フォト
無料ブログはココログ

« それでも電通「鬼十則」はゴミ箱に捨てるべきだ <釣られてしまった> | トップページ | 「AIで仕事がなくなる」論のウソ この先15年の現実的な雇用シフト »

2018年7月23日 (月)

「AIが仕事を奪う」はウソかもしれない ケーキショップの店員は無くならない

「AIが仕事を奪う」はウソかもしれない 海老原 嗣生 日経 BizGate (2018/6/19)

 海老原嗣生氏はケーキショップのレジ担当を例に、単純労働はそう簡単に無くならないとおっしゃる。 しかし、例が良くない。

 ケーキショップのレジ担当の仕事として

  • ケーキをショーウインドーから出す。
  • ケーキを箱詰めする。
  • バックヤードからケーキを補充する。
  • ショーウインドーを磨く。
  • 値札を変える。

を挙げておられる。 これらの仕事は定形的な作業だからマニュアル化できる。
コストを考えなければ、今現在でも、AIを使わず自動化が可能な作業ではないだろうか。

 ケーキショップのレジ担当の大きな仕事は、客とのコミュニケーションだろう。
町のケーキショップはリピータ客が重要だから、定形的な作業を効率化するより、顧客満足度を上げる方が効果的だ。

 AIで仕事が無くなると言っている人も、ケーキショップのレジ担当という仕事が無くなるとは言っていない。 むしろ、感情を読み取ることが重要な仕事は無くならないと言っている。
(ネットで注文するとドローンで配達してくれるようになるとレジの店員は必要なくなるかも。)

 そもそも、AIやロボットを導入して採算が採算がとれるケーキショップってあるのだろうか? と考えると例示が良くないと思う。この記事にあるような雑多な仕事は奪われることはない。

 人間に残される仕事は、

  • 創造的な仕事や人の感情を読取る仕事など 人間にしかできない仕事
  • AIやロボットを導入すると採算がとれない雑多な仕事

だろう。

つまり、問題は記憶orマニュアル+単純作業という多くの仕事が無くなる。しかし、雑多な仕事は求人が限られているということだろう。

 最近、逆張りのキャッチーなタイトルで目を引いて、Amazonに誘導する記事が多くなったような気がする。

 この記事はAmazonに誘導されることはないのだが、釣られた自分が悔しい。 orz


最近の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿


« それでも電通「鬼十則」はゴミ箱に捨てるべきだ <釣られてしまった> | トップページ | 「AIで仕事がなくなる」論のウソ この先15年の現実的な雇用シフト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« それでも電通「鬼十則」はゴミ箱に捨てるべきだ <釣られてしまった> | トップページ | 「AIで仕事がなくなる」論のウソ この先15年の現実的な雇用シフト »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック