フォト
無料ブログはココログ

« COCORA自閉症を生きた少女 <最後まで読めなかった> | トップページ | 中の四季の森公園 桜(2017) »

2017年3月23日 (木)

若い人たちに話すこと <年齢が1回り以上離れると伝わらない?>

 若い人たちが受ける研修の最後に時間をもらって、彼らに

  • 技術を修得する方法
  • 組織内マイノリティとしての技術者で身を立てるということ
  • コミュニケーションの重要性

などを話していている。「技術の伝承」(2012/12/03)

 元々は技術的な話をしていた。当時講義を受けた奴と酒を飲むと「『こんなの分からない奴はシネ』と言われた。」などと絡まれるのだが、学習するきっかけにはなったようだ。
(「簡単にわかるでしょ♡」と言っただけなんだけど)

 その後10数年前に、若い人たちの気質が変わった時期があって、お願いして話す時間をもらったものだ。

 この講義を止めることになった。

 学校で習うような技術の話ではなく、心構えのような話は年齢差が開きすぎると伝わらない。だいたい1回りが限度だそうだ(出展忘却)。

  経験では、1回り以内なら自分のロールモデルとして話を聴くことができるし、その人の実績も知っているから、素直に話を聴くことができる。それ以上離れると、前世代のオジサンの話だから、自分のこととして話を聴くことができない。「ヘ~そうなんだぁ」のような感じ。

 ときには、何年か経って、「あの時、こんなこと言いましたよね」と言われることがあって、涙が出るほど嬉しかったりする。

 今話している若い人たちは、親子ほど離れているので、彼らからすると、口うるさいオヤジの小言に聞こえているのかもしれない。

 彼らから1回りくらい離れた人が話したほうが良いのだろう。 

 歳は取りたくないねぇ...



最近の投稿

« COCORA自閉症を生きた少女 <最後まで読めなかった> | トップページ | 中の四季の森公園 桜(2017) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/65019166

この記事へのトラックバック一覧です: 若い人たちに話すこと <年齢が1回り以上離れると伝わらない?>:

« COCORA自閉症を生きた少女 <最後まで読めなかった> | トップページ | 中の四季の森公園 桜(2017) »