フォト
無料ブログはココログ

« 優れたリーダーはみな小心者である | トップページ | 価格破壊 <神の見えざる手の仕業> »

2017年11月24日 (金)

安崎暁氏の新聞広告 <おれの奢りで一杯飲もうぜ>

元コマツ社長 日経新聞に出稿した心を打たれる個人広告 (http://news.livedoor.com/article/detail/13922208/)

 余命宣告されたときに狼狽えることはなくても心穏やかではいられない。その後、色々なことを考えていると、自分の人生は振り返えるだろう。

 察するに、安崎暁氏は自分の人生に悔いが無かったのだろう。そして晴れ晴れとした気持ちになったのではないかと思う。

 人生に悔いを残していると悔しい。迷惑を承知で化けて出たくもなるが、悔いが無ければ晴れ晴れとした気持ちになる。

 新聞広告や感謝の会は終活の一つの在り方とか、死に向き合う潔さとかの大層な意見もあるが、人生に悔いが無ければそれほど大層なことではない。

 悔いが無いように生きるのは難しいけれど、「まあ、そんなに悪くなかったかな」と思えれば御の字かなと思う。

 それより、「おれの奢りで一杯飲もうぜ」っていうのがカッコいい。


最近の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« 優れたリーダーはみな小心者である | トップページ | 価格破壊 <神の見えざる手の仕業> »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/66074992

この記事へのトラックバック一覧です: 安崎暁氏の新聞広告 <おれの奢りで一杯飲もうぜ>:

« 優れたリーダーはみな小心者である | トップページ | 価格破壊 <神の見えざる手の仕業> »