フォト
無料ブログはココログ

« 社内報炎上 <外野が騒ぐこと?> | トップページ | 東京海上日動の広告 <メッセージがハンパない> »

2017年3月 6日 (月)

東芝解体 東洋経済 2017/2/4

東芝解体 東洋経済 2017/2/4
20170204

 東芝は不正経理問題が解決する前に巨大損失が明るみに出て債務超過の可能性も出てきた。NETではリーマンショクの時に共に赤字に転落した日立と比べる記事を多く見かける。

 東芝のことはもはや眼中にない!? 日立は構造改革を断行 長年のライバルに差がついた 産経ニュース (2016.1.1)にあるグラフが分かりやすい。

 構造改革した日立は復活して以来黒字を確保しているが、不正経理をした東芝はギリギリ黒字を確保していた。そして、不正経理と巨額損失が明るみに出て今は存亡の危機だ。

 日立の川村相談役(前社長)が断行した構造改革の成果という評価が多い。
おかしくなったと感じた時に構造改革すれば生き残れるが、不正をしないまでも問題を先送りすると危機が訪れるということだろう。

 組織の内部にいると組織がおかしくなっているのを感じないことが多い、不都合なことは見えても見ないのが人間というものだから、問題が顕在化するまで気が付かない。(気が付かないふりをしている。)

 東芝の歴代社長の責任を問う記事は多いのだが、上に逆らえない企業風土だったという指摘も多い。 しかし、リストラされた社員や売却された事業部の社員にとっては、職を失うのだから、社長が悪かろうが、企業風土が悪かろうが はっきり言って関係ない。

 東芝から学べることは、おかしいと思ったら声をあげておかなければ手遅れになるということだろうか。とりあえず声をあげれば自分自身が客観的になれる。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌

« 社内報炎上 <外野が騒ぐこと?> | トップページ | 東京海上日動の広告 <メッセージがハンパない> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/64839258

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝解体 東洋経済 2017/2/4:

« 社内報炎上 <外野が騒ぐこと?> | トップページ | 東京海上日動の広告 <メッセージがハンパない> »