フォト
無料ブログはココログ

« Line tracer <ちびギアモータ> | トップページ | 0から1をつくる 地元で見つけた、世界での勝ち方 <サーバント型リーダーシップのお手本> »

2019年3月 5日 (火)

総論は合意できても各論は合意できない

問題の解決策をうまく説明できなことがある。
問題は共有しているしているはずなのに何故か伝わらない。

このような構図を考えた。

Photo

  • 何か問題を発見して、解決策を見つけようと、深く考えると、先鋭化してくる。
    特に一人で考えた場合は顕著だ。
    同じように他の人も深く考えていると、先鋭化している。
  • このときに、同じ問題を考えていても、その原因や解決策は人それぞれ違う。
    (赤い三角、青い三角)
  • 他人に考えを伝えようとしたり合意しようとするときに、共通の認識(薄い黄色)があれば、たくさん説明しなくても伝わったり合意できる
  • しかし、共通の認識が無い場合(濃い赤、濃い青)には、伝わらないし合意できないので、共通の認識がある部分から始めなくてはならない。

 一般に、総論的な議論の場合は、問題の認識がすべて一致していなくても共通の認識(黄色の部分)があるので、議論することも、合意することも可能だ。

 しかし、議論を深めようととすると各論的になり、共通の認識がなくなるので、議論も困難になり、合意することも難しくなる。

 つまり、問題を共有していると思っている人に話が伝わらないのは、自分の濃い赤の部分を濃い青を持った他人に、いきなり伝えようとしているということだ。

 共通認識があると思っているので説明が足りないのかもしれない。

 このようなときには、共通認識があるレベルまで下がって、議論して許容範囲(赤い破線、青い破線)を広げる必要があるのだろう。 そうすれば、合意できないけれど伝わる部分(濃い黄色)が増えてくる。

 最終的には、他人の意見が理解できたり合意できたりする...はずだ。


最近の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« Line tracer <ちびギアモータ> | トップページ | 0から1をつくる 地元で見つけた、世界での勝ち方 <サーバント型リーダーシップのお手本> »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総論は合意できても各論は合意できない:

« Line tracer <ちびギアモータ> | トップページ | 0から1をつくる 地元で見つけた、世界での勝ち方 <サーバント型リーダーシップのお手本> »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック