フォト
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月30日 (水)

最高のリーダーは何もしない <ようにみえる>

最高のリーダーは何もしない 藤沢久美 ダイヤモンド社

Photo_6

トヨタが復活し、シャープが凋落した理由を藤沢久美氏は

一方、シャープやソニーでは、創業時の哲学とそれに基づくビジョンが、ある時期から途絶えてしまった感があります。企業の哲学とはかけ離れた目的を掲げるリーダーが登場したことで、組織を支える「根っこ」がなくなってしまい、従業員たちが依って立つところを見失ってしまったように見えます。

という。

 創業時の哲学を引き継がないトップに変わり、創業時を知らない人が増えたのは、他人事ではない。もう、原点回帰することはないだろう。であれば、リーダーは今「依って立つところ」を示さなくてはならない。

 「依って立つところ」を示すには、「依って立つところ」を考えられて、しかも、示して伝えられることが必要だ。

 「依って立つところ」を考えることと、「依って立つところ」示し伝えることの両方できるリーダーが少なく(いなく)なっているのだと思う。

 「依って立つところ」を考えることより、示して伝えることの方が難しい。しかし、その気になれば考えることはできる。また、示して伝えることもその気になればできる。 重要なことは、相手に伝わるかどうかということ。伝えることはスキルだけではない「何か」が必要だ。

 それなりのポジションに就けば、伝えられるようになると思ったら大きな間違いだ。これは経験から言える。それなりのポジションに就く前から練習しておかなければ到底無理だと思う。

 そう考えると、最近「依って立つところ」を示して伝えらるリーダーがいなくなったのは、それなりのポジションに就く前に考え、示し、伝える練習をしてこなかったことが原因だろう。

 つまりリーダーを育ててこなかったツケが回って来ている。

 事実、それなりのポジションに就くまでに、考え、示し、伝えることを求められた覚えはない(覚えていないだけか?)リーダー候補として見られていなかったのかもしれないが。

 考え、示し、伝える練習をしてもできるようになるとは限らない。できるようにならないからこそ、オジサンたちは、次世代を担う人達に、考え、示し、伝える機会を与えなければならない。このオジサン何もしない!と思われても。

「最高のリーダーは何もしない」ように見えるのだ。(^^ゞ


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌

2017年8月28日 (月)

マズローの欲求5段階説と倫理

 サイバーセキュリティ分野で「倫理」を語る人は、してはいけないこと、つまり「法」しか語らない。 理由を考えていて、ふと、マズローの欲求5段階説で説明できるのではないかと、思いついた。 こんなことは、すでに誰かが考えているだろうと、ぐーぐる先生に尋ねてみたら、

ブラック企業をマズローの欲求5段階説で考えてみた 残業ゼロのIT企業AXIA社長ブログ 2017.5.25

がヒットした。「マズローの欲求5段階説と倫理」ではなく「マズローの欲求5段階説とブラック企業」の考察だ。

 米村歩氏は

ブラック企業にありがちですが「お客様に貢献したいと思わないのか」「成長したいと思わないのか」というようなことをよく言ってきます。w

いや正論です。正論ですよ。正論だけどもこれじゃダメなんです。

だって低次の欲求が満たされていないから。

労働者としては低次の欲求が満たされていない状態でこんな正論を言われても「ふざけんなしね」としか思いませんよね。

そんなことよりもまず寝かせてくれ、健康的な生活を送らせてくれとしか思いません。当然です。

私自身もブラック企業時代には従業員にこういうこと言ってました。多分従業員からはふざけんなしねとしか思われてなかったと思います。当然ですね。

以上から、マズローの欲求5段階説で考えるとブラック企業は下記のように定義できそうです。

ブラック企業とは低次の欲求を満たしていないのに高次の欲求を満たそうとしてくる企業のこと

だと仰る。 なるほど、納得である。

 ブラック企業を倫理に置き換えて考えてみる。

 情報セキュリティ技術者倫理に則って行動するとか、技術者倫理と企業倫理との葛藤を解決するという要求はかなり高次な欲求だ。 少なくとも社会的欲求(帰属欲求)以上の欲求だろう。

 マズローの欲求5段階説では、低次の欲求が満たされなければ高次の欲求は生じないとされている。

 つまり、企業倫理に則った行動をしようとするなら、安全欲求を満足していなければ無理。さらに情報セキュリティ技術者倫理に則った行動をしようとすると、社会的欲求を満足していなければ無理ということだ。

 米村歩氏が指摘するように、デジタル土方で働かされている人たちは、生理的欲求、安全欲求、社会的欲求などの低次の欲求が満たされていないことが多い。その人たちに対して高次の欲求を満たそうとするのは、ブラックだ。

 「サイバーセキュリティ人材育成」を語る人は、この業界で働く人の多くが低次の欲求が満たされていない事実を知っている。あるいは、語っている人自体が低次の欲求が満たされてないのかもしれない。

 当然、低次の欲求が満たされてない人に、高次の倫理を話をしても通じないことも知っている。

 その結果、「法に触れるようなことだけはしてくれるな。」になるのだろう。

 衣食が足りていないならば、「渇しても当選の水を飲まず」と言わなければならない。

 IT業界、サイバーセキュリティ業界はそれでよいのだろうか? この業界で働く人たちやこの業界を目指す若者たちに尊厳欲求や自己実現欲求レベルの話ができなくて良いのだろうか?

 サイバーバブルに踊らされている場合ではないと思う。



最近の投稿】 【最近のよしなしごと

2017年8月26日 (土)

創造力をどうやって獲得するか <受け流す>

 自分は「創造力」がある方だと思う人はラッキーだ。

 「エンジニアと名乗るからには頭を使え!(2017/08/22)」で「創造力」や「自分の頭で考える力」は、後天的にに獲得できるのではないかと書いたので、どうすれば「創造力」や「自分の頭で考える力」を獲得できるのか考えてみた。

 「創造力」は、0を1にする力、無から有を生み出す力、昨日存在しなかったものを今日存在するようにする力、「もの」は形がある物でなくても、サービスや概念でもよい。

 何か新しいものや新しいことを創り出すためには、新しい{もの|こと}を思い付く「発想力」と思い付いた{もの|こと}を実現するための「実現力」、そして無理だと思っても1歩踏み出す「実行力」が必要だと思う。

 創造力 = 発想力 × 実現力 × 実行力

発想力

 「発想力」は芸術家などに先天的に備わった能力と思いがちだ。たしかに、芸術家が考えることは凡人には到底理解できない。でも、実務の世界では全く新しいことを思いつく必要はなくて、「既存の発想の組み合わせ」で良い。簡単に言えば「目の付けどころ」だ。これなら、天才的な閃きがなくても良い。

 iPodには新しい技術はなかったと言われる。実は、{iPod+iTunes Store+品揃え}の組み合わせがそれまで無かったという見方もできる。

 全然閃めないという人でも、

 !(・。・)b 「そうだ!」( ̄Å ̄)「でも無理かぁ」

 ということはある。!(・。・)b 「そうだ!」 が「閃き」や「目の付けどころ」シャープでなくてもいいから覚えておく。

実現力(技能、コミュニケーション能力)

 閃いたアイディアを現実の形にする「実現力」は、「もの」であれば最終的に「技能」に行き着く。「こと」であれば「コミュニケーション能力」に行き着く。

 どんなにすばらしい閃きでも、物にするためにには、「うで」や「技能」が必要だ。音楽なら、演奏すること、歌うこと。ITならプログラミング、サーバー構築。

 サービスを実現するためにはコミュニケーション能力が必要。サービスを提供する相手は人だからコミュニケーション能力がなければ現実のものにならない。

 コミュニケーション能力は他人を口先で操る能力ではなくて、相手の思いを受け取り、自分の思いを伝える能力と言った方が分かりやすいかも。

 「技能」や「コミュニケーション能力」が高い人は、自分1人で新しい{もの|こと}を創れるので貴重な存在だ。

 でも、自分一人で全て持っている必要はない。凡人でも、何かしらの技能を持っていたり、何かしらのコミュニケーション能力を持っているものだ。足りない能力は誰かに頼むとか金を出して買ってくるとか、何でも自分でやろうとすると疲れてあきらめてしまう。

 言っちゃ悪いが、スティーブ・ジョブズが持っていたのは、閃きと人をその気にさせる能力。それでも創造的な製品やサービスを創った。実際に作ったウォズニアックでも皆ジョブズが創ったと思ってる。

実行力

 「実行力」は最も重要だ。思い付いても、技能やコミュニケーション能力があっても、1歩踏み出さなければ始まらない。

 「一歩踏み出す力」は老若男女を問わず誰でも持っている。それでも1歩踏み出せないのは、失敗体験や、常識、職場の空気、知人の助言(お節介)、失敗体験などの「思い止まらせる力」の方が大きいからだ。

 「一歩踏み出す力」<「思い止まらせる力」

 「思い止まらせる力」は一見自分の周りからの力のようだけど、実は、すべて自分の中にある。 失敗体験や常識、職場の空気も知人のお節介もそれを気にするのは自分だ。考えなければ良いのだけれど、それができれば苦労はない。 

 経験では、失敗体験や常識、職場の空気、知人のお節介、全部無視しても自分が考えるほどの影響は無い。ビビり性の人は最初聞くだけ聞いて受け流せば良い。自分が思うほど影響がないことが分かる。

 受け流すのが「一歩踏み出す」ための第一歩。

 受け流すことが難しいから、聞くだけ聞いてみようと考えるのは良くない。「思い止まる」ための第一歩だ。

ざっくり言うと 

 創造力はざっくりいうと

 創造力(ざっくり) = 目の付けどころ × 他人の能力 × 受け流す 

ってことかな。

自分の頭で考える力

 「創造力」の獲得方法は分かった。では、「自分の頭で考える力」はなぜ必要なのかというと、

 「自分の頭で考える力」は、「想像力」の獲得方法のすべての場面で必要になる

から。

 つまり、誰かに教えてもらったことも、本やネットで得た情報も、盲目的に従うのではなく、自分で考えて、従うか従わないかを決める。決めるときに必要になるのが「自分の頭で考えて決める力」だ。

 間違った判断を恐れる必要はない。「自分で決めたことの結果は自分が引き受ける」と考えれば良い。他人の判断がいつも正しいわけではないのだから。

カッコ良くいうと

 今後、機械(AI)に置き換えられないためには「創造力」を獲得し磨くことが必要。

 先天的な「創造力」を持っていない人は

「発想力」→オリジナルでなくても良い「目の付けどころ」で勝負する
「技能」→自分でできないことは、他人に頼む
「コミュニケーション能力」→「思い」を受け取り、伝える
「実行力」→常識、職場の空気、お節介を聞き流す
「自分の頭で考える」→自分で決めたことの結果は自分が引き受ける

でOK。

 「自分で決めたことの結果は自分が引き受ける」

ことが最も重要だと思う。

 機械(AI)にとって代わられるまで現状を変えないと決めて、その結果を自分で受け止めると決心したのならそれも良い。 他人の決心に口出しはできないのだから。


 実は「創造力」はある方じゃないかなと思っている。^^) でも、芸術の才能があるわけじゃない。子供の頃から面白いことを考えるのが得意だった。

 人の気持ちを察することができなかったり、空気が読めないから、失敗体験や常識、職場の空気、知人のお節介を受け流すことができる。(これは先天的?)

 それが、「創造力」の源じゃないかと思う。


最近の投稿】【最近のよしなしごと

2017年8月24日 (木)

三四郎 <美禰子さんの気持ちはわからない>

三四郎 夏目漱石 

Photo

 テレビの地上波が面白くないのでBSを見ていたら、NHK BSプレミアムで『深読み読書会「夏目漱石“三四郎”~108年目のプロポーズ~」』 をやっていたので、見るとはなしに見た。

 漱石の「三四郎」は知っているが読んだことはない。
坊ちゃんは中学生の時に「そりゃイナゴぞなもし」くらいまで読んだ。
こころは高校生の時にがまんして最後まで読んだ。
いずれも、夏休みの宿題の読書感想文を書くためだ。

 空気を読んだり、他人の心情を慮ることが苦手な性格であることを、自覚していない時期だったから、小説を読んでも感想というものが浮かんでこなかった。

 宿題の読書感想文は、巻末にある解説を読んで書いた。その時には、解説を書いている人は、なぜ、そこまで行間が読めるのか不思議に思わなかった。勉強すれば行間が読めるようになるのだろうと思っていた。

 勉強しても行間は読めるようにならないと気が付いたのは五十路を目前にした頃だった。

 「三四郎」は田舎から都会へ出てきた青年の人間ドラマくらいのありふれた認識しかなかったから、深読み読書会の、「三四郎」を美禰子の婚活小説として読むという視点が面白い。

 男子高校生だった頃にこの視点は到底無理だ。今も無理だけど。

 深読み読書会が面白かったので青空図書館で「三四郎」を読んでみた。
やっぱり、よく分からない。

 歳をとって覚えたことは、分からないことは自分に影響が出るまで無理して判断しないという方法だ。

 美禰子さんの気持ちは分からないままにしておこう。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌

2017年8月22日 (火)

エンジニアと名乗るからには頭を使え!

Yoshi品質研究所の毎日コラム第1590回

Yoshi品質研究所 Facebook 2017/08/03

第1590回

エンジニアと名乗るからには頭を使え!
昔、私の先輩に言われた言葉です。
最近「エンジニア」と名乗る「オペレータ」が増えてきている気がします。単純に言われたことだけやるとか、図面をトレースするだけというような仕事をしているのに、「自分はエンジニアです。プライドがあります」と言うような人のことです。
かわいそうなのは、近い将来この手の人に「仕事はなくなる」と言うことです。ここ10年ほどで一気にCADなども発展し、モデファイ設計の領域ではもはや機械任せでも図面が書けてしまう時代。そうなると「自称エンジニア」を高く雇うくらいならば、CADのお絵かきを出来る「オペレータ」を安く雇ったほうが企業としてはコストダウンになります。
それに気づかずに、「継続的に頭を使い続ける」ことを止めてしまったら、エンジニアは存在価値がなくなってしまうわけです。
機械では生み出せない「創造力」こそがエンジニアの価値なのですから。


 「技術で食っていく決心」をしていない者はどうしても易きに流れるので「オペレーター」になりがちだ。 Yoshi品質研究所さんの例は設計だが、技術に携わる職業全般に言えることだと思う。

 「技術で喰っていく」ためには、日々新しい技術を追いかけて、日々技術力を磨かなければならない。この作業は「エンジニア」である限り続く。自転車と同じで止まってしまうと倒れる。 その時が、仕事を初めてから3年後なのか、10年後なのか、20年後なのかは分からない。

 唯一言えるのは「技術で食っていく決心」をした人ほど長続きするということだ。

 気力や体力がなくなってこの作業を怠ってしまうと「終わったエンジニア」になる。
そして、「終わったエンジニア」であることを自ら認めるのはツライから「自称エンジニア」になって「オペレーター」の仕事しかできなくなるという構図だろう。

 それでも昔は「自称エンジニア実はオペレーター」でも仕事があった。しかし、「自称エンジニア実はオペレーター」のコスパは非常に悪い。しかも、最近は、自動化、機械(AI)化が進んで、人間にしかできない仕事は少なくなっているから、「自称エンジニア実はオペレーター」の仕事が「オペレーター」や機械(AI)にとって変わられる。

 猶予はない。

 更に、これまで「エンジニア」の仕事だった領域も機械(AI)に浸食される。
つまり、「技術で食っていく決心」をしている人でも、今後、機械(AI)にはできない能力を見つけ、習得し、磨かなければならないということだ。

 その能力とは、「自分の頭で考える力」だと思う。Yoshi品質研究所のいう「創造力」も同じだ。

 この能力は先天的な要素が大きいような気がする。しかし、後天的に獲得できないというものではないような気もする。

 では「創造力」をどうやって獲得するか?

 たぶんつづく


最近の投稿

2017年8月20日 (日)

MOMO初号機打ち上げ報道と確証バイアス

MOMO初号機打ち上げ

 満足な結果ではなかったけれど。今は失敗することが大きな財産だと思う。H2Aも何度も失敗して今がある。 H2Aは税金だからかなりのプレッシャーだけれど、民間企業だから国民から非難されることもない。

 ノウハウは失敗から得られる。そしてノウハウを公共機関ではなく、民間企業が持つことの意味は大きいと思う。

 将来、マイ人工衛星が持てるようになると考えると、楽しくなるよね。

###

 ところで、この報道が日本と米国で違うことが話題になっている。元はTwitter(https://twitter.com/ChoiChoiAdv/status/892344537154109440/photo/1)。

ホリエモンのロケットの打ち上げ結果の日本とアメリカの報道の違いにメディアの質を見た(←http://temita.jp/twitter/51650)

日本のメディアは「失敗」で米国のメディアは「部分的成功」と報道したという。

 なんでもかんでも米国の方が良いというわけではないだろう!と思ったら。ちゃんと調べている人がいた。

ホリエモンロケットは「失敗」だったのか、部分で全体を語らない(←http://www.netlorechase.net/entry/2017/08/04/080000)

結論は

①「失敗」の表現を見出しに使った3紙は時間的に速報扱いであり、その状況では「失敗」という言葉を使うこともありうるだろう。

②アメリカメディアで「partial success(部分的な成功)」というような、好意的な見出しをつけているのはEngadgetの一記者だけであり、アメリカ全てのメディアがそのような表現を使っているわけではない。

③過去の日本の打ち上げ失敗に関しては「失敗」の表現を使っており、記事見出しだけで、日本とアメリカのロケット開発の温度差をはかることは難しい。

確証バイアスのせいで、日本の報道はダメと書くと同調する人が多い。


タイトルが「認証バイアス」になっていた。正しくは「確証バイアス」(2017/8/22)


最近の投稿

2017年8月18日 (金)

シナリオ・シンキング

シナリオ・シンキング 西村 行功 ダイヤモンド社

Photo_5


トレンドをベースとした感度分析の結果を「ベストケース・シナリオ」「ベースケース・シナリオ」「ワーストケース・シナリオ」とし、それぞれにシナリオの発生する確率を当てはめる考え方もあるが、これもシナリオ・プランニングで扱うシナリオではない。

シナリオは、

戦略的には「未来を複数考え、それに対する方法を事前準備する」ためのツールである。
組織的には「組織の記憶をつくり、集団的意思決定を行う」ためのツールである。

らしい。

 ちゃんと、目的も書いてあって、手順も書いてあって、ハマリ所も書いてあって、サンプルまであるのだが、この本を読んだだけでは、この手法が使えるような気がしない。難しいので独学で挑戦しようという気にならない。
セミナーなどで、トレーナーに教えてもらわないと使えそうに無い。

 複数の観点があった方が良いらしいので、チームで使うと効果があるのだろうか?



最近の投稿】【最近の書籍・雑誌

2017年8月17日 (木)

炎上記事のコメントを読んでみた

東洋経済ONLINEに「役職者を「さん付け」する会社が崩壊するワケ 江口克彦 :故・松下幸之助側近 (2017年04月14日)」という記事があって コメントが炎上している。

【考察】

 コメントはほぼ否定的な意見だ。 文章が短い人(Twitter風)はおそらく若い人で、脊髄反射で書いているのか、根拠がないと反論しながら、その反論にも根拠がなかったりする。

 主観的な意見に主観的な反論をしているので、双方言いたいことを言い放しの感は否めない。

 コメントを分類すると。

  • 「さん付け」でうまくいっている例がある
  • 因果関係が検証不足
  • 海外企業では敬称で呼ぶ習慣はない
  • 松下幸之助側近という肩書って何
  • 肯定的な意見

 

〇 「さん付け」でうまくいっている例がある
 「さん付け」で上手くいっている会社を挙げている人は多い。
「さん付け」で上手く言っている会社を1社挙げて反論するのは、この記事が「さん付け」で上手くいかなかった例を3社挙げているのと同じで根拠としては弱い。

 

〇 因果関係が検証不足
 因果関係が検証できていないという意見も多い。
江口克彦氏は

ですから、「さん付け」をやめたことだけが「発展の要因」とはいえません。

と書いておられるから、「さん付」⇒「業績悪化」の因果関係は未検証であることが分かる。
 冒頭に「筆者の34年におよぶ経営者としての経験から言えば、」とあるように、 江口克彦氏の34年に及ぶ経営者としての経験則を支持するか、支持しないかだ。

 主観的な主張だから支持できないという主観的な反論でよいのだが、江口克彦氏の主張が誤っていると反論するならばそれなりの反証は必要だろう。客観性を求めるなら、コメントにあったように、多くの企業の「呼称」と「業績」の関係を調査するなりしなければならない。それができないならば、反対意見もまた主観的だ。  

〇海外企業では敬称で呼ぶ習慣はない

 この記事を読むと海外企業のことは眼中になくて、「国内企業においては」という暗黙の前提があるのではないだろうか。
 想定外されていない海外企業を例に挙げて反論しても議論にならない。

〇松下幸之助側近という肩書
 どう名乗ろうと勝手だと思う。相手の肩書だけで人格まで否定するのは、2ch的だなあ。少なくとも江口克彦氏への反論ではなく、単に相手を叩こうとしているだけのように見える。
 (肩書までみて記事を読んでいるのはスゴイな、肩書は気にしていなかった^^;)
 
〇肯定的な意見
 肯定的な意見は少ないのだが

NO NAMEf1b72ef5eaa6
おいおい、この記事の否定をしてる奴等よ
オマイらは表題しか読んでないのかい?

オマイらが否定の為に挙げてる企業はいずれもそもそもで意識が高い位置に有るのでは無いのかね?
筆者も書いてる、全てがこの呼び方一つで変わった訳では無いと

でも、家族みたいなぬるま湯に浸かっている人間達の意識を変えるのに

たった一つ呼び方を変えるだけでも充分な効果が得られたと言ってるじゃないか

勿論、否定側の言う様に筆者の方にも言い切り過ぎて無いか?と言う部分はあるけど

実体験と言う点で、筆者が自信を持って書いてる、ただそれだけの話し

全ての企業が当て嵌まる訳が無い、でも、藁にもすがる状態であるのなら
情で織られた藁で無く、理智を持ってして織られた藁にすがるべきだと書きたかったのだと自分は感じた。

冷静な解釈ですね。この意見に賛成。

【オヤジ的には】

 江口克彦氏は経営者的な立場でこの記事を書いておられる。

 自分の立場(ミドル・マネジメントで考えると。

  • 優先的に解決すべき問題が「役職にある者の責任感の欠如」にあるなら、「肩書」で呼んでみる
  • 優先的に解決すべき問題が「風通しの悪さ」なら、「さん付け」で呼んでみる

でいいじゃないだろうかと思う。 効果がなければ他の対策を考える。
ミドル・マネジメントにとって重要なことは問題を解決することでスローガンじゃないから。

【経営者的には】

 経営者的には部下に対して

「部長」「課長」と呼ぶ際には「あなたは部長としての自覚がありますか」「責任感がありますか」という意識をこめて呼べばよいのです。

が言いたいのだろう。

【部下的には】

 でも、あなたは部長としての自覚がありますか」「責任感がありますか」なんて経営者が直接部長に言えよ!と思ってしまう。 そもそも、部長としての自覚がない者、責任感がない者を昇任させるなよ!と思う。  たぶん、自覚や責任感がない課長、部長も若いころはそう思っていたはずだけど。

【まとめ】

 この記事のタイトルは、煽りでも釣りでもないと思うのだが、書いた人とコメントした人の、ジェネレーションギャップを感じる。 文章が短い人(Twitter風)はおそらく若い人で脊髄反射で書いている。文章が長い人は役職についている人だろう。

 若い人からすると、江口克彦氏の主張は前世紀の遺物のような時代遅れの認識のように思うだろう。でも、とりあえず批難する前に、

〇 筆者の世代を考えてみる
 この世代は終戦の焼け跡から日本を復興し、成長させ、バブルに踊って、20年無策で、今はちゃんと年金をもらっている世代だから、未来への希望があった世代だ。そしてその時代での成功体験がある。そういう背景がある人の意見だと思って読む。
  
〇事実は事実として受け入れる
 業績が悪かった事業を立て直したという事実は事実として認める。つまり、それなりの実績を残している人だから、全く根拠のない主張ではなく、少なくとも熟慮したことがあると考えるのが妥当だろう。
 問題は、その成功例が現時点において効果があるかどうかだ。
 
〇主張の正否ではなく、自分はどう行動するかを考える
 この記事は主観的な主張だ。しかし、客観的事実に基づかない主観的な主張はすべて取るに足りないというわけではない。経験が豊富な人は暗黙知も多い。しかし、暗黙知は論理的に説明できないことは多い。
 経験則ベースの話の正否を論理的に判断するのは難しい。事実、批判的なコメントは多いが、論理的に誤りを指摘したコメントはない。

 せっかく、貴重な時間を使って読んだのなら、主張の正否を考えるのではなく、この記事の主張である、

  •   「役職の自覚や責任感のない上司にどう対応するか」

を、自分ならどうするか? と考えればよいのではないだろうか。そして、

  • 江口克彦氏の主張のように「〇〇課長」と肩書で呼ぶのも良いし、
  • 無視して責任感がある上司と話しをするでも良いし、
  • 自分が課長になったらどうするかを考えるのも良い。  

自分がとるべき行動を考えるたとき、おそらく正解はない。環境が違うから。

このときに、「社長が××すべき」のように他人の行動ではなく、「自分なら〇〇する」のように自分の行動を考える。

 きっと、その方が「コイツアホか!」のようなコメントを書くより、10倍役にに立つと思う。


最近の投稿

2017年8月16日 (水)

「エンジニアは業務時間外でも勉強するべきなのか」への批判意見

「エンジニアは業務時間外でも勉強するべきなのか」への批判意見をまとめてみた  残業ゼロのIT企業AXIA社長ブログ  2107.7.20

エンジニアは業務時間外でも勉強するべきなのか 2017/7/18 への批判意見のまとめ。

 このネタは定期的に登場するので、米村歩氏は予防線を張っていたようだけれど、それでもかなりの反論があったようだ。

 はてなブックマーク - 「エンジニアは業務時間外でも勉強するべきなのか」

 批判派の人は米村歩氏に対してではなく、自分の会社、自分の上司を思い浮かべて反論しているんじゃないだろうか。米村歩氏の意見が正論だとわかっていても、自分が置かれた環境を考えると、文句が言いたくなるのだろう。

 とすると、やはりこの業界、黒い会社は多いんだろうなと思ってしまう。

 キャリコネが反論していないのは、あまりに正論だったからか?

###

 35歳限界説(ウチでは、40歳限界説)という伝説がある。これが本当だと仮定する。

 米村歩氏の主張は、35歳で限界を迎えた燃え尽きた人は会社からいなくなることを前提にしているのだと思う。

 業務時間外でも勉強する人は35歳で燃え尽きないので会社に残る、35歳で限界を迎えた人は会社を去り、新人が入ってくる。35歳で燃え尽きない人の労働条件を良くしておけば、燃え尽きない人が増えて会社の業績も上がる。麗しいモデルだ。

 ところが、これが年功序列の組織だと、35歳で燃え尽きても辞めないでよい。
「簡単にマネジメントができると思うなよ」と米村歩氏は仰る。これは本当に本当に正しい。でも燃え尽きた人は残る。

 燃え尽きる人は燃え尽きない人より圧倒的に多いから、年功序列の組織では、ほとんど燃え尽きた人になる。しかも、マネジメントもできない人も多い。

 誰が仕事をしているかというと、燃え尽きる前の若い人と少数の燃え尽きていない人。そして、燃え尽きた人(例えば理不尽な批判をしていたような人)が仕事の邪魔をする。

 これって、黒い会社以上に真っ黒じゃないだろうか。。



最近の投稿

2017年8月14日 (月)

赤外線送受信モジュール

 勉強会でaitendoの赤外線送受信モジュール[M1838-NEC-4P]の話題が出た。

 受信はできるけど送信できないらしい。興味がわいたので注文した。

 届く前に素性を調べてみた。aitendoには、このモジュールの素性は詳しく書かれていない。

 ぐーぐる先生に「ir receiver transmitter module」で尋ねてみると、同じ製品がたくさん引っかかる。

 aliexpressでは送料無料で $1.60で売っていたりする。

 使用されているIC(16pinSOP)の型番は見えないけれど、(http://www.valuehobby.com/nec-infrared-receiver-transmitter-encode-decode-module-for-arduino.html)には回路図もある。

 使われているICはSTC11F02Eらしい。(http://www.uctronics.com/infrared-remote-ir-decoder-encoding-transmitter-receiver-wireless-module-nec.html)の画像を見ると、 たしかに、STC11F02E と読める。

 STC11F02Eは STCが売ってるi8052コンパチのCPUらしく、専用チップではないらしい。
どおりでチップの情報が見つからないはずだ。

 このサイト(http://www.uctronics.com/download/U3107_Infrared_decoding_module.zip)にはマニュアルもあるのだが、「NOTE:There is only Chinese Manual.」だって。

 簡単なマニュアルだから、ぐーぐる先生に翻訳してもらうと大体わかる。

 NECフォーマット専用のようだから、家電を制御しようとすると動かないものがあるということか。

 バイナリデータが送信できるターミナルソフトがあればテストできそうだ。


最近の投稿

2017年8月12日 (土)

トランジスタ技術 1973年5月

トランジスタ技術 1973/5

Trgi197305

 ヤフオクでトラ技 1973年5月号を買ったら1971年5月号が届いた。ので、ハイファイ堂から古本を買った。
1973年当時の値段は320円。2017年の物価は当時の4倍くらいだから今にすると1,200円くらいだ。2017年のトラ技は1,000円くらいなんだけどな。

 トラ技1971/5 は「フレッシュメン特別号」1973/5も「フレッシュメン特別号」だ。毎年5月号は「フレッシュメン特別号」だったのだろう。

 JA1AYO 丹羽一夫氏による、「PLLを採用した144MHzシンセサイザートランシーバの製作」がある。丹羽一夫氏は60年代から90年代にCQ誌やトラ技に技術解説や製作記事の連載を持たれていた。連載を読む度に毎月毎月いつ作っているのだろうと思っていたら、1969年から1973年までCQ誌の編集長だったようだ。納得。

 1971年から1973年までの2年で大きく変わったのは広告だ。

 1971年には掲載されていなかった信越電気商会の広告が掲載されている。現在の店舗から総武線寄りに一本手前の通りにあった(現在のツクモパソコン本店)頃の地図が載ってる。

S

 FETは安くなっている。1971年に570円だった3SK35は1973年には250円になっている。2SK19は変わらず150円だ。

 そして、TTLの広告が増えた。SN7400(NAND)が120円、SN7490(Counter)が330円、SN74181(ALU)が4500円(o_o まだ74LSはない。

 デザイン集に掲載されている標準的なFMチューナのフロントエンドは

Fmfrontends

2SC930E(RF)-2SC930E(OSC,MIX)だ。標準品にはFETは使われていなかったようだ。

 50MHz帯と140MHzのフロントエンドも掲載されていた。

50mrxs

50MHz帯は2SK19x2(RF)-2SC784(MIX)。 RFに2SK19のカスコード接続を使うのはVHFハンドブックにも載っていたような気がする。

144fes

 140MHz帯は3SK35(RF)-3SK35(MIX) 2SK19はこの周波数帯まで使えない。

 パーツ棚をゴソゴソしたら3SK45が出てきた。3SK59があったはずなのだが。(ついでに2SK19も。)

3sk45 2sk19

 3SK35と3SK59は東芝、3SK45は日立、3SK39は松下だ、無線機の保守をやっていたときには、まだ3SK39が使われていて、ほどなくしてバイポーラTrに変わった。

 それはさておき、目的のATOM-8の記事はあった。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌】【最近のRF

2017年8月10日 (木)

テック・ギークと確証バイアス

SUGEEE!けどトゥーマッチ…10歩先を行ってしまう技術大国ニッポンの悲しさ 河崎 環citrus 2017.05.12

 河崎環氏は仰る

そう、日本企業はどうもテック・ギーク(技術オタク)であり、海外企業のような派手なマーケティングの陰に隠れてしまう。携帯テレビや電子マネーなど、日本が早すぎて海外が10年ほど経って追いつき、しかも後発の方がウケるというケースは珍しくありません。日本ってば、ついオタクマインドを追求して10歩先を行ってしまい、時代に早すぎて勝機を逃しまくる子なのです。

 そう、富士通が指紋認証機能を付けたのが2003年でAppleがTouchiIDをiPhone5Sに付けたのが2013年ということを言ってるらしい。

(↓カメラの下の□が指紋センサー)
F-10D

 そう、よくある指摘だけど...
Appleと富士通のスマホだけを比較して、日本企業が技術オタクと決めつけるのはいかがなものだろう?と直感的に思ってしまった。

 日本企業がテック・ギークいうよくある主張をきちんと検証しなまま後追いしてアルアル感を醸し出ている?

日本の製品開発は、もともと日本が人口1億3000万人の大きめの市場であることや日本語という分厚い語学的障壁も手伝って、基本的にマーケット照準を国内に定めていて、初めからまず世界で売るためのプランニングはあまり見られません。はなっからガラパゴス内で使うことを前提としているのです。

この指摘もよくあるけど...

 携帯電話の場合は、NTT(日本)が通信規格争いで負けたという事情がある。親方日の丸電電ファミリーの優等生富士通が親方の意向に逆らって、日本とは違う世界で使える通信規格の製品を作れるはずもない。 

 反対に、昔のSONYは、最初から世界で売るつもりでいた。そして、世界で認められる企業になった。企業イメージは「技術のSONY」」、テック・ギークで売っていた。(今は違うけど。)

 という反対意見は検証していない。

 自分の主張に合う情報を選択的に集める傾向のことを、確証バイアスというらしい。

 しかし、河崎環氏が想定している読者は、悪く言えば暇つぶしに記事を読む人だろう。(σ^^)もそうだ) 少なくとも「日本企業が世界市場で後れをとる理由」について真剣に考えている人を想定しているわけではないのだろうから、確証バイアスがかかっていても目的は達成しているのかもしれない。

 読者の立場では、
確証バイアスがかかった主張かどうかを判断できるようになりたいものだ。
自分に確証バイアスあると、確証バイアスがかかった記事を集めてしまう。


最近の投稿

2017年8月 8日 (火)

常識の越え方 <プロ経営者>

常識の越え方 池田純 文藝春秋

Photo_3

 池田純氏は住友商事、博報堂、DeNAを経て横浜ベイスターズ球団社長を務めた方だ。
経営が分かっている人は、業種が変わっても、ちゃんと経営ができるのだろう。むしろ、業界の悪しき前例に捉われなくれよい。

 池田純氏は専門領域について、

経営の人間が自ら職人技に手を出すことなどしないでしょうが、方針の確認、課題の共有、時には指示など、必ず何らかの形で介入しているはずです。昨今は「経営」と「執行」が分かれているケースもありますが、明確に役割分担がなされてはいても、「経営」は「執行」に無関心であるはずがありません。

という。

 経営とは、人や金、知識等のリソースを活用して組織に成果をもたらすことだ。プロ経営者はこの原則を理解しているから、専門外の分野で経営ができるのだろう。

 この原則を理解していない経営者は、自分の経験に頼り、自分の専門外の分野で失敗する。 経験は単なる体験のままでは、他の場所、他の場面で使えないから、経験を普遍化した知識にしなければならない。

 所属レベルでの普遍化は他の所属では使えない。部門レベルでの普遍化は他の部門では使えない。 プロ経営者は自身の経験を高度に普遍化しているのだろう。

閑話休題

 所属長クラスに経営感覚を求めればイノベーションは起こりやすい。しかし、中間管理職的感覚を求めれば官僚的になリ、イノベーションは起こりにくい。

 分かっていることだが実現することは難しい。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌

2017年8月 6日 (日)

これからのエンジニアに必要な「マネジメント」の考え方

de:codeで澤円さんが伝えたかった「エンジニアに必要なマネジメント」の真意とは? 馬場 美由紀 HTML5 Experts.jp 2017/6/14

de:code 2017での澤円氏の講演 これからのエンジニアに必要な「マネジメント」の考え方 をまとめたもの。

 channel9にプレゼンがある(50分)さすがにうまい。
(https://channel9.msdn.com/events/de-code/2017/SP04?term=de%3Acode2017%20%E6%BE%A4)

 技術の仕事をしていると、技術とマネジメントは対極にあるように思ってしまうけど(かつてそう思っていた)仕事ができるヤツはリスク/コスト/スケジュール/リソースは個人でも管理している。これは立派なマネジメントだ。

 「俺は技術屋だからマネジメントとは無縁だ!」と思っている人も、手始めに自分のスケジュールから管理してみるといいんじゃないだろうか。立派なセルフ・マネジメントだ。個人だと、一番貴重なリソースは時間だからスケジュールを管理すると、リソース管理もできる。

経験では、ダメダメなヤツはスケジュール管理ができない!!

と書いて、ふと気が付いた。自分のことじゃん。σ^^)

更に澤円氏は、マネジャは

  • 合意形成するための言語化
  • 技術+誰にでもわかる説明能力

が必要だとおっしゃる。確かにこれができるとかなり優秀な技術者で、マネジメントもできるだろう。

経験では、このレベルでかなりギャップがあったように思う。

 昔のことを思い出すとマネジメントしてくれる人と組んだときにいい仕事ができていたような気がする。マネジメントしてくれる人が言語化と説明を引き受けてくれていたからだ。

 言語化、説明能力アップの方法として、分からない人を捕まえて話を聞いてもらうのは有効だ。若い人には、「君のおじいちゃん、おばあちゃんに説明してみ」と言っている。

 σ^^)の場合は、娘に読んでもらったり聞いてもらうことが多い。身内は容赦ないので、2,3行読んで「ムリムリムリ」になることは多い。

 知識、特に暗黙知の言語化とその説明能力を考え始めたのは、講義を受け持って人に説明するようになり、理解してもらおうと思ってからだ。それまでは、聴衆が理解できようできまいが関係なく、「説明するから後はヨロシク♡」という説明だったように思う。

 伝えたい、伝わるように話したい。と考えるようになることが必要だと思う。

経験では、技術にのめりこんで視野が狭くなっていたときには、言語化や説明能力の重要性は浮かんでこなかった。

 説明能力はプレゼンテーション能力のように捉えられがちだが、キモは相手の常識の範囲で説明することに尽きると思う。専門家の常識で説明したのではどう頑張っても非専門家が分かる説明はできないから、説明したい相手の常識を推測してその常識で説明することが重要だ。

 推測が当たっていれば、「分かりやすい」と言われるし、当たっていなければ「頑張って説明しようとしているのはわかるけど...」と言われ、自分の常識だけで説明すると「ちっとも分からん!!」と言われる。

 相手の常識は分からないにしても合理的に推測すれば良い。100%当たっていなくても良いし、論理的に矛盾していても良い。むしろ、相手の常識を自分の常識で評価しないことが大切だ。

 σ^^)は、もともと他人の気持ちを察するのが苦手なこともあって、しかも拘る性格だから、相手の常識を自分の常識で批判しがちだ。例えば血液型と性格の話が出ると場所をわきまえずムキになって反論していた。(今は流せるようになった。^^)

 相手に説明するときには、相手の常識に反論してはいけない。相手の常識を知るだけで良い。

 このことに気が付くまでずいぶん時間がかかった。(^^;

それはさておき

 20代30代の時の自分がこのプレゼンを聞いたとしたらどう思うのだろうか?
きっと「マネジメントは重要らしいことは分かったけど具体的にどうしたらいいのだろう?」と思ったのではないだろうか。(^^;

 このプレゼンは分かりやすい。理解が早い人はマネジメントの重要性に目覚めるだろし、マネジメント能力を獲得しようと思うだろう。

「なるはやでちゃちゃっと、いい感じに仕上げといて^^)」

 と仕事を振っておいてから

「このプレゼン役に立つかもよ」

 と薦めると効果があるかも。


最近の投稿

2017年8月 4日 (金)

おっさんになったとき間に合うこと、間に合わないこと

多くの若い人より圧倒的に成長速度の速いおっさんと絶望的に遅いおっさんの違い 分裂勘違い君劇場の別館 2017-06-15

そもそも「技術はすぐに陳腐化するから、おっさんの知識は古くて使えない」というのは、半分本当だが、半分はウソだ。陳腐化してゴミになる知識もたくさんあるが、陳腐化せずに蓄積していく知識も膨大にあるのだ。「いまからシステム開発を始める若い人は、RDB、オブジェクト指向、デザインパターン、正規表現、並列プログラミングなどという時代遅れの知識を学ぶ必要はない」とはならない

それどころか、むしろ、既存技術を深く理解して使いこなしている人の方が、新技術をきちんと理解し、うまく使いこなすことは珍しくない。

 IT業界には「プログラマ35歳定年説」(40歳限界説 2014/06/11)という都市伝説がある。
確かに、歳をとると燃え尽きてしまうおっさんも多いが、年をとってなお成長しているおっさんもいる。

 どうやって成長速度の速いおっさんになるかというと、

結局、「若い時代の気力と体力」という、一生に一度きりしか与えられないエネルギー源を推進力にして第二宇宙速度(地球脱出速度)に到達できたかどうかが、分水嶺になる。第一宇宙速度にすら到達できなかったおっさんは、あとは落下していくしかない。しかし、地球の引力を振り切るまで加速したおっさんは、むしろ多くの若者よりも楽に飛びまわれる。

 なるほど、若い時代にしかない「気力」と「体力」の使い方で決まるというわけだ。

 問題は、若いときに第一宇宙速度に到達しなかったおっさんの取るべき戦略だ。
若い時代にしかない「気力」と「体力」を無駄に使って、もうエネルギーは無くなっているのに第一宇宙速度に到達していないことに気が付いたおっさんはどうすればよいのだろうか。

 技術に見切りをつけてマネジメントで食っていくという選択もある。
しかし、失敗するおっさんのほうが多いように感じる。 マネジメント・スキルを習得しようとしないからだろう。

 おっさんになると、確かに「若い時代の気力と体力」は無くなるので、若いころのように新しい技術を習得できない。ところが、マネジメント・スキルの習得は、「体力」より「考える力」が重要だから、「自分のアタマで考える力」があれば、おっさんになっても、第一宇宙速度くらいにに達することはできるのではないだろうか。

 技術屋はセルフマネジメントできない者が多いからマネジメント・スキルを習得すれば社内需要は結構あると思う。

 つまり、最低限若いときに、「自分のアタマで考える力」を鍛えておかなければならない。
(コミュニケーション能力は無理でも「自分のアタマで考える力」は誰でも獲得できる)



最近の投稿】【最近のよしなしごと

2017年8月 2日 (水)

東芝解体 電機メーカーが消える日 <親方日の丸の時代は終わってる>

東芝解体 電機メーカーが消える日 大西康之 講談社

Photo_4

 大手電機メーカー8社の過去・現在・未来を書いた本。 総合電機版失敗の本質だそうだ。

東芝待ち受ける”廃炉会社”への道
NEC 通信自由化時代30年を無策で過ごした
シャープ 台湾・ホンハイ傘下で再浮上
ソニー 脱エレクトロニクスで見えてきた光明
パナソニック 「車載電池」「住宅」の次に目指すもの
日立製作所 「技術の日立」を過信し、消費者を軽んじた
三菱電機 実は構造改革の優等生?
富士通 進取の気性を失い、既得権にしがみつく

キーワードは、「電電ファミリー」と「電力ファミリー」結局、親方日の丸の弊害ということだろう。親方日の丸ではないシャープ、ソニーは創業者の哲学を継承できなかった。パナソニックは創業者の呪縛を振り切れなかった。というところか。

 大西康之氏は産業革新機構をゾンビ企業を延命させる「救済機構」だと、手厳しい。

 東芝は、産業革新機構と米ファンド、SKハイニクスでに半導体部門を売却することを取締役会で決定したようだ

東芝、日米韓連合との半導体売却交渉を決定 日経新聞 2017/6/21
(http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ21H6W_R20C17A6MM0000/
)

 これが実現すれば、東芝の半導体部門は外国企業に売り飛ばされることは無くなるだろうけど、今後成長するには寄り合い所帯の意思決定の遅さが命取りになりそうだ。

 東芝半導体の優位性がなくなって技術流出が問題にならなくなるまでの時間稼ぎということか? しかし、人材が流出するので、技術流出は止められないと思う。

ところで、

 昨今の、サイバーセキュリティ・バブルもずいぶん意図的だ。
 サイバーセキュリティ技術者が2020年に20万人不足するというが、サイバーセキュリティを支えるIT技術者の不足、処遇の改善は進まない。なぜなら、IT技術者多くが旧電電ファミリーの下請けだから。

 つまり、今の体制のままではサイバーセキュリティ技術者も処遇されないだろう。

 サイバーセキュリティはITの一分野で専門性が高い。したがって、一朝一夕に技術者を充足できるものではないから、2020年までに育成されたことになるのは「なんちゃってサイバーセキュリティ技術者」だろう。

 そして、彼らは2020年以降仕事がなくなる。そして、電電ファミリーは生きながらえるのだろうか。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »