フォト
無料ブログはココログ

« Bus pirate(4) <スクリプトを動かしてみる> | トップページ | モモ <時間泥棒の正体は自分自身> »

2018年9月23日 (日)

奇跡のレッスン <日本の教育への強烈な批判かも>

 NHK  Eテレの「奇跡のレッスン」は色々な分野の超有名コーチが中学生や小学生を1週間指導するという番組。 招かれるコーチは外国人が多くコーチとして実績の残している人だ。

 この番組に登場するコーチは、スポーツだけでなく吹奏楽やダンス、アートまで様々だが、コーチが子供たちに共通して教えることがある。

 それは、「自分で考えろ」だ。

 番組を見る限り、子供たちを普段指導している日本人のコーチは叱咤激励型(軍隊型)が多い。 直接的な指示が多く子供たちが失敗すると叱責する。 「何で失敗したのか、考えてみろ!!」のようなコーチもいる。

 子供たちは、叱責されるのは嫌だから、コーチの指示どおりにしようとするのだが、センスがある子や要領がいい子は、指示の理由を考えることもできる。 しかし、要領が悪い子は、指示の理由を考えることができないようだ。

では、デンマークのソーレン・シモンセン氏が中学生にハンドボールを指導するという内容だった。

 このコーチは部活だけではなく、数学や理科の授業も見学していた。 そして、数学の先生に、生徒達は授業の意味(内容ではなく)を理解しているのか尋ねていた。 その数学の先生は不意を突かれたようだった。 教育の現場はそういうものかもしれない。

 日本の教育には、なぜこの授業が必要かについて教えるという意識が無い。

 明治以降の教育は、富国強兵のための教育だ。 上司・上官の命令を正しく理解し、正確に実行する人を育てることが重要だったから、画一的、強制的な教育の方が合理的だ。 バブル崩壊まで有効に機能した。 だから、スポーツの指導が軍隊式になるのも当然だろう。 指導者は指揮官だから命令し、プレーヤーは兵隊だから指示を待つ。

 多くの国民は、画一的、強制的な教育を受けてきたから、指示を待つようになっている。

 大学進学率が低かったころ、大学はエリートの養成機関だった。 国や企業を担う人材、つまり、自ら判断できる人材を育成していたのだろう。 少なくとも、育成すべき人材像は明確だったはずだ。

 時は下り大学進学率が上がって、学生のほとんどが指示待ちになったときに、大学は育成すべき人材像を持っていたのだろうか。そして今それを持っているのだろうか。

 大学はもはやエリート養成機関ではないから、指示待ち人材の供給機関だと開き直るのだろうか。

 奇跡のレッスンは一見スポーツ指導のように見えるが、実は日本の教育への強烈な批判なのかもしれない。

 だとるすと、やるな!Eテレ。


最近の投稿】【最近の映画・テレビ】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« Bus pirate(4) <スクリプトを動かしてみる> | トップページ | モモ <時間泥棒の正体は自分自身> »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡のレッスン <日本の教育への強烈な批判かも>:

« Bus pirate(4) <スクリプトを動かしてみる> | トップページ | モモ <時間泥棒の正体は自分自身> »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック