フォト
無料ブログはココログ

« ガラケーの機種変更(2) | トップページ | オフサイト・ミーティングに参加して分かったこと <自然に「気楽にまじめな場」になるわけではない> »

2019年5月 3日 (金)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 <勉強は教科書だけでするものじゃない>

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 宝槻泰伸 徳間書店

Photo_1

 どこかで読んだ記憶があると思ったら、著者の宝槻泰伸氏は京大に入学した3人兄弟の長男の方だった。

宝槻泰伸氏は

 さらに「勉強しなさい」という時、その対象は教科書であって、マンガ・ゲーム・テレビは対象外。確かに中毒性のあるものや、集中力を破壊するものもあるでしょう。しかし内容を選べば役立つものもたくさんあります。僕や弟たちはずいぶんこうした教科書以外の教材に助けられました。

とおっしゃる。

 オヤジσ^^)の場合はラジオの制作やCQ HAM RADIOやトランジスタ技術だった。

 1976~1977年頃に、CQ誌(CQ HAM RADIO)で論理回路の解説の連載があって、毎月連載記事をスクラップしていた。
中学3年の夏休みだったか、「勉強しよ~」と言って、そのスクラップを開いたら、お袋がキレた。 (^^;
受験前の夏休みで朝から晩までゴロゴロしていて、本を開いたと思ったらわけのわからない雑誌では怒りたくもなる気持ちはわかる。

 なぜ中3の夏休みに勉強しようと思ったかというと、その何年か前にラジオの製作(ラ製)にデジタルICを使った製作記事があった。 その記事で紹介されていたのはカウンタと組み合わせ回路で、ランプが順番に点灯する簡単な回路だった。 組み合わせ回路は理解できた。しかし、いくら考えても数が数えられる回路(順序回路)が理解できなかった。

 そんな時にタイミングよくCQ誌で連載が始まったのでスクラップしたおいたのだ。 そして受験前の夏休みに受験勉強ではなく論理回路を勉強したくなってしまったのた。

 中3の夏休みに受験勉強せずに論理回路を勉強したのは無駄ではなかった。 
後に学校で論理回路を学んだ時にはすんなり理解できた。予習済みだったから。
40歳を過ぎてFPGAやVHDLの勉強を始めたときも苦労しなかった。

 それは、「ラ製を読んで解らない」→「CQ誌で勉強しよう」から続いているのだと思う。

教科書以外から学べることは多い。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« ガラケーの機種変更(2) | トップページ | オフサイト・ミーティングに参加して分かったこと <自然に「気楽にまじめな場」になるわけではない> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ガラケーの機種変更(2) | トップページ | オフサイト・ミーティングに参加して分かったこと <自然に「気楽にまじめな場」になるわけではない> »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック