.jp/op/product_image/hd-10v_b.jpg)

↑これは、ヘッドが90°回って中綴じができるホッチキスで 600円だから手ごろだ。
どちらも MAXの10号針が使えて15枚綴じることができる。

 買おうと思い立ったら100均に売ってると聞いたので早速買ってきた。

Photo_2

 100均のホッチキスには粗悪品があると聞いていたので、枚数が多いと綴じられないのではないかと思ったら、なんと、14枚綴じることができた。

Photo_3

耐久性に問題があるのかもしれないが、たまにしか使わないので十分だろう。

綴じたのは「IT人材白書2016」(http://www.ipa.go.jp/jinzai/jigyou/hakusyo_dl_2016.html)

It2016


最近の投稿

« 検証・学歴の効用 | トップページ | 中央大学駅伝部はなぜ「1年生主将」を選んだか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/64069445

この記事へのトラックバック一覧です: 中綴じ用ホッチキス:

« 検証・学歴の効用 | トップページ | 中央大学駅伝部はなぜ「1年生主将」を選んだか »