フォト
無料ブログはココログ

« Digispark (1) | トップページ | ミドルの自己学習  »

2016年9月 5日 (月)

Digispark(2) <ATtiny85+V-USB+Arduino>

 Digisparkは簡単に言うと、V-USB+ArduinoをATtiny85で作ったもの。BootloaderにV-USBを仕込んであるのでUSB経由で書き込める。おまけに、V-USBデバイスなので、HIDやSerialデバイスなどのサンプルが用意されている。

 開発環境は、arduino IDEが使える。
Arduinoのサイト(https://www.arduino.cc/en/Main/Software)からArduino IDEをDLしてインストールし、ボードパッケージ(http://digistump.com/package_digistump_index.json)をインストールすればよい。Digisparkでググるとたくさん情報が見つかる。

 基本動作は、
 DigisparkをPCに接続すると、libusb-win32 Usb Deive/Digispark Bootloaderとして5秒くらい認識されるので、この間にスケッチを書き込む。 Digispark Bootloaderとして認識している間に書き込まなければ、既に書き込まれたスケッチが動き出すという仕掛けだ。

 リセットスイッチはないので、arduino IDEの書き込みボタンをクリックして、

Plug in device now...(will timeout in 60 seconds)

が表示されているときに、Digisparkを挿すとスケッチが書き込まれる。

 この手順を覚えておかないと、デバイスの認識、取り外しが繰り返されるという、一見挙動不審な動作になる。ハマってしまった。

 ATTiny85は8kのフラッシュを持っていてBootloaderに約2k使っているので、ユーザは約6k使用できる。

 ところが、約3k以上書こうとすると正常に書けない。フラッシュを消しているときにUSB接続が切れているように見える。

 bootloaderのソースを見てみようか。



最近の投稿】【最近のAVR

« Digispark (1) | トップページ | ミドルの自己学習  »

AVR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Digispark(2) <ATtiny85+V-USB+Arduino>:

« Digispark (1) | トップページ | ミドルの自己学習  »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック