フォト
無料ブログはココログ

« AI vs. 教科書が読めない子どもたち <子供たちだけの問題ではない> | トップページ | IchigoJam(10) »

2018年4月 6日 (金)

若松通商で買い物

若松通商SBC6800SBC6809に使うSRAM 6264ALSPを買った。 (若松はクレジットカードが使えるようになったようだ)

Hm6264alsp

300mil幅の64k SRAM。300mil幅の256kと16kは持っているんだけど64kは持ってなかった。

ついでに買った物は

IntelのEE80C188とAMDのN80C188

Ee80c188 80c188

IntelのCPUのプリフィクスってEEだったんだと知った。今更。

Intelの16bitCPUは8086で外部バスを8bitにしたのが8088。 16bitCPU8086にIOを内蔵して組み込み用にしたのが80186。

外部バスが16bitだと一般的なEPROM(27Cxxx)が2個、RAM(62xxx)が2個必要となる。80188は外部バスが8bitだからEPROMとRAMは1個づつでよい。

何かに使う目的があるわけではなく趣味で動かしてみることが目的だ。一品物なので手配線で作っているとEPROMとRAMが減ると配線が減るのでありがたい。

8088や80186は持っているのだが配線が面倒だから80188を探していた。2個も必要ないんだけど...

MC68HC11

Mc68hc11f1fn

68HC11にはそこまで思い入れはないのだけれど、HD63B03の開発環境を調べていて、68HC11の情報もたくさん見たので1つくらい持っておくかと。

↑のサフィックスは1Fだけど8AにはBUFFALOというブートローダーが入っている。若松にはA8はないみたいだ。できればDIPが欲しいのだけど。
 (マルツに870円のMC68HC11A8P1があるでも、最低19個からだ。19個も使わない。(2018/05/02)

アクティブ・ディレーライン

Adl100s

初めて見たような気がする。

ついでにZ80

Z84c0006

ZilogのZ80をCMOS化した東芝のTMPZ84C00があって、これを本家Zilogが作っているのがZ84C00。

最初に買ったZ80はシャープのLH0080だった。PC-8001にはuPD780が入っていたけど。


最近の投稿】 【最近の6809】 【最近のCPUボード】 【2017の投稿】 【2016の投稿】 【2015の投稿

« AI vs. 教科書が読めない子どもたち <子供たちだけの問題ではない> | トップページ | IchigoJam(10) »

CPUボード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/66562046

この記事へのトラックバック一覧です: 若松通商で買い物:

« AI vs. 教科書が読めない子どもたち <子供たちだけの問題ではない> | トップページ | IchigoJam(10) »