フォト
無料ブログはココログ

« 高専ロボコン2016 <起こる可能性があることは、いつか起こる。しかも、大事な場面で> | トップページ | 大人の科学 カエデドローン »

2017年1月 6日 (金)

日本のITなんか変 <手段が目的になっている>

日本のITなんか変? 次世代のデジタル産業を担う若者たちへ 木内里美 IT Leaders

It

 著者の木内里美氏は大成建設で設計に携わったのちに、情報企画部長、CIOを歴任された方だ。

 IT業界は建築土木業界に例えられることが多いのだが、木内里美氏は

 情報サービス産業は他産業に比べて不透明なことが多く、共通設計図もなければ標準見積もりもない。重要なソフトウェア構築を担いながら品質を担保する仕組みもなく業法もない。実に摩訶不思議な産業だ。大手SI企業を指してITゼネコンと言ったりするが、建設業とは全く異なりゼネラル・コンストラクターとしてのエンジニアリングは果たせていない。

と仰る。建築業界もIT業界にも精通しているからこその見解だろう。

 IT業界が建築業界と似ているのは、多重下請け構造と労働集約型産業であることくらいで、建築業界のほうが歴史もあり成熟しているように見える。 建築が街づくりの一部で街を無視して建築ができないように、ITは業務の一部だから業務を無視して情報システムを開発・導入することはできないところは似ている。

 木内里美氏はCIO育成について、システム部門の経験者から経営を俯瞰できる人材が育つことは望ましいが現実は厳しいと言われる。

 周りを見ても残念ながら、情報システム部門は業務を考えていないように見えるし、ユーザを考えているようにも見えない。当然外部からIT化が遅れていると指摘があるのだが、経営層の人たちは会議にタブレットを導入してお茶を濁しているから、改善は難しいだろう。(タブレットで表示できるように会議資料をPDF化する手間が増えて、部署毎の会議でコピーされる紙の資料は減らない)

 今の仕事は、情報システムについてはユーザだけど一方で技術を提供しているのでユーザとベンダの側面がある。 技術を提供する側としては、技術を提供することは手段であって目的ではないことを認識しなければならないと思う。

 使いにくい情報システムに文句を言ったときに、自分たちが提供する技術が目的達成に貢献しているのかに思いをはせるようにしよう。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌

« 高専ロボコン2016 <起こる可能性があることは、いつか起こる。しかも、大事な場面で> | トップページ | 大人の科学 カエデドローン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/64663910

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のITなんか変 <手段が目的になっている>:

« 高専ロボコン2016 <起こる可能性があることは、いつか起こる。しかも、大事な場面で> | トップページ | 大人の科学 カエデドローン »