フォト
無料ブログはココログ

« トヨタ 生存の条件 <本気のようだ> | トップページ | ミス撲滅宣言は逆効果、IT職場にはびこる隠蔽体質 »

2018年10月11日 (木)

雨あがる <何をしたかではなく、何の為にしたのか>

Prime videoで見た。 原作は山本周五郎の短編小説

主演の寺尾聰はいい役者になった。
昔は七光り感があったけど。

 山本周五郎の座右の銘
「人間の真価は、その人が死んだとき、なにを為したかではなく、彼が生きていたとき、なにを為そうとしたかで決まる」
がテーマ。

この映画の主役は宮崎美子が演じている、主人公の妻 たよ だったのか。

宮崎美子もいい役者になった。
昔はピカピカに光っていたけど。

久々に爽やかな映画だった。


最近の投稿】【最近の映画・テレビ】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« トヨタ 生存の条件 <本気のようだ> | トップページ | ミス撲滅宣言は逆効果、IT職場にはびこる隠蔽体質 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577514/67093886

この記事へのトラックバック一覧です: 雨あがる <何をしたかではなく、何の為にしたのか>:

« トヨタ 生存の条件 <本気のようだ> | トップページ | ミス撲滅宣言は逆効果、IT職場にはびこる隠蔽体質 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック