フォト
無料ブログはココログ

« AIで会議の空気や感情を可視化  | トップページ | 風土改革世話人交流会2018 »

2018年1月17日 (水)

なぜ人と組織は変われないのか <理屈はわかるけど難しい>

なぜ人と組織は変われないのか <ハーバード流 自己変革の理論と実践> ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 英治出版株式

Photo

ロバート・キーガン氏は

現在、あなたの組織で採用されている学習形態の背後には、どのような暗黙の発想があるのか? スキルのレパートリーを増やそうという発想か? それとも、基本的な思考様式そのものの変容をも目指す発想か?

と訊く。間違いなく前者だ。

 研修担当はもちろん、幹部もスキルアップのトレーニングしか受けたことが無いから、他の学習形態が有るとは思っていないのだろう。

 最近は人材育成ブームなのだが、研修担当やOJTを担当する現場のマネージャに「人材育成の方法はなぜスキルアップだけなの」聞いてみるけど、答えてくれた人はいない。皆さん鳩が豆鉄砲喰らったような感じだ。

 人が成長するには、思考様式、行動様式を変えなければならなが、変わるのは難しい。
スキルアップはこれまでの思考様式や行動様式を変えなくてよい。 しかも、多くはこれまでスキルアップの競争に勝ち抜いてきたの人たちだ。

 これまでは、少なくとも在職中は、その思考様式や行動様式を変えなくて良かった。 一度組織に適応してしまえば変わらなくても良かった。そして、変らないための免疫機能を獲得してしまう。

 ロバート・キーガン氏は人や組織が変わるには「変革をはばむ免疫機能」を克服しなければならないという。「変革をはばむ免疫機能」は、「自分の核となる部分を守ろうとする結果、自分自身が望んでいる目標の達成を妨げてしまうメカニズム」だという。

 組織を変えようとすると、まず個人の免疫機能を克服して、それから組織の免疫機能を克服しなればならない。聞いただけでも気が遠くなりそうだ。

 以前から組織風土を変えようとして、現場マネージャが集まる場を企画している。
マネージャが変われば組織も変わるだろうという目論見だが、そう簡単には変わらない。
強力な免疫機能が働いているのだ。

 変化を拒む免疫機能に対抗するには、免疫機能をあらわにする必要があるが、免疫機能をあらわにするのは勇気がいる。かなりの決心が必要だ。

 この本には、免疫機能をあらわにする方法も書いてあるので、手順に従ってやれば自分の免疫機能を克服できる。はず...だ...

 しかし、この作業は麻酔をしないで、自分で自分の手術をするようなものではないだろうか。 麻酔しないのなら、せめて医者に手術してもらいたいと思う。

 つまり、コンサルの手助けが必要なのではないか。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« AIで会議の空気や感情を可視化  | トップページ | 風土改革世話人交流会2018 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ人と組織は変われないのか <理屈はわかるけど難しい>:

« AIで会議の空気や感情を可視化  | トップページ | 風土改革世話人交流会2018 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック