フォト
無料ブログはココログ

« 知識のコレクション <せめて300時間やってみようよ> | トップページ | 300,000アクセス <googleの影響は大きい> »

2019年7月17日 (水)

仕事ごっこ <昭和の常識、もうおしまい>

仕事ごっこ ~その“あたりまえ”、いまどき必要ですか? 沢渡あまね 技術評論社

Photo_20190712000101


 この本は「コラボレーション」を邪魔するもの=「仕事ごっこ」と名づけて童話風に風刺したもの。

 昭和の高度成長期の成功パターンは1980年代には行き詰まっていて、バブルと共に崩壊したはずだった。
しかし、新しい価値観を見出すこともできず、失われた10年と言われた。老害とか抵抗勢力と言われていた年寄りが引退すれば、日本は変わるのかと思っていたら、老害は減らず失われた20年となり、今時は失われた30年となろうとしてる。

 ここまで変わらないのは、単純に時代遅れの年寄りが変革に抵抗している[だけ]ではないのだろう。 全て老害のせいだと言い訳して自ら変わらないオジサンや、変えることを最初から諦めている若者が多いのではないだろうか。

 そして、このままではダメだと思いながら、皆動こうとしない。

 この本の表紙に書いてあるサブタイトルは

その"あたりまえ"、いまどき必要ですか

タイトルの他に

昭和の常識、もうおしまい

だ。

 昭和の常識といえば、緊急連絡網も前世紀の遺物だ。
今時、緊急時にはメールかSNSで同報すれば良いし、安否確認用のシステムは外注できたりするので、緊急連絡先一覧はあるが、「連絡網」はもはや死語だ。

 ところが、順送りに電話(音声)で伝達するシステムにこだわってる職場を知っている。

 担当の人に「メールで同報すれば?」と提案してみたのだが、メールより電話の方が信頼性が高いとおっしゃる。どうも、情報を伝達することより、伝言ゲームをすることに意義があるらしい。

 冗談かと思ったら真面目な顔だったので、それ以上言うのをやめた。令和の常識とはギャップがありすぎて納得させるのは難しいと思う。

 彼らはまだ電電公社の黒電話を使っているのだろう。きっと。
黒電話でサイバー空間の脅威に対抗しているらしいので、た、い、し、た、もんだ。


最近の投稿】【最近のよしなしごと】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« 知識のコレクション <せめて300時間やってみようよ> | トップページ | 300,000アクセス <googleの影響は大きい> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 知識のコレクション <せめて300時間やってみようよ> | トップページ | 300,000アクセス <googleの影響は大きい> »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック