フォト
無料ブログはココログ

« 「タダでやってよ問題」にエンジニアはどう対応すべきか? | トップページ | 『地頭がいい』のは悪なのか? »

2019年2月14日 (木)

大人の誤信念課題(2)

以前に、大人の誤信念課題について書いた。 誤信念課題 (2017/02/03)

 元はNHKの「情報LIVEただイマ!」2012/5/18に放送された内容のようだ。 ここに魚拓がある。

誤信念課題の大人用のテスト

恵さんの家におじさんが遊びに来ました。
恵さんはお母さんに手伝ってもらって、チーズケーキを作りました。
恵さんは食卓で待つおじさんに言いました。「おじさんのためにケーキを作っているの」。
おじさんは「ケーキは大好きだよ。チーズが入っているのはダメだけどね」と言いました。
ここで質問です。気まずいことを言ったのは誰ですか?
また、なぜ気まずいのでしょうか?

に対する解説

気まずいことを言ったのは「おじさん」です。その理由は「恵さんやお母さんの気持ちを傷つけてしまうから」です。
ASDの人は、最初の質問で「おじさん」と答えられない。誰も気まずいことを言っていないと答える。つまり、「チーズは苦手」と恵さんに告げることが気まずいとは感じないのです。恵さんの気持ちに立つことができないからです。

この解説は合理的でないと思っている。

実は
30年くらい前に、似たような場面に遭遇したことがある。
いきさつはこうだ。

とある人が腕時計が壊れたと言っていた。
その人の誕生日にサプライズで腕時計をプレゼントした。
すると、その人はプレゼントした腕時計が気に入らなかったらしく「返品してこい」と言った。
腹が立ったので、その腕時計をごみ箱に捨てた。

時は流れ
2017/02/03に考えたことは、

 「故意でなくても、相手の善意は否定してはならない」という常識は合理的でない

ということ。 
つまり、30年前には確かに腹を立てたわけだが、それはお門違いだったということだ。

さらに、時は流れ
懲りもせずサプライズでプレゼントしようと思った。
30年前にそばにいて一部始終を見ていた人に相談したら、「やめといたら」と言う。

 相談した人は、常識的な人なので、

 「故意でなく、相手の善意を否定する人」に対してサプライズは良くない

と考えたのだろう。合理的な助言だ。

 でも、やっぱりサプライズでプレゼントすることにした。

 考え方が変わったわけではない。善意に対して感謝を求めなければ良いのだ。

 善意は自分の意志に基づくものだから、相手の行動で左右されるものではない

と考えた。

そして、ちょっとドキドキしながら、サプライズでプレゼントしたら、「ありがとう」と言われた。

Motherhouse1

この30年間で
成長したのは、プレゼントしたほうか?それともプレゼントされたほうか?
それはまだわからない。



最近の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« 「タダでやってよ問題」にエンジニアはどう対応すべきか? | トップページ | 『地頭がいい』のは悪なのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

マザーハウス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人の誤信念課題(2):

« 「タダでやってよ問題」にエンジニアはどう対応すべきか? | トップページ | 『地頭がいい』のは悪なのか? »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック