フォト
無料ブログはココログ

« 高学歴ニートたちに林先生が特別授業! | トップページ | プログラミングの講義 <言語仕様とIDEの使い方ではない> »

2019年1月30日 (水)

かかわると面倒くさい人

かかわると面倒くさい人 榎本博明 日本経済新聞出版社

Photo_3

タイプ1
過敏で傷つきやすい
タイプ2
強烈な比較意識をもつ
タイプ3
自己中心的で相手の心に関心がない
タイプ4
自己防衛意識が異常に強い
タイプ5
劣等感を隠しもつヒーロー
タイプ6
自分の判断力に自身がない
タイプ7
自身がなく、甘えが強い
タイプ8
「謙虚な自分」を売り物にする
タイプ9
取捨選択ができない
タイプ10
過去の肩書だけが自分の支え

 例示された10のパターンを読むとどれかのパターンに当てはまってしまう。 だから、他人を鬱陶しいと思う反面、他人から鬱陶しい奴と思われているのかもしれない。(う~ん自信があるなあ)

 多かれ少なかれ鬱陶しさは誰にもあるものだとすると、許容範囲にあるか、周りの人に迷惑をかけるレベルかはどこで差がつくのだろうか?

 欠点に気づき欠点に向き合っているかどうかではないだろうか。

 とうに人生の折り返し点を過ぎたが、未だ克服できない欠点は一生克服できないかもしれない。 克服できない欠点に向き合うことは辛いけれど、向き合うことを止めて逃げたり、隠したり、開き直ったりすると迷惑レベルの鬱陶しさになるのだろう。

 自分の欠点や弱点を指摘してくれる人を避けないようにしよう。 Mではないので辛いけど。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« 高学歴ニートたちに林先生が特別授業! | トップページ | プログラミングの講義 <言語仕様とIDEの使い方ではない> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かかわると面倒くさい人:

« 高学歴ニートたちに林先生が特別授業! | トップページ | プログラミングの講義 <言語仕様とIDEの使い方ではない> »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック